空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.08.05  ボローニャ国際絵本原画展 


2012ボローニャ国際絵本原画展
(誘いこまれちゃいけなかった、高島通りの林、オンマウスで、美術館の入り口に。)

ボローニャ国際絵本原画展へ行ってきました。
二度目の板橋区立美術館。今回は、西高島平の駅から徒歩
・・でしたが、三田線と並行している、高島通りというところを
ぐんぐん歩いた結果、迷ってしまいました。
高島通りというのは、プチセントラルパーク風で気持ちよいのです。
でも、そこに誘い込まれてはならず、
新大宮バイバス沿いにいかねばならなかったのでした。
途中、あ、あの・・美術館は??
と道を尋ねたら、気の毒そうに
ここからだと、遠いですよ・・と言われました。
でも、もうバス停もわからないし、とりあえず指さされた方向に歩きました。
夏の外歩きに、道順の事前確認は必須でした。反省。

へろへろになってたどり着きましたが、疲れが吹き飛ぶ楽しさでした。
こどもの本のために描かれた5枚一組の2685の応募作品の中から
選ばれた作品が展示されています。
今井彩乃、刀根里衣など、日本人の展示もありました。

スペインのビオレ―タ・ロピスの「島にこぶし」の透明感のある絵が、
とても好きでした。会場には絵本も置いてありましたが、
原画のきれいさはまた格別です。
韓国、ユン・ジンシルの「ぬいぐるみのウサギと女の子」、
チョ・ソナの「ちいさなライオン」も素敵でした。
ベルギーのマンダナ・サダットの「シカ」も好きでした。
絵だけでもつたわってくる物語の世界に、深い奥行きがあります。
イタリアのキアラ・アルメッリーニの「きいろいキツネ」は、
もちろんこの絵のための物語があるのですが、
宮沢賢治の「雪わたり」の挿絵であってもいいなと思うのでした。
どれも延々見ていたいような作品ばかりでした。
板橋は12日までで、その後、西宮、四日市、七尾、鹿児島を
巡回するそうです。

関連記事 in my blog: 安野光雅の絵本展, チャッピィの家


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 船田玉樹展  / Home / 動物のお医者さん →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home