空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.05.09  星と森と絵本の家 


星と森と絵本の家
(星と森と絵本の家。
マウスをのせると白夜を説明している模型のコーナーが見えます。)

天文台見学のあとは、すぐ近くにある「星と森と絵本の家」に行きました。
天文に関するこども向けの本、星や月、空に関連した絵本などなど。
むかしは官舎につかわれていた建物の「和風」の雰囲気が
なんともいえない「癒し」系空間を作り出しています。
ひっきりなしに、子供たちの声や足音が響いていますが
縁側で「ぐう」と眠りたくなります。
廊下のつきあたりの開き戸を開けると
なんとそこには・・なんてフシギ空間も。

白夜とは?、冬と夏の太陽光線の違いは?
なんてことをわかりやすく模型で説明した空間や、
さりげなく置かれていて、誰でも覗ける顕微鏡、なんてのもあります。
宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」の
ジョバンニやカンパネルラがいそうな感じです。

今月の催し(こども向け)にどんなのがあるのかなと見ていたら
「日光写真ワークショップ」とありました。
子供の頃、日光写真遊びにはまった記憶があります。
設計図なんかをコピーしている「青写真」ってありましたが
あんな感じだったような。
ほかに、「星のソムリエ」によるお話、
という面白そうな催しもあります。


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← カメオのブローチ / Home / 天文台 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home