空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.10.11  秘密の花園 その2 


子供の頃読んだ本のことを書こうとすると、
自分の記憶に、いろいろな「思い違い」のラベルが貼られている・・
ということに気づかされます。

「秘密の花園」を読み返しているうちに、はじめて読んだのは、
今自分の手元にある福音館の本ではなかったのではないだろうかと
しきりに思ったのでした。ずっとこれが自分の本だった・・のにです。
それが、先日ふと、もしや・・と思い調べてみたところ
古い、古い本に行き当たりました。
「小学館 少年少女 世界の名作文学 アメリカ編ー5」
もうずっと以前に絶版になった全集ものの一冊。
わたしが最初に読んだ「秘密の花園」は、この分厚い本に、
同じくバーネット著の「小公子」「小公女」と一緒に収録されているものでした。
表紙はベラスケス、「王女マルガリータ・マリアの肖像」です。
自分の本ではなかったし、子供にしてみれば
恐ろしく厚みのある本なので、どのお話もななめ読みしたような気がします。
全集のうち3冊くらい家の本棚ありましたが
もう何年も前にどこかへ行ってしまっていてすっかり忘れていました。

急に懐かしくなって本を探しました。
下の写真のものです。昭和39年発行、こんな立派な装丁の本が480円。
谷村まち子訳、山中冬児挿絵。
読み返してみると、メリーがインドでたったひとり取り残されるシーンが
カットされていたり、福音館の猪熊葉子訳では、
インドの乳母がコレラで死んでも「メリーは泣きませんでした」が
この本では「ひどく悲しかった」ことになっています。
当時の子供にはメリーの乾いた感覚は
理解不能と判断して書き換えたのでしょうか。
メリーがインドで取り残されたとき、彼女のそばには
無害な一匹のへびだけがいました。
こういうのもカットされています。
「失楽園」のイメージを逆回転させていくような象徴的な場面なので、
大人からすると削除しないほうが・・と思いますが、
子供には、いらないといえばいらないのかも。
ともあれ、子供のころに想像力を駆使しながら読む楽しさと
大人なってから気づく細部があるからこそ古典なのでしょう。

病気の子供の回復という点では
やや短絡的、理想的すぎるかもしれません。
ラストはメリーについてももう少し書かれてあってもいいのに・・
などというあっけなさもあります。
それでも、くりかえし読みたくなるお話です。
古い本を久し振りに手にとって、子供のころはあんなに
「重い本」と思ったのに意外に軽く、サイズが変わった自分を思い知るのでした。
かつて読んだ本を探し当てることよりも、
子供の頃の自分が何を感じたのかを思い出せた方がいいのかもしれませんが
物語は常に自分の前に新しいものである
新しい発見をさせてくれるものである
と考えながら「思い違い」のラベルを張り変えたりしています。

秘密の花園
(マウスをのせると、目次→挿絵→本の表紙の順に画像が変わります。
クリックすると目次に戻ります)

関連記事 in my blog: 秘密の花園


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← 昔の村へ たしかめにゆく / Home / バラの記憶 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home