空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.08.28  卒業の夏 


卒業の夏
(マウスを乗せると、原書のペニントン。)
卒業の夏
(学研 1972)
K.M. ペイトン 作 久保田 輝夫 訳
装丁 中地 智

夏のオリンピック、なんだかんだ見てましたが、
水泳競技を見ているといつも思い出すのが「卒業の夏」

パトリック・ペニントンを主人公にした三部作の最初の物語で
原題はPennington's Seventeenth Summerです。
反抗的かつやる気なしの素行不良。しかも喧嘩早い。
そんな彼ですが、体育の教師は彼ゆえにサッカーと水泳で優勝できると思っているし
音楽の教師は彼のピアノの才能について
「神よ、これほどの天賦の才をかくも悪用する少年をゆるしたまえ」
なんて絶望してるんだか惚れ込んでいるんだかなんだかよくわからない。
つまり、ちょっと「ワル」だけど、
かなりかっこいい男子。

停学処分のため出場できないはずの
水泳大会にまさに飛び入り、がんがん競争校の選手を
追い抜いていくというシーンがあります。
躍動感のある場面の描写を得意とするペイトンだけあって
何度読んでも白熱するのです。

写真の翻訳本は、1972年に学研から久保田輝夫の訳で出版されたもので、
今は絶版になっています。
表紙の絵がとても好きで、今見ても
子供のころのわくわくがよみがえります。
原書のペニントンより断然かっこいい。

その後の彼は、ピアニストの道へと進み、
こんな感じだったのにタキシードを着るようになります。
翻訳が出版されるどころが、原書も絶版になっていました。

二部はThe Beethoven Medal
三部はPennington's Heir

関連記事in my blog: バラの構図,  めぐりくる夏

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト




2016.08.13  ぎん色いろ色ーねこのお客 


Asabun.jpg

家を空けることが続いたので、
朝顔の苗を買いそびれていましたが、
灼熱のウォーキングの途中で見つけた花屋さんに
朝顔の鉢植えが安く出てました。
いつもとは違う路地を歩いていて、
さがしていたものを発見するとうれしいもの。

よおし帰りに買って帰るぞと一度は通り過ぎ、
喘ぎながら戻ってくると
猫が入りたそうに中をのぞいていました。
猫の代わりというわけじゃないけれど
すみません、すみませんと
何度か声をはりあげるも返事がない
奥をのぞくと、おばちゃんが座ったまま爆睡中でした。
ちょうど昼過ぎの眠い時間帯。
夏ですなぁという感じ。
猫は花屋さんの猫じゃなくて、訪問猫なんだそうです。
そういうのんびりした時間がとてつもなく
貴重に思える、今日この頃。

残りものには福があって、とてもよく咲いてくれます。
文鳥はこわがりながらも
ちょっとだけ、記念撮影につきあってくれました。

Asabun0.jpg

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー朝顔2015

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村






2016.08.12  十和田市現代美術館 大宮エリーの商店街美術館 


商店街美術館
(オンマウスで、カフェにも大きな絵がありました。)

常設展と企画展は別物とくっきりわかれている美術館もありますが、、
十和田市現代美術館は、常設展と企画展が
光のリボンで結ばれているような建物の作りになっていて
ゆるやかにつながっているように感じられました。
この夏の企画展は、
大宮エリーの「シンシアリー・ユアーズ (Sincerely yours)」。
ちょっと古めかしい言葉なのだろうか、
よくわかりませんが、響きが好きな言葉です。
手紙の末尾をしめる慣用句。

カラフルで明るい絵の数々は、大宮エリーから
被災地復興に日々取り組んでいる東北の人々への
ストレートなエールが込められた作品でした。

そして、それがさらに「大宮エリーの商店街美術館」として、
街道沿いの商店街へもつながっていきます。
見ているときは、まさかそれも作品だとは気付かず、
ここの商店街の屋根きれいだなと思っていたら、
「虹のアーケード」という作品でした。
ここに陽がさすと、商店街の歩道に虹色の光が落ちて
それこそ虹を踏んでいくような感じでした。
通りのあちこちにアート作品があります。
ちょっと下界まで降りてきちゃった雲みたいなオブジェだとか
空気のきらきらを集めているらしき網だとか。

商店街美術館
(七色の屋根、オンマウスで、自転車の横で待っている雲。)

これまでもいろいろな形で、
昭和なレトロ感のある空き店舗を使ってアート作品が展示されていたようです。

商店街美術館
(アトリエ十和田のガラス扉の向こうに森。
オンマウスで、アトリエ十和田の外灯と森と映りこんでいる通りを走る車の
パラレルワールド。)

商店街美術館
(「儀式の部屋」。虹のアーケードのすぐ近くの角っこのお店で、
床だとか入り口のタイルが凝っています。)

ほぼ半日、とても楽しかったのでした。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村






2016.08.07  十和田市現代美術館 常設展 


Towadabi11.jpg
(エンタランスと、チェ・ジョンファの「フラワーホース」)

十和田市現代美術館のまずは常設展。
部屋に入った瞬間、びくっとして飛びのいてしまった
ロン・ミュエク作「スタンディング・ウーマン」
うちの文鳥とわたしの身長差はもっとあって、
それでも、なんかこんな感じで見上げているのかなと
考えたりするのでした。

建物は金沢21世紀美術館と同じ建築家の設計で、
順路から外が見えている透明感にほっとします。
今見た作品から次の作品に向かう時の
余韻とリセットがスムーズに行われる感じです。

