空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.01.31  ぎん色いろ色ーあったかマフラー 


Amimono2.jpg

12月にダイソーで見かけた毛糸玉に
がぜん編み物をしたくなってはじめたマフラーつくり。
ようやく完成しました。
うちの文鳥は、編んでいる腕とか膝とかにとまってうつらうつら。

ところで、ドラマの「東京タラレバ娘」で吉高由里子演ずるところの倫子が
手編み風のみかん色のセーターとか毛糸のボンボン帽子をつけてました。
「重版出来」では朴訥な営業マンだった小泉君が今度は金髪で憎々しい。
倫子、年下男に惹かれている場合じゃないぞ・・、
でも、どんなに傷つきたくないと思っても、傷つくのかなぁ。
苦渋と甘美さと迷いと自嘲と・・・。
寒々とした東京タワー背景に、ものすごい大きなボンボンの毛糸の帽子をかぶってた
倫子のやけくそ感に、ははごころ。
いらぬお世話の「でぶく~ろ編んで」あげたくなってました。
(無理だけど)

ともだちに編み物にはまっていると話したら、
うーん、若いときはやったけどねぇ、なんて遠い目をされました。
恋とはちゃいます。
まだまだこれからだけどマフラー以外のものにも挑戦したいです。

Amimono0.jpg
ふぞろいな網目たち

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー毛糸いろ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2017.01.23  水の国のガリバー 


mizunokuni0.jpg

ドールズタウンに出てきた「変な魚」の佐藤昭二、
幸太の空想の友達を見て思い出した
結城座の「水の国のガリバー」もスズナリで上演されました。
1995年5月~6月です。
この年は、阪神淡路大震災と、地下鉄サリン事件のあった年でもありました。

古いパンフレットを本箱から探しだして見ると、
ここにもドールズタウンと同じように人形遣いの旅芸人
「おかめ」と「ひょっとこ」がいました。
そして同じように「ひょっとこ」が「おかめ」に聞かせるように
人形たちの物語が始まったのでした。

水の国には幸太と同じように
今いる現実から逃げ出したいと思っている三姉妹とその恋人たち
空想の友達(カカチ)と遊ぶ姉妹の弟がいました。
最後には恋人たちの何人かが自ら命を絶ち、
弟は友達の実像を探しはじめたとたんに失ってしまう。
舞台には本物の水が張られていて
身投げした人物の人形が水に浮いたような記憶があります。
チラシと一緒にファイルしてある覚書にはこんなことが・・。

 ぴちゃんと音をたててシーラカンスの幻燈が水面から飛び出して
 劇場の壁を泳いでいく
 サチの人形がじっとみつめている線香花火
 エビスの人形が引いていく自転車
 ヒルコのポケットの中のネズミ
 ヒルコはかわいい
 水びたしのアジア、
 岸から遠く泳いで仰向けに空を見ている夏の少年たち
 迫ってくる戦火
 燃えていく手の平の上の街
 カカチ カカチと叫んで探しながら
 でもやっぱり 確実に失う時代
 水に浮かんでいる彼女の人形をひきあげる
 彼の人形をひきあげる

あまりに断片的すぎてさっぱりわからないので、
22年前の自分に「何のなぞなぞよ?」と聞きたい気持ち。
スタインベックの「二十日鼠と人間」の設定が使われているそうなので、
こんど読んでみようかなと思っています。

関連記事 in my blog: ドールズタウン

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2017.01.22  ドールズタウン 


結城座の「ドールズタウン」を下北沢のスズナリで見ました。

第二次世界大戦末期の日本、関西の海ぎわの町、
高台の鉄橋の上に10歳の少年幸太と少女真理子がいます。
真理子は浴衣姿に麦わら帽子の金髪の女の子。
怖がりの幸太に比べると、いさましく明るい子ですが、
祖父はハーフの彼女が人目につくのを恐れ家の外に出したがりません。
真理子は鉄橋から見える遠い景色を見て歓声をあげます。
でも幸太はこんな町は嫌いだ、無くなってしまえと言う。
そして空想の世界にすむ「魚」の佐藤昭二に頼んで
さまざまな冒険の旅へ真理子を誘います。

