空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2011.03.20  ぎん色いろ色ー命あること 


このたびの震災に被災された多くの方々に、
こころから、お見舞いを申し上げます。

11日は電車が止まってしまったため、
お茶の水から、延々4時間半歩きました。
夕暮れの青梅街道をたくさんの人が黙々と家路を急ぐ、
不思議な光景でした。
ラストの1時間はとりわけ道が遠く感じられました。
以前に新宿から荻窪まで歩いた経験があって、無理な距離じゃない
ということがわかっていなければ中野あたりでくじけたような気がします。
ともだちは6時間、同僚は7時間歩いたそうです。
ウォーキングシューズを履いていたわけではなく
ヒールの高いブーツや革靴だったため、歩くことの疲れより
靴にやられたと言っていました。
ともかく少しでも早く帰りたくて途中で寄り道する気になれず
バッグに入っていた飴が助かりました。

へろへろになって玄関をあけるとすぐ、
飼い主の帰宅を喜ぶ文鳥の声がチッチッと聞こえてきました。
まだうちに来て1カ月にもみたない中ヒナです。
地震で散らかった部屋の中をざっくり片付けた飼い主が
籠から出してやると、しばらく遊び回って
やがて手の平で、何事もなかったように眠ってしまいました。
ドキンドキンと心臓が動く温かいぬくもりが伝わってきます。
小さな命のかたまり。
歩き続けた疲労で茫然としながらも
このぬくもりに勇気づけられました。

TVニュースで陸前高田の避難所で子供たちが
「がんばろう、高田、命あることを喜ぼう」
というメッセージを壁に貼っていました。
これから長い時間をかけて困難な復興に立ち向かわなければいけない、
そんな途方に暮れる思いの中にある、
同じ町の人々に向けた彼らのメッセージに心をうたれました。
彼らの思いにまた、勇気づけられていました。

20110318.jpg



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← ぎん色いろ色ーあったかパソコン / Home / ねむれないふくろう オルガ →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home