空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.04.30  ビブリア古書堂の事件手帖 7 


Bibliakosho7_.jpg
ビブリア古書堂の事件手帖 7
~栞子さんと果てない舞台~

(メディアワークス文庫 2017/2/25)
三上 延

シリーズ完結と聞いていましたが、あとがきによると、
五浦くんと栞子さんの物語は
一応の決着がついた、ということだけで、
これからもまたお話が書かれる予定だそうです。

今回は、シェイクスピアの戯曲集をめぐるお話で、
最後はセリの大勝負となります。
「ベニスの商人」「リア王」の話が、
栞子さんをとりまく人々の
もろもろの物語と絶妙に絡みながら進んでいくところが
たまらなく面白かったです。
ベニスの商人にしても、リチャード三世にしても、マクベスにしても、
悪として滅ぼされる側に、独特の魅力があるのが
シェイクスピアの劇のすごいところ。
さらには、歌舞伎と同じで、
女の役も男が演じるからこその面白さもあります。
なかでも、「リア王」では、最後まで寄り添う二人、
コーデリアと、道化が一人二役であったという話は面白いなと思いました。
男ばかりの劇団で演じていたからこその演出。
古書の価値もさることながら、今回もまた
本の凄みというようなものを教えてくれる事件手帖でした。

それから、村上春樹の「騎士団長殺し」と
前後して読んだので、
いろいろ自分の中で比べてしまったりしました。
古典とのかかわり方、親子ということなど
もろもろ似た題材を描いているけれど、
作者によってこんなに違う作品(絵)になるのだなという
そんな面白さも感じながら読んでいました。

関連記事 in my blog: ビブリア古書堂の事件手帖 4

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 千の天使が 読みたい本 201705 / Home / オーデュボン動物園 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home