空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.03.30  準備万端バルタン星人、阪本順二監督の「団地」 


danchisakura.jpg
(以前住んでいた団地は、桜がいっぱいできれいでした。)

阪本順二監督の映画「団地」を
「シンゴジラ」のあとに見ました。
深く考えずに、あっ阪本順二だと思って一緒に借りてきましたが、
シンゴジラとちょっと似たような
似てないような・・
大笑いさせられつつ、語られ過ぎない哀しさ切なさがあり
最後が嬉しい映画でした。

この映画を見ていて思ったけれど
昭和の怪獣たちは、けっこういろんな事情を抱えて
地球にやってきたものでした。
見たら気絶するような恐ろしい様子だったけれど、
他人事とは思えなかった。

団地に越してきたばかりの夫婦
(藤山直美と岸部一徳)はどこか懐かしい大人です。
二人が黙々と漢方薬をつくっているシーンがありますが、
そんなの口を開けてどんだけでも眺めていたいようです。

営んでいた漢方薬のお店をたたんでしまった二人を訪ねて
どうしてもと薬を頼みに来るお客さん(齋藤工)。
そのお客さんの薬を定期的に取りにくる宅配のお兄ちゃんが、
なぜかおなかがいつもゆるい。
必死の形相で拝借を願うやいなや、
トイレに駆け込んでいく。
「あんた、いっつもうちでトイレしてくけど、なんでなん?」
・・・・・・・

そこでそんなに笑うのか、
というくらい爆笑してしまいましたが、
そのシーンにも隠された意味があったという。
阪本順二の映画の中では、「ビリケン」にも似ている気がします。
「きみと漢方薬があればいい」って
言われてみたいものだよと思うのでした。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー帰ってきたぞ!我らのウルトラマンスタンプラリー 

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← Endless Shock 2017 / Home / シンゴジラ vs 春と修羅 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home