空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.07.14  進化への航路 



ビーグル号で探検の旅に出た若き日のダーウィンの物語。
船長とダーウィンが出会う場面が印象的です。
船長の家を訪ねてきた青年ダーウィンは、
庭で犬に話しかけています。犬と話すことができるという。
それを聞いて、乗船を断るつもりでいた船長は、
一緒に航海に出てもいいと思うのでした。

1831年から5年にわたるビーグル号航海の間、ダーウィンは
密林調査、地層観察、化石発掘、植物採集、昆虫採集などなど、
ひとつのことだけでも5年かかりそうなことを
数か月ごとに、場所を移動しながら遂行していきます。
カラバゴス諸島もめぐっています。
タフだなぁと、驚くばかり。

本の冒頭で、アブラハム・リンカーンと同い歳でもあることが
さらっと触れられていますが、
ダーウィンもまた「奴隷制度」に反対していたそうです。
当時「奴隷制度」に賛成する人たちにとって、
その制度を失うことは、経済的な破綻を意味したとか。
人間はいつの時代も、経済と命を秤にかけているのかもしれません。

ダーウィンは「命」の奇跡と不思議に魅せられた人でした。
進化論をとなえたダーウィンが、なお「神の存在」を否定しなかった
というのもうなずける気がします。
表紙の香月泰男のオブジェは、
ガラパゴスに上陸したダーウィンとイグアナらしきもの。
画像の左端にいるのは
ガラパゴスフィンチならぬ、うちのフィンチ(白文鳥)です。

関連記事 in my blog: 「ユタとふしぎな仲間たち」の表紙,  
母のまなざし 父のまなざし


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← ぎん色いろ色ーありがとう / Home / 笑うタクボク 雲は天才である →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home