空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.06.08  始祖鳥とDo the right thingなこと 


daieishizenshi1_.jpg
(背後の始祖鳥の気配にふりかえる うちの文鳥、換羽中で頭がつんつんです。)

始祖鳥の化石が見られるのも今週末まで。
やっと行ってきました。
混んではいましたが、はじまったばかりの頃よりは
ましだったみたいです。

展示されているはく製や、模型は
ちょいと怖いような、不気味なような、恨み骨髄のような。
サーベルタイガーの骨、なんてのもありましたが、
わたしはもっぱら鳥を集中的に見てきました。
始祖鳥やドードー鳥、モアが、
自然史博物館の中で動き回る映像が流れていました。
まるでハリーポッターの魔法がかかったようです。
絶滅した鳥類ではウミガラスやリョコウバトの標本もありました。
玉虫色に光るハチドリの群れの標本は、
なんだかバッタみたいでした。

こういう特徴的な動物の他に、
長い歴史の中では、それほど珍しくもなく、
なくなったことにさえ気づかれずに
いつの間にか消えていった
たくさんの動植物があるのだろうと思います。
いったい何を守って、何を守らないかを
どうやって決めるんだ・・てなことを考え出すと
自然保護というのも、そんなに簡単な話じゃないのだなと思ったりします。

外来種や、害虫を
駆除する前に繁殖させない
乱獲を防止する
などがベーシックな方法なんでしょうが、
やみくもに駆除したり
きれいだから守る、かわいいから愛でる、
そんな感情的な向き合い方ではなくて、
冷静で、ほどよい距離感で自然と向き合いたいなと。

なんだか、もうぺっしゃんこになっている
始祖鳥の化石を見て
そんなことをしきりに思ってしまうのでした。

オーデュボンの絵は、思っていた以上に大きくて凄かったです。
図鑑というより、もう魔法の書みたいな。
それこそ夜な夜な、鳥たちが飛び立ちそうです。
他に、ジョン・グールドという鳥の博物画を描く人がいると知り、
こちらも興味しんしんです。

大英自然史
(オーデュボンのショウジョウトキ。オンマウスでジョン・グールドの「ヒマラヤの鳥」)

関連記事 in my blog: 南極アイス, オーデュボン・アメリカの鳥

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← おんどりのねがい / Home / ワニあなぼこほる →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home