空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.05.01  千の天使が 読みたい本 201705 


Maytanu_.jpg
(連休中、会社近くの公園は人影も少ないです。ゴーシュのところに訪ねてきそうなたぬきくん)


朝鈍い日が照って 風がある
千の天使がバスケットボールをする

(中原中也 宿酔)

図書館が、寄贈された本を処分してしまったというニュースが
最近ありましたが、そもそも個人の蔵書で一万冊って。
仮に段ボールに大小サイズの本が25冊入るとして、400箱。
いやいや・・・。重さでも10トンくらいあるのでは。
本箱に、本が250冊くらい入るとしても40本分。
おおお。

てなことを考えてしまったのは、
連休は「大掃除」という目標があって、特に本の整理。
本棚に限りがあるので、増えた分は何かを処分しないとどうしようもないのです。
アル中ならぬ読中、ああ。
本の整理のことを思うと、電子ブックがいいように思うけれど、
実際手にとって本を開く喜びを知っているもので
どうにも、簡単には乗り換えられない。
本箱に入りきらない本を見るのは
飲み過ぎた朝に似ているような。

中原中也の「宿酔」という詩は、二日酔いの朝をうたった詩です。
というわけで、読みたい本については今後
「千の天使が 読みたい本」のタイトルにいたします。

4月はいろいろ面白い本を読むことができました。
5月は、司修の「影について」他数冊、 鳥越碧「漱石の妻」
それから、モディアノの「家族手帳」が読めたらと思っています。
絲山秋子の小説も読んでみたい。茨木のりこの料理本も気になっています。
ブログには、読み終わって、まだ書いていない本のことを
できるだけ書けるといいなと思っています。

関連記事 in my blog: 変わらぬ光誰がためぞ、読みたい本

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




 Home