空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.08.27  ぎん色いろ色ー西荻窪上空に文鳥現る?! 


nishiogi0.jpg

東京都現代美術館で、
「鹿野秀明、特撮博物館 ミニチュアで見る昭和・平成の技」
を見てきました。
「ものすさまじい混雑」を覚悟していましたが、
けっこう涼しく、ゆっくり見ることができました。

地下3階の展示場は、撮影OKのミニチュアがありました。
この空間にうちの文鳥が飛んでいたら、どんなかな?
というようなことを思いながら分け入っていくと、
足元にナント、西荻窪駅がありました。
すぐそばの東京タワーは何物かの仕業で、へし折られていましたが、
西荻窪は、静かで平和に見えます。
(現実には、西荻窪から東京タワーは見えませんけど)

自分がこのミニチュアの中の人間で、
そこに見上げるばかりにでかいうちの文鳥登場したら、
たとえみんなが逃げまどっても、わたしはうれしいかもしれない。
「キングキドラの頭、その1」状態で
火を吹かんばかりに怒っているかもしれないとしても、
なだめられるような気がする。
すみません、と周囲にあやまりながら、
いっしょに家に帰ろうかな。
でっかいうちの文鳥の背中に乗っていっしょに飛ぶのかな?
そんな、愚かしいことを夢想するのでした。


ず~ん。

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 蛙よ、木からおりてこい / Home / マッターホーン →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home