空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.06.19  ぎん色いろ色ーネムノキが来た 


ネムノキ
(怖くて、手にしがみついてます。 マウスをのせると花にズームします。)

先日、ネムノキの鉢植えを見つけまして、
うちに来てもらいました。
つぼみがたくさんついていたので、花はどんどん咲いて
今は、マメ科らしく豆のさやが2つばかり枝からぶらさがっています。
ネムノキ好きなんで、毎年がんばって
花をつけてくれないかなと期待しています。

換羽でネムの花と同じくらい頭がぱさぱさしていた
うちの文鳥、ぎんちゃんも
今はもうつやつやになりました。
やりたいようにやってるように見える文鳥ですが、
仲間のそばにはいたいようで、
そりゃぁもう飼い主が動くと、慌ててピピっと飛んできます。
群れで生きる習性なんですな。
少しは頼りにしてくれてもいるかな。

梅雨の頃に咲く花が好きです。
ネムノキ、ホタルブクロにアジサイ、
あと樹になる枇杷の色もきれい。
せっかく絵になるんだから、もうちょっと怖がらずに
ネムノキと一緒に写ってくれるといいのにな、と思ったけど、
(今年しか咲かないかもしれないし)
「得体のしれない葉っぱには近寄らないよ」
という警戒心があってくれるほうが
ずっといいのか。だよね。

(うちの文鳥との日々の記事に、「ぎん」のタグをつけて
タイトルには「ぎん色いろ色」をつけることにしました。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2016.06.18  和の刺しゅうー図案集 


和の刺しゅう
(マウスをのせると羽根をのばすうちの文鳥)

和の刺しゅう
(朝日新聞出版 2016/4/20)
がなはようこ 図案 西須久子 刺しゅう

小学生の3年か4年くらいの頃、手芸部でして
なかでも好きだったのが刺繍。
この本。絵柄は和ですが、
日本刺繍ではなくてフランス刺繍のステッチで
和風の刺繍ができる図案集です。
日々時間がない、時間貧乏、
ちくちく刺繍をする静かな時間が欲しいな
くらいのことは常々思っていますが、
ほんとにこの刺繍やってみたいんだけどと思う図案の数々です。
なんといっても表紙のツバメの柄が素敵です。

ツバメといえば、
毎年、逗子駅の改札に来るのを楽しみにしています。
今年は工事の都合だかでふさがれていて
いつもだとバス停あたりをひゅんひゅん飛んでいる
ツバメの姿を見かけませんでした。
でも、バスで海際をもうちょっと行ったところには
巣立ったばかりのヒナたちが
飛び回っていました。
よかったよかった、今年も来てました。
西荻に帰ってきたら、雑貨屋さんで
ツバメ柄のガラスのコップがあったので迷わずレジへ。
お水を入れて透かして見ると、
ツバメがでかくなるのが楽しいのです。

関連記事 in my blog: ようやくツバメに,  ツバメをさがして

tsubameglass.jpg

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村






2016.06.15  まだまだ重版出来 


重版出来!(4)
(小学館 2014/9/30)
松田 奈緒子

TVドラマの重版出来は、
新人編集者、コグマこと黒沢心が
ロイヤルストレートフラッシュ!
みたいなミラクル重版出来を決めて終了しました。
そんなうまい話があるか、このばかちん
と思いつつ涙が禁じえない感動ものでした
原作漫画とは違う展開だったそうで、
原作の方ではどうなっているんでしょう。

最後に超ベテラン漫画家 三蔵山先生が
出版賞の受賞の記念パーティで
「みんなに助けられてこの賞がとれた」とスピーチしてました。
仕事ってそういうものだろうなと・・でも。
尊敬できる上司
親身になってくれる同僚
いろいろ教えてくれる取引先の人たち
自分を慕ってくれる後輩
それがセットで準備されている職場なんてない。
そもそも自分がダメダメだったりする。
そういう中でもがいたり、喜んだりしている。
そこを、嘘っぽくなく
しみじみと感動させてくれるドラマでした。

わたしがいちばん好きだったのは、
「つぶしの安井」の異名をもつ編集者の回でした。
安井は、毒りんごでも持って現れそうな「やな感じ」。
黒沢心とは、魔法使いvs赤頭巾の様相。
過去は、熱心でヒューマンな編集者だったけれど、
「雑誌の廃刊」という辛酸をなめてからは数字至上主義。
極端から極端に走っちゃった人なんですね。
で、組んで仕事をした新人漫画家から
「道具にされたくない、漫画を嫌いになりたくない」
と、きっぱり次の仕事を断られてしまう。
その時の彼の泣いているけど笑ってもいる
そんな「複雑な無表情」にかぶって
ユニコーンの主題歌が

