空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.03.23  ぎん色いろ色ー科学館の思い出 


kagakukan2.jpg

西荻駅前の象が新しくなったり、町は変わっていくもので。
去年の夏、久しぶりに妙正寺公園の方を散歩していたら、
科学館が閉館して、取り壊しを待つばかりになっていました。
老人用の施設に建て替えられるそうです。

中学2年で、祖父母の家のある杉並に越してきた頃、
なかなか東京になじめずにいましたが、
学校から帰ってきて、ときどきこの辺りを散歩するのが好きでした。
プラネタリウムのドームと
大きな欅の木が何本もあるのを見にくるのです。
東京の地図よりも、
くわがたみたいな愛知県の地図のほうがくっきりと頭にある。
河川の名前も浄水場の名前も、
知多半島や渥美半島の特産品もすらすらいえる。
そんなわたしは、
小学生の時に連れて行ってもらった
名古屋の科学館のプラネタリウムの思い出を重ねていました。
やがて、文鳥もうちにやってきました。

大人になってからは、
変化ということに怖気づかなくなったけれど、
変わらないことを守りたい気持ちもあります。
どうしようかと途方にくれることがあります。
そんなとき、いるんだかいないんだかわからないくらいの軽さで
文鳥はふっと、飛んできてわたしに止まります。

それにしても、小学校教育ってすごいと思います。
よく「転勤族あるある」で、盛り上がるのですが、
小学校の3,4年で勉強する地理が一生頭に残る。
で、あんたどこの人なのよ、って言われちゃうんだよねという。

科学館
(オンマウスで、画像が変わります。
建物って空っぽになると、あからさまに寂しげになります。)


関連記事 in my blog: 水晶宮,   昔の村へ確かめに行く


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




 Home