空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2015.04.24  詩の楽しみー作詩教室 


shinotanos.jpg
詩の楽しみ―作詩教室 (岩波ジュニア新書 52)
(1982/09/20)
吉野 弘

言葉で名指したものはすべてわかっているつもり、という
この日常的な言葉意識は、
言葉によって行うものの見方や、表現法にも
類型化を招き入れるようになります。
たとえば、よく晴れた空のことを、
”抜けるような青空です”と表現して
それで満足できる物の見方です。


少し引用が長くなってしまいましたが、
詩人、吉野弘の「詩の楽しみー作詩教室」を久しぶりに読み返しました。
「自分が知っていると思っていることは、
ほんとうに自分が知っていることなのか」
それに気づくとき、詩は生まれるものだ、と詩人は言います。
炭鉱事故のドキュメンタリー番組から生まれた
「豊かに」という自作の詩についての文章を読んでいると、
詩人の視点と、ジャーナリスト視点は似たものがあるなと思ったりします。

震災直後、テレビ報道番組では、
「資料映像」として、それこそ「抜けるような青空」のもとにある
「福島第一原発」の事故前の映像をくりかえし流していました。
あの晴れ晴れとした「事実とは違う映像」は、
無力感としてわたしには伝わってきました。
他の感じ方をした人もいると思います。
あの映像を流していた側の意図もよくわからないし、
意図などはなかったのかもしれませんが。

人が人でなくなるのは 自分を愛することをやめた時だ
自分を愛することをやめる時
人は他人を愛することをやめ 世界を見失ってしまう
自分があるとき 他人があり 世界がある
(奈々子に)


生まれたばかりの娘に話しかけている、吉野弘の有名な詩です。
リンゴのほっぺの赤ちゃんに話しかけるには
難しすぎるかもしれない「ことば」。
「表現というものは、対象を愛することからはじまるのだ」と
詩人はこの本の中で書いています。
それを読みながら、
「表現の自由」とは何のことをいうのか、改めて考えるのでした。

最後に「ではお元気で!」と詩人は書き残しています。
「はい。」と姿勢を正して返事をしたくなります。
昨年お亡くなりになったそうですが、
永遠に生き続ける言葉というものがあると感じられるのでした。

関連記事 in my blog: 日記をつける

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




← たんぽぽはたんぽぽ / Home / 父が消えた →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home