空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.11.05  f植物園の巣穴 


shokubutuen.jpg
f植物園の巣穴
(朝日新聞出版 2009/05/07)
梨木 香歩

タイトルに惹かれて、本屋さんで立ち読みしているうちに
やめられなくなって、買ってきました。
「不穏な痛みが出来(しゅったい)しはじめ・・・」なんて
古臭い言い回しで、淡々と語りはじめられていますが、
湿気て暗く寒い日本家屋の階段をぎしぎしのぼる時のような
ややカビ臭い古い本を開く時のような、好奇心にかられる冒頭です。

最近F町の植物園に転任してきたばかりの主人公は
奥歯が痛むため、歯医者へ行くのですが、
受付の窓からちらとのぞくと、犬が手伝っている!
先生に聞くと、涼しい顔で
「あれは家内です・・」なんていわれてしまう。
そんなふうにずれはじめた現実。
読者も主人公もろともずぶずぶ、植物園周辺の湿地帯の、
沼だか川だかにはまっていくのです。
そのあたりを読んでいると、不思議に懐かしいような、痛痒いような感覚になります。
遠い昔の乳歯が抜けるときの感覚を、ぼんやり思い出したりもしました。

ムジナモってどんなだろう・・とか、
アゲハの幼虫が山椒の葉を食べることを何故か知っていた・・、
でも、蝶の蛹の中がどういう状態なのだか実に、この歳にして知った・・とか。
細部にいちいち道草して、たっぷり時間をかけて読むのが楽しい本でした。
ちなみに、ムジナモ・・想像では、ススキの穂やネコじゃらしが
水の中にゆれているイメージでしたが、
青々とした、金魚の水槽にいれる藻みたいでした。

結末は、子供のころ高熱の真っただ中で目を覚ました時の感じ。
耳元で氷枕の中の水と氷がごわごわ鳴っているような。
「快方に向かおうと体が戦っているのだ」
と自らの身体に、自分自身が勇気づけられてでもいるような。
そんなマッサージ効果のあるような不思議なお話しでした。
同じ著者の「家守綺譚」も読んでみようと思っているところです。
そうそう、わたしはややしばらく気がつかないでいましたが、
タイトルは単に「植物園の巣穴」ではなく「エフ植物園の巣穴」なのです。
エフってどこだろう・・・。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← おしくら・まんじゅう / Home / 山の贈り物 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home