空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2012.04.05  第2図書係補佐  


dai2toshoga_.jpg
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
(2011/11/23)
又吉 直樹

「この人、キングオブコントで
『ハンサム男爵』と一緒に原宿に来てた『バケモノ』の人だよね」
と話しながら吉祥寺パルコの本屋さんで手に取った
「まさかジープで来るとは」
『ハンサム男爵』と『バケモノ』にも一目ぼれしましたが、
ちらちらと読んだ自由律俳句にも一目ぼれ。
欲しいなぁと思っていた矢先に、また面白そうな文庫発見。
1470円の本には、躊躇してましたが、520円なので即買いしました。

大江健三郎、カフカ、阿部公房、カミユ
などなどの47の文学作品にまつわる
3ページくらいのショートエッセイ集。
ゆっくり読もうと思っていたのに、あっという間に読んでしまいました。
読んだことあるのも、読んでも忘れたのも、一度も読んだことのないのも
「読みたい、再読したい」キモチ。

紹介されている本とは、あまり関係ないような
いったいどこへいっちゃうんだろうと思うような話が
ちゃんと戻ってくるところが、すごいのです。
京極夏彦の「巷説百物語」のところは
よりによって電車の中で読んでいたため
笑いをこらえるのに、大変な思いをしました。
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の話しも
なんか、いいなと思いました。

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 写真の整理 / Home / ピトロクリの谷 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home