空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.07.02  1Q84  


去年の夏に読もうと思って買ったBook1、
どうにも先に進まなかったのに、
先週、なぜかスイッチが入って、Book3まで読了しました。
歩いてトンネルの途中まで来たところで、
ぞわっとして、走りだしたというような感じ。

「人間というものは、結局のところ、遺伝子にとっての
ただの乗り物であり、通り道にすぎない」
と主人公が語るシーンがBook1にあります。
「遺伝子にとっては、人間が悪だろうが善だろうが
関係ないかもしれないけれど、人間はそれを考えざるを得ない」
とも言います。

主人公の女性の青豆という名に、
生物の授業に出てきたメンデルの法則の、
エンドウ豆の「青、黄」なんてのを思い出しました。
科学の最先端を行く人ほど、
神の存在を感じるというような話を聞きますが、
地下鉄サリン事件を起こした集団は、いったい何を信じていたのか?
最近、指名手配犯がつかまったりしたので、
改めて考えてしまったりするのでした。
えんどう豆の青、黄の数を調べる実験も実験ですが、
もしこの世というものが、大きな実験棟だったら
・・・・・・・・・・
なんてことを考えはじめると、とても息苦しくなってきます。

時間を気にするウサギのあとを追いかけたアリスのように
「殺人の時間」に「間に合わない」と慌てる青豆のあとにくっついて
1Q84の世界にやってきてしまいました。
Book3の最後で、看板が逆向きになっていたのは、
ひょっとして次なる「鏡の国」に紛れ込んだから?
でも文字が鏡文字にならないのは変か。
(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There
=鏡の国のアリス)

けっきょく、
リトルピープルも空気さなぎも、何がなんだかわからないし
しんどいけど、やっぱり1Q84の続きが出版されたら
読むだろうなと思います。

1Q84 BOOK 1
(新潮社 2009/05/29)
村上 春樹

関連記事in my blog: ホタル祭り,   It's a only paper moon


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 「ユタとふしぎな仲間たち」の表紙 / Home / 鮭の画伯 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home