鏡に映っては消えていく人と時間の推移が延々とつづく部屋、
薄暗いダイナーに入り込む部屋
泡の内側に入り込んでいくような部屋
そしてまた驚いたのは栗林 隆作「ザンプランド」
真っ白なテーブルの上に乗って、
アザラシと一緒に天井裏を覗き込むとそこには別世界があります。
二階に進んで
青森の深い森を感じさせるマリール・ノイデッカー作
「闇というもの」

Towadabi12.jpg
(館内では撮影はできませんが、外から見たアナ・ラウラ・アラエズの「光の橋」
窓ガラスに樹が映りこんでいるので緑っぽいですが、もっと白い作品です)

ありえないほど大きな女の人に見下ろされていたり、
テーブルによじ登ったり、
そうかまるで不思議の国のアリスのようだったなと
あとになって思いました。
トランプの兵隊ならぬ、カラフルな壁画をぐるぐる眺めながら
屋上に出ると、ここにはまた金沢とは違うプールがありました。
(つづく)

Towadabi13.jpg
(外に展示されているされている椿昇の「アッタ」。説明を読むとちょっと怖い感じですが、
何も考えずに見ると、フェラーリ風なアリです。)

関連記事 in my blog: 雨の眺め方

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2016.08.04  十和田現代美術館 アート広場 


アート広場
(美術館側から見たアート広場、タップするとかぼちゃの中から見た風景。)

十和田市現代美術館は、新幹線の八戸駅からも
七戸十和田駅からもバスで40分から1時間くらい。
わたしは、八戸西口からJRバス おいらせ号で行きました。
美術館前で降りるとすぐにアート広場。
この広場がいきなり楽しくて、
すぐ向かいの美術館までなかなかたどり着けなかったです。
子供を遊ばせているお母さんの姿がありました。
よちよち歩きの小さな子の記憶の中で
この水玉模様の犬や巨大オブジェはどんな風に残っていくのだろう。

ちょいと写真多めに載せますので、ご覧ください。
アート広場
水玉の犬は、草間彌生の「愛はとこしえ十和田でうたう」の一部。
タップかオンマウスで、ピンク→青→紫の表紙の順に画像が変わります。
見る位置によっていろんな表情を見せる犬たちです。
(PCならクリックするとピンクに戻ります。)

そびえたつ「ゴースト」にタップかオンマウスで「 アンノウン・マス」をご覧ください。
どちらも同じ、ドイツのインゲス・イデーの作品。
白いにょろにょろと銀のにょろにょろ。文鳥の仲間と見まごう可愛さ。
アート広場

次はオーストリアのエルヴィン・ヴルム、ファット・ハウスの内側から外を見たところ。
ファット・ハウスの中では、ぶつぶつ「家」が自問自答していて
最初は聞いているんだけど、だんだん面倒くさくなって
「家出のススメ」。
オンマウスかクリックで、「うーむ」な、家の外観が見えます。

アート広場

最後にもう2枚、季節が写りこむステンレスのベンチ。
これはアート広場から少し離れた市役所前にあります。
日本のマウントフジアーキテクツスタジオの作品。
キラキラが好きなカラスがうろうろしていました。
そしてオンマウスかクリックで、ヒプノティック・チェンバー。
アート広場の市役所よりの端にあります。
フランスのR&Sieの作品。催眠の部屋というタイトル。

とても日差しの強い、夏日でした。
(つづく)
アート広場

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2016.08.01  寺山修司記念館  


terayama.jpg

青森旅行で、はじめの日に行ったのが三沢の
寺山修司記念館
清水邦夫や、蜷川幸雄、
美輪明宏、横尾忠則とほぼ同い歳だけれど、
30年以上前、47歳で亡くなっています。
この記念館が出来てからも、もう20年近くが経っています。

三沢の駅からタクシーに乗りました。15分ぐらい。
米軍基地の脇、木がうっそうと茂る道を走っていきます。
姉妹が身を投げたという伝説のある湖は
曇り空の下、鈍い光を反射していました。
記念館の赤い扉を開いて中にはいると、森山大道の大きな写真が目に入ります。

terayama3.jpg

渡り廊下を通って、薄暗い広い円形の部屋に出ます。
そこには、昔風の木製の勉強机がいくつも並んでいます。
来館者はそのいくつもの引き出しを開きながら、
展示品を眺めていくのです。
引き出しを開けると音楽や映像が始まる仕掛けになっているものもあります。
函館美術館で展示されていた長谷川潾二郎の詩みたいです。

机の引き出しをそっと開けると
美しい品物に満ちている内部が現れ
その中に詩を書いた一枚の紙がある

私は早く観たい
その詩の中に現れる町と家と
その中にある部屋の姿を

(長谷川潾二郎/ 美しい街)

原稿用紙に並んだ字は結構几帳面な
優しい人を想像させるような字でした。
壁には横尾忠則や、宇野亜喜良による演劇のポスター
床下に封印された回転木馬
聞こえてくる歌は、「時には母のない子のように」
そういう諸々が、空から見ると柱時計の形の建物に
詰まっていました。

建物の裏には林が続き、けっこうな奥行きがあります。
ここでは八戸生まれのカメラマン中居裕恭の写真展が開かれていました。
モノクロの写真が、林のあちこちに展示されている
この写真展もとても良かったです。

terayama0.jpg

関連記事 in my blog: 長谷川潾二郎展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





 Home