空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.07.04  「ユタとふしぎな仲間たち」の表紙 


ユタとふしぎな仲間たち
(マウスをのせると表紙にズームします。)

先日、いわさきちひろ美術館でも展示されていた
香月泰男の「玩具」を初めて見たのは、山口県立美術館でした。
シベリア・シリーズの絵を見るために入ったところ、
一緒に展示されていた「玩具」に見覚えがあり
家に帰ってから確かめると、やはり・・。
何度もの引越しにもかかわらず残った
「新潮少年文庫」の表紙が香月泰男のブリキの玩具を使った装丁でした。

「新潮少年文庫」は1970年代に出版されています。
三浦哲郎の「ユタとふしぎな仲間たち」
新田次郎の「つぶやき岩の秘密」
水上勉の「蛙よ木から降りて来い」などなど、趣のある作品が10冊。

わたしの一番好きな「ユタとふしぎな仲間たち」の表紙は、雪の景色です。
初夏から秋にかけてのお話しなので
こどもの頃からずっと、「?」と思っていました。
三浦哲郎といえば、青森でしょう・・
青森といえば、雪深いでしょうということで、こうなったのかな。

こうして、あらためて表紙を見るのも楽しいけれど、
せっかくだからこれを機会に
「新潮少年文庫」を読み返してみることにしようと思っています。

関連記事 in my blog: ユタとふしぎな仲間たち,  母のまなざし 父のまなざし


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 笑うタクボク 雲は天才である / Home / 1Q84 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home