空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.07.24  夏の日 


夏の日
(マウスをのせると、去年とはちょっと違う紫陽花のお菓子が見えます。)

先日、山種美術館へ「福田平八郎と日本画モダン」を見に行った時、
カフェ椿でお土産に買った和菓子です。
巻貝と青い蔦の「夏の日」というお菓子は、
山口蓬春の「夏の印象」をモチーフにしたもの。
中身は「胡麻風味こしあん」です。
あじさいのお菓子は、やはり山口蓬春の「榻上の花」から。
日本画にしては、洋風な絵と同じで、どこか和菓子にしては
モダンな気がしてしまいます。
青い色でおいしそうに見せるのって難しいと思うけど、
十分美味しそうです。中身は「黒糖風味大島あん」。
「黒糖風味」「大島あん」と聞いただけで、「遠き島より流れ着く」
涼やかな気持ち。

福田平八郎の「漣」をモチーフにした、淡雪羹のきれいなお菓子や、
ゆずあん、杏ねりきり、なんていう
夏っぽいお菓子もあって、心惹かれましたが、
ここのお菓子は、とてもいいお値段なので、おのずと個数は
しぼられ、味覚と視覚の両方惹かれた二つに決定。

わたしは、去年と同じでやっぱり
「黒糖風味大島あん」の「あじさい」をいただきました。
今年の紫陽花は、透き通った少し大きめの青い花を咲かせています。

関連記事 in my blog: 百花繚乱


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← チャッピィの家 / Home / 森の番人ー百鬼夜行抄21 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home