空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.09.24  テンペスト 


妖精エアリエルならぬ「えり彦」が出てくる
文楽の「テンペスト」を見てきました。
シェークスピアの中では、「冬物語」と「テンペスト」が好きです
お先真っ暗の悲劇でもなく、陽気すぎる喜劇でもなく、
どちらかといえば笑えるけれど、かなしさもあります。
それでも、乗り越える・・という明るさに励まされます。
文楽用に書き直すのはとてもたいへんだったとパンフレットにありましたが、
すっとはいってきて、ストンと感動できました。
途中笑いが起きる場面もたくさんあって楽しかったです。

なんといっても文楽。
どんなお人形で出てくるのだろう・・とわくわくします。
その「えり彦」は羽衣をまとっている風情。
登場するときは太棹じゃなくて、琴の音でキラキラ感を演出してます。
う、空気の精ともいわれるエアリエルのイメージとは・・
ち、違う。でも、「えり彦」といわれれば、
「そ、そうね・・」と思えるかもです。
エーリエルはプロスペローに遊ばれているような、
頼りなさがありますが、
「えり彦」は・・・荘厳。正倉院にいそう。
パンフレットにもありました。
「妖精」というもっとも日本ぽくない存在が困るんだと。
「えっ、白鳥?ペリカン?」っという謎の鳥風な妖精も登場しました。
「飛ぶもの」をお人形で表現するというのは
やっぱり至難の業なんでしょうか。
一瞬かわいげがあるけど、
「やっぱりダメじゃん」なキャリバンは、納得の青鬼風でした。
(お人形を紹介している国立劇場のページはこちら)

太夫さんと三味線の人の裃が
アクアスキュータム風チェックに見えてしまったり、
なんだ、どうなってるんだ?という魔法にかかったような感覚が
舞台をはみ出して、
あちこちに影響を及ぼしているように思えてくるのも面白かったです。
ミランダは美登里に、ファーディナンドは春太郎・・?
この二人は国が変わろうが、名前が変わろうが、もう恋まっしぐらなので。
(何もいうことはない・・)
そして、ラスト。
一人スポットライトを浴びるプロスペローの姿に感動するのでした。
数年前、文楽にはまってましたが、また次も見てみたくなってます。
12月の東京公演では、八百屋お七が見られるそうです。

テンペスト


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← ラフレシア / Home / 闇の力 灯の力 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home