空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2012.01.06  清明上河図 


今年も、お正月に東京国立博物館に行きました。
「北京故宮博物院200選」
「で、できれば西洋美術館の「ゴヤ展」に・・」
と思うも、友にひきずられ、あれよあれよと
「清明上河図」120分待ちの列の只中に。
ようやくあとちょっとのところの人垣の向こうで、
「ガラスに手や顔を触れないください」と係りの人の声。
「顔はないよね」と笑ってたら、ほんとうでした。
ものすご~く細かいので、
覗き込んでいるうちに、顔が触れそうになります。
「歩きながらのご鑑賞を・・・」
の声にうながされ、斜め45度に身体を傾けたニンゲンが
ずりずりと5メートルの距離を固まって横歩き。
妙な感じです。その間、2分ぐらい。
ともかく「見たぁ」という感じでした。

というわけで
活気にみちた川辺の町の人々の姿の絵巻物。
その絵をみるこちら側も、押すな押すなの大盛況でした。
「白いりゅう 黒いりゅう」を読み返したら、
同じ清明節という、種まきの季節からお話しが始まっていました。

下は、「美術館に初詣」の方に展示されていた
日本の屏風絵です。

tohakunoryu.jpg

関連記事in my blog: 博物館でうさぎめぐり


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 龍の子太郎の古い本 / Home / 白いりゅう黒いりゅう →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

なるほど、スゴイですね☆


明けましておめでとうございます。
東京の人は展覧会に120分も待つのね・・・と思ったけど、リンク先の解説を拝見したら、こりゃすごいわ、なるほど、そりゃ行列できるよね、と思いました。中国から見に来る人もあるくらい貴重な展示のようですね。今度上京する時には「清明上河図」は展示が終了してるようで残念! natsuno07さんの展覧会レポ、今年も楽しみにしています☆
2012.01.06(17:09) / URL / モモ母 / [ Edit ]


Re: なるほど、スゴイですね☆


おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
2分ですからね・・なんかぱっ、ぱっと
目の前に現れたかと思うと消えた感じでした。
Kyoto Corgi Cafeの新企画、楽しみにしてま~す。
2012.01.08(09:46) / URL / natsuno07 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home