わりとーむかーしから ためといて
たまに読み返す頭ん中


と来た日には、もう。泣けて、泣けて。
この話は原作では4巻です。
安井さんの雰囲気をよくもまぁうまく出しているなという
安顕さんの芝居もすごかったのでした。

関連記事 in my blog: 重版出来

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村








2016.06.13  おやすみカラス また来てね 


matakite.jpg
おやすみカラスまた来てね。 1
(小学館 2016/6/10)
いくえみ綾

20年以上の歳月を積み重ねて
ようやく店が軌道にのったところで命を落とした
先代の店長のまぼろしなのか、ほんとうにいるのか、
真っ白なカラスにいざなわれ
とあるバーのマスターとなった
十川善十くん(24)のお話。
白々と夜明けを迎える繁華街、そこは札幌。
鼻につんとしみるような空気の感じ
笑えるけど、そこはかとない叙情が沁みます。

ドラマ「重版出来」の中で
書店員の河さんおすすめのマンガの絵を描いていた
いくえみ綾の新刊。
瞬間にひかれる「役者」さん
見てみたら、脚本と演出もいいな。そんな感じでした。

それにしても、わたしなどは
白いカラスになって遠くから見守るくらいの位置に
なりつつあるというのに、
歳をとったからといって、
白いカラスの領域に達することができるわけじゃない。
いくつになろうと、
まだまだなんだなぁと・・。

よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






2016.06.12  雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた 


Star Red
(マウスをのせると、パンフレット。)

1982年日生劇場で上演された
「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」。
当時、このお芝居は二つの意味で話題を呼んでいました。
一つは、往年のタカラジェンヌがあつまって、お芝居をするということ。
二つ目は、清水邦夫と蜷川幸雄が、9年ぶりにタッグを組むということ。
なんでも二人が「櫻社」という演劇集団を解散するきっかけになったのが
「ロミオとジュリエット」であったそうです。
今は亡き淡島千景、久慈あさみがロミオとジュリエット
そしてかつてのタカラジェンヌたちが総勢30人、
そのキャスティングに、なんとしても見たいと思ったらしい母・・
のお相伴にあずかり、わたしも観に行きました。

舞台の物語は宝塚のお話ではありません。
北陸のとある百貨店肝いりで創立された
石楠花少女歌劇団の35年後。
その熱烈な男子ファン「バラ戦士」も今は50代
北陸のその都市では名士ともいえる男たちです。
演じていたのは、佐藤慶、渡辺文雄 (この方たちも故人です)。
今も変わらぬおバカで可愛げのあるアイドルファンな男子たちですが、
そこには、どうしようもなく戦争の影が落ちており、
ティポルト殺害の罪で国を追放されるロミオの台詞が
いつかたくさんのロミオたちの台詞に
増幅していくところがすごいのです。
蜷川幸雄ならではの群集劇でした。

闇にひそむお前にたずねる
この時代をこえていつまでも残るものがあるだろうかと
ああ二度とめぐりあえぬ悲しみだけがあふれる・・・
・・・
のぞみのない悲しみのなかで
ざわめく闇の底にひそみ
なおもあなたのことばをきく
なおもあなたのことばをききわけたいと願う


そしてラスト、30人のジュリエットのユニゾンの台詞が心に響くのでした。

amenonatsu.jpg

関連記事 in my blog: なにかきらめくものを思い浮かべて, かもめ


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2016.06.11  お寿司屋さんの包み紙 




西荻のこけし屋さんと同じ
鈴木信太郎のお人形の絵の包装紙が使われている
マッターホーンというケーキ屋さんが学芸大前にあると
ともだちのブログ Kyoto Cogie Cafeで教えてもらい、
どんな包装紙?と好奇心にかられて出かけたわたし。

それがもう一軒、鈴木信太郎のお人形の絵の包装紙を使っている
お店があると知って、ずっと気になってました。
神田淡路町で、100年続く老舗志乃多寿司です。
先日ようやく出かけてきました。
御茶ノ水からニコライ堂の横の坂を下りて
駿河台三丁目の交差点を左に曲がりまっすぐ
出版社の白泉社のお隣です。
同じ一角に近江屋洋菓子店もあります。
秋葉原の方にずっと歩いていくと、
いせ源だとか竹むらなんてお店もあります。

お店にはいると、
いろいろな組み合わせの折詰がならんだショーケースがあって
そこから選んでお願いすると、詰めてくれます。
「こんなたくさんのお稲荷さんを持ってどこに行くんだろう」
というくらい、ぎっしり稲荷寿司の入った見本もありました。
これ差し入れてくれる人がいたらちょっとうれしいだろうな
なんて思いながら待ってました。
帰ってから食べたお寿司は美味しくて、
また鈴木信太郎きっかけで、好きなお店が増えました。

