空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.03.31  Endless Shock 2017 


teigeki_.jpg

帝劇ミュージカルSHOCK
今年も見てきました。
千秋楽1500回公演まであと少しの
栄えある1497回公演でした。

今年は一幕ラストの殺陣のシーンに
和太鼓が加わり、不思議なことに
かえって静けさが生まれました。
しかもその和太鼓が舞台を見下ろす位置にあるので
空間がぐっと広がる感じ。
ライトは青みがかり
「つわもの」の方々の凄みがいや増しました。
どれだけかっこよくなれば気が済むんだぁと
こころの中で叫びます。

そしてこの日は、2幕のMUGENという踊りのあと、
割れるような拍手にまじって
客席の男の人たち数人から掛け声があがりました。
ブラボー慣れしてないので、一瞬びっくりしましたが
「よく言った。まだ舞台終わってないけど、その通りだ」と思いました。
2幕のクライマックスは、百億の昼と千億の夜状態。
十二神将かはたまた阿修羅なのかという
この世ならぬ雰囲気になっていきます。

そして箱に入れて持ち帰りたいといつも思う「夜の海」は
ひそかに「ザ帝劇」と思っている踊りです。
かつて帝劇で見たことがある元禄港歌や
屋根の上のバイオリン弾き
他にもわたしの知らないいろんな舞台の輝きが
見えないけれど感じられる
そして劇場を出ると、日比谷から大手町、有楽町から銀座
変わっていく人や風景の中に
変わらない賑わいやざわめきがあって
そして今ここにこの舞台が上演されている
そういう時空を超えた奥行きが感じられるのです。

と、まぁ魂が抜けきりますし、このブログは
もともと絵本や児童書のことを書こうと思ってはじめたので
今までは書いていませんでしたが、
最近は演劇のことも書いているので
正直な壊れっぷりをお伝えしました。
といっても全然お伝えできてません。
テレビのニュースとか、DVDなんかでは伝わりません。
劇場で見ないと全然わからないと思います。

伝わらないから仕方なく1500回とか
階段落ちとかニュースにするのね、
なんてつい言いたくなりますが、それもスゴイことです。
ただただ拍手。
そして心の中でブラボーを言ってきました。

関連記事 in my blog: 放浪記 その2

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




 Home