空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2011.12.31  かもとりごんべえ  


kamotori_.jpg
かもとりごんべえ
(ポプラ社 1968/07)
西郷 竹彦 文 瀬川 康夫 絵

そろそろ今年もおしまいです。
駆け込みで、この絵本。

今年の夏、高円寺の古本屋さんで瀬川康夫の挿絵の入った本を買ったら、
上井草の「いわさきちひろ美術館」で展覧会をやってますよ
と教えてもらったのでした。
その「瀬川康夫展」で知った絵本です。
「やまんばのにしき」と同じ
ポプラ社の「むかしむかし絵本」シリーズ。
有名な昔話だそうですが、初めて知りました。
「かもとりごんべえ」さんが語る文章の面白さと、
瀬川康夫の絵の不思議さがあいまった素敵な絵本です。

ことのはじまりは一攫千金を狙った失敗からでしたが、
文字通り、飛ばされ飛ばされ生きていく「ごんべえさん」
「飛ばされる」ことにも
だんだん腹をくくっていくようになっていきますが、
とうとう落下して、目から出た火花で
すべてが燃えて消えてしまった とさ
・・なんて、人を喰った「ほら話」
開き直ったようなヤケクソ感がなんともいえません。

とぶだけとんでみよう

先行き不安な今日この頃、
今年は真剣に買おうと思っていたのに
ドリームジャンボ宝くじを買いそびれてしまいました。
「ふけば飛ぶような~」
なんて、古い歌を思い出し、
「なにがなんでも」と続ければ
頭上はるかな空を赤い唐傘につかまって
けろろんろんろんと
ごんべえさんが飛んでいくような気がします。

そんなこんなですが、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事 in my blog: やまんばのにしき

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 白いりゅう黒いりゅう / Home / 仕事おさめ 2011 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home