鉄橋から見れば小さくて、おもちゃのように見える町では
日々の暮らしがあります。
幸太の母は、夫を戦争で亡くしたあと
間借り人を置いて何とか暮らしを立てています。
幸太は母親には憎まれ口をきくのに、間借り人の河島には懐いています。
路地にはおばちゃんたちに話し声。
苦しくても、不幸でも「笑う」、無理に笑うわけではなくて
ごく自然に笑える人々の暮らしがそこにあります。

でもある時それが空から降る大量の爆弾によって焼き払われるのです。
川を下って海に出れば何とかなる
そう言って幸太の背を押した母が火に飲まれていく。
母の人形が火の中でシルエットになり燃え上り
あたりに焦げ臭い匂いが漂います。
「こんなん絶対にあかんことや」と思う。
真理子もまた祖父に閉じ込められた蔵から出ることができずに
死んでしまいました。河島のおじちゃんも逃げ遅れました。

ラジオ体操の曲が少し哀しみをおびて
変調したように聞こえていたとある夏
鉄橋の風に吹かれていた少年と少女。
その姿が消えると等身大の旅芸人「おかめ」と「ひょっとこ」がいます。
魚の佐藤昭二のせいで、
昔見た「水の国のガリバー」を思い出すなぁと思っていたら、
作者が同じでした。

dollstown2.jpg
(お弁当つけてどこ行くうちの文鳥が掴んでいるのが幸太、
その横が佐藤昭二、おじいちゃん、真理子。
文鳥の左にいるのは青洟の子。あとからパンフを見ると幸太はお母さん似でした。)

関連記事 in my blog: 早春の「真夏の夜の夢」

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2017.01.20  あおもり犬を見た夏の思い出 


Aomoribijutukan0.jpg

東京も雪がちらちらの寒い今日この頃です。
こんなときは、夏の思い出貯蔵庫へゴー。

去年の夏行った、青森県立美術館は真っ白な建物。
広々した緑の敷地に、まるで雪がつもっているようでした。

とはいえ、早朝から八戸の街を歩き回ったあげくの昼下がり、
青森ではめずらしいほどの暑さということで
いささか疲れてしまっておりました。
それゆえ、あまり丁寧に見ることもなく、
また、当初予定していたカフェでお茶とか、
ミュージアムショップでお買いもの、もスキップしてしまいました。

高さ8メートルという巨大なオブジェ「あおもり犬」は、
奈良美智の作品が集められているコーナーから見ることができます。
が、入館しないで外から見ることもできます。
ガラスの向こうに人がいるので、出口の場所を聞いたら
係の人が、「すべてをご覧になったあとで・・」
というので「なんで?」と思っていたらそういうこと。
ならば、こんな壁の中じゃなくて、ひろびろした
原っぱに置いてやればよくないか、とその時は思いましたが、
こうして冬の寒い日に考えると風よけがあるほうが楽かも。
とういうわけで、中から見ると
だいたいにおいては楽しそうに撮影している人々がいます。
(上の画像は右の方に人がいるのをトリミングしたもの。)
せっかく来て中を見ないなんてもったいないとは思いますが、
時間の限られた観光客の人には嬉しいかも。
奈良美智好きならば、中の展示がとても楽しいのでおすすめです。

またエネルギー切れの中でも、おお、と思ったのは
シャガールの「アレコ」
バレエの舞台背景画だそうですが、この巨大な美術館ならではの展示。
圧巻でした。

Aomoribijutukan.jpg

関連記事 in my blog: 十和田現代美術館 常設展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2017.01.11  ぎん色いろ色 おもちつき 


家じゅう探しても餅にする粟もない年の暮れ、
馬を売ろうと外に出ると
雪の中、じいさまが座り込んでいた。
どこの家も泊めてくれないそうな。
それはお気の毒、何はともあれおいでなさいと
家に連れてくると
なんと、じいさまはお正月さんで、
お餅とお酒を持ってきてくれたのでした・・・。
松谷みよ子の「まえがみ太郎」のはじまりです。
餅がある、それはなんかこうぬくぬくとしたお正月感
そのものだなと思うのです。

