空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.04.02  みどりのゆび 


midorinoyubi.jpg
みどりのゆび (岩波少年文庫)
(2002/10)
モーリス ドリュオン 作 安東 次男 訳


好き勝手に葉っぱを伸ばして
しまいには足が生えてプランターから出て行くんじゃないか・・
という状態だったチューリップ。
「そこをなんとか・・」となだめすかし、棒を立てたりしたら
ようやくおっとり蕾を膨らませはじめています。
あぁ、咲いてくれるんだなぁとふつふつと喜びがこみあげてきます。
そもそも球根植えるときに向きを考えなきゃ・・・
と天の声が聞こえてくるような気もしますが、
ホント世の園芸の才能を持つ人に尊敬のまなざしを注いでやみません。
あの庭の隅にしゃがみこんでいる静かで落ち着いた頼りがいのある後姿・・・
(もっとも、カレルチャペックによると
しゃがんでは痛くなるに決まってる足と腰など
いっそ、いらん・・・そうですけど。)

「みどりのゆび」は、
「花を咲かせる力」を持ったチトという名前の男の子のはなしです。

チトの物語ではあるけれど、表紙の絵の真ん中に立っている、
ムスターシュ(ひげ)じいさんのお話でもあると思うのです。
戦争で庭を失ったことがある庭師はチトにその悲しみと、
庭に咲き乱れる花々の喜びを教えます。
チトは花の咲かない場所にも花をさかせるという「みどりのゆび」で
停戦を、癒しを、真の豊さを導き出します。
それでも、愛するムスターシュの死に向き合ったとき
どれだけ墓の前を花でいっぱいにしても
消すことのできない悲しみを知ります。
いずれ必ずこの悲しみに向き合わなければいけない人間同士が
傷つけあう戦争のむなしさ。
作者のモーリス・ドリュオンは自らも第二次世界大戦に出征した人です。

チトは庭師がいる天国へ届くように、
樹とフジのつるで作った梯子を作ります。
三日待ってもムスターシュが梯子を
下りて戻ってくることはありません。
それでチトはついに会いに出かけていくことに決めるのです。
ともだちの馬、ジムナスティックには、
それが永遠の別れになることがわかっています。
涙を流す馬にチトは言います。
「ぼく、きみに小さい星を取ってきてあげる」
それは慰めであるけれど、約束でもあります。

小さい星とは地球のことではないか、そんなふうに思うのです。

関連記事 in my blog: 園芸家12カ月


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 夜桜 / Home / ハチミツタイム →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する


作者のドリュオン元文化相が亡くなられたそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090415-OYT1T00362.htm
2009.04.15(12:08) / URL / AS / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home