昨年の暮れは、ぎりぎり30日まで仕事。
うっかりしていると、
なんでもかんでもお正月価格になってしまうので、
里芋や絹さやはあらかじめ買っておいて冷凍保存。
お花は、水仙のみで、松だの南天なし。
しかし、お餅・・お餅どうするかなぁと悩んだのです。

ふと冷蔵庫に「もち米」発見。
ためしにお餅作ってみるか・・と思って
炊飯器で炊いて、のし棒でとんとん突いてみました。
すると思った以上に美味しくできました。
臼も杵も使わない餅つきなので若干ゆるいけど、
まざりっけなくて優しい味わい。
「まえがみ太郎」のお正月さんが持って来たお餅は
こんなかなと思うような。
どうしてずっとお餅は杵と臼がなきゃと思い込んでいたのか。
というわけで、いずれはマメ餅なんかにも挑戦する
・・かなぁ、なんて思っています。

mochibun.jpg
飼い主の手の中でぬくぬく中のお餅さん。

関連記事 in my blog: まえがみ太郎


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村




2017.01.08  元旦は京都で 


kyoto2017.jpg

元旦は京都へ行きました。
・・・・といっても、大阪で用事をすませてから
京都線快速で京都についたのが夜の10時半。
お店がほぼ閉まっていて、静まりかえった京都駅。
モダンアートな駅のアーチを見上げ
はっと外を見るとライトアップされた京都タワーが
青、赤、白に光っています。
こ、ここは
宇宙基地なのか??という風景でした。

そんな中、夜の11時過ぎに友達がワンコのムギちゃんをつれて、
京風おせちの棒だらや栗きんとんをお重に詰めて届けてくれました。
それはもう走馬灯のようで、
地下鉄駅の階段をあがっていくと
ワンコを連れた友が手を振っていて
その5分後くらいにまた手を振って別れているという図。
友が「家守奇譚」で犬のゴローをつれている「作者」だとしたら
わたしは掛け軸から船で、いきなり床の間に乱入しているかのごとき。
(ほんと忙しい中、すみませんでした。)

翌朝はお正月の諸事情で8時台の新幹線。
友達と会った12時間後には東京駅についているという
韋駄天ぶりでした。
そうは言っても、ちょっと京都の空気に触れることができてよかったです。
こんどはもうちょっとゆっくりしたいなぁ。

mugichan.jpg
ありがとね、むぎちゃん。

関連記事 in my blog: 家守奇譚

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2017.01.07  富士ファミリー 




あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

穏やかなお正月でしたが、風邪のため
ちょいと行けずにいた、母のところにようやく行ってきました。
現在母は、近所の老人施設で日常のお世話をしてもらっています。
その施設の書初め的な行事に参加したらしく
「つる かめ」と「とり」
ゆるうい感じのいまにも飛んできそうなひらがなの
お習字が2枚壁にはってありました。
その下で、ちょっとうれしはずかしの母を記念撮影。
どうでもいいようなことですが、のんびりしたお正月となりました。
海越しに拝む富士山も、なかなかにきれいでした。

さて、話変わって、
お正月ドラマの「富士ファミリー」。
去年は、衝撃的過ぎた片桐はいり演じるところの笑子ばあちゃんを
今年は「不気味可愛い」おばあちゃん
・・と感じられる自分。一年のうちになにか変ったのかな。

早死にした姪っ子(小泉今日子)を
ぼんやり待っている大晦日の夕方の笑子おばあちゃんの
少女っぽさが何とも愛しかったです。
一方、成仏できないでいた魂のひとつが
暮れの夜空をみあげて
「きれいだなぁ、洗い立てのコップ」みたいだ
と言って生まれ変わっていくのも鮮烈でした。
長女性格でいろんなことを引き受けて背負い込んでしまう
鷹子(薬師丸ひろ子)が歌っている
ユーミンの「Happy New Year」の歌詞がまた沁みるし。
木皿泉のドラマ
やっぱり好きだなあと思うのでした。

関連記事 in my blog: すいかのたび ディルフィーヌ

よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村






 Home