包み紙は、カーネーションと一緒に
うちの文鳥と一緒に写っているお人形の他、
花笠みたいなハットをかぶったお人形や、
小さな女の子のお人形がいます。
お稲荷さんが包まれていた方のはちょっと汁が出てしまったけれど、
もう一つのほうは大事にはがして、取ってあります。

関連記事 in my blog: マッタホーン,  マッターホーンのモンブラン

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2016.06.09  父が愛したゾウのはな子 



父が愛したゾウのはな子
(現代書林 2006/9/14)
山川 宏治 著

海外から東京へ出張してくる人に、
ジブリ美術館に行きたいとよく言われます。
いきおい井の頭公園もFamous Parkになっていて、
Park SideのYakitori Restaurant?なんて問われて
ん? ヤキトリレストランって・・なんて思ったりします。
昨年の暮れには、そんなFamous ParkのMiserable Elephantとして
はな子さんは話題になってしまいました。
都知事さんが海外でリッチなホテルに泊まっても、
象はこんな狭いところにいるThat’s Tokyo’s status。
やるせない話です。

先日の若冲展では、江戸時代の市井の人がどんな風に
象という摩訶不思議な生き物に
想像を膨らませたかわかって面白いようでした。
1949年、テレビもなかった終戦後の日本のこどもたちも
似たりよったりだったことでしょう。
戦災孤児や、戦地で息子や夫を失った母親たちがたくさんいた時代。
そういう時代に平和という「イメージ」を背負って迎えられた象。
その象が、どういう生き方をしたかが
この本「父が愛したゾウのはな子」にはわかりやすく書かれています。
そして「イメージどうこう」の問題ではなく、
現実に象にかかわった飼育員の方たちの
生き様に、胸を打たれます。

はな子さんは愛されていたのは確かですが、
ものすごく正しい飼われ方をしたかどうかはわかりません。
でも、現場で必死で
より良い環境をめざした人たちがいたことは間違いありません。

ラストに空から象舎を見下ろしている写真があります。
はな子さんがいて、来園者がいて、桜が咲いています。
のどかな春の風景です。
退職されて間もなく亡くなった飼育員、山川清蔵さんの魂が
見下ろしているようです。
「平和に見える」、「ほんとうは平和じゃない」
どっちだろうか、どっちにしても大人たちは
がんばらないとなと思うのです。

関連記事 in my blog: 動物園にできること, 動物を守りたい君へ

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2016.06.08  はな子さんのいた場所 


はな子さん
(手前はパネル写真のはな子さん。マウスを乗せると、緑深き武蔵野の林。)

井の頭公園の動物園では
6月12日(日)まで象のはな子さんの献花台が置かれているということなので、
今日行ってきました。
週末働いたので、午後から休みをもらったのです。
朝のうちは曇っていましたが、なんと
昼過ぎから太陽が顔を出してくれ、動物園日和。
武蔵野の雑木林の緑がきれいでした。

かつてはな子さんのいた場所はがらんとして、
なんだかしょんぼりしてました。
近所の小学生たちもお別れに来ていました。
お花はたくさんありそうだったので、わたしは献果。
お隣の熱帯鳥温室もそうでしたが、
この象舎も昭和なデザインの建築物です。

井の頭公園自体は奥が深くて、
けっして狭い公園ではないのですが、動物園はこじんまりしています。
どちらかというと「武蔵野ちっちゃいものクラブ」な世界です。
はな子さんの姿が消えてしまうと、
他の面々がぐっと小さく見えます。
はな子さんがいることで、ちょっと動物園が
大きく見えていたのかなと。

きょうは、すぐ目の前でコジュケイが
大音量のさえずりを聞かせてくれたり、
超美声のウグイスが歌ってくれたりしました。
どちらも自然では至近距離では見ることのできない鳥です。
小さいのに、よくあの声が出ると驚きでした。
うしろを向いていた白フクロウがみょーんと前を向いてくれたのに
おもわず歓声をあげてしまったりも。
そうそう、忘れていて探しまわってしまいましたが、
クロヅルのイチコさんは、はな子さんより先に
空に行ってしまったんでした。
そのかわり、かわいい丹頂鶴のひなっちが二羽いました。

はな子さんのおかげでひさしぶりに井の頭公園で
のんびりさせてもらいました。
ありがとう、はな子さん。おばあちゃんになっても忘れません。
ただ、ボケちゃって、探し回ったりしないようにしなきゃ。

はな子さん図
(いつかは地図からも消えてしまう。マウスを乗せると、動物園の門、
こちらの象はメモリアルで残っていてくれるといいな。)

関連記事 in my blog: さよなら、はな子さん 熱帯鳥温室

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2016.06.02  俺たちの国芳 わたしの国貞 


Star Red
(マウスをのせると、入り口付近の看板が見えます。)

ちょいと前のことになりますが、
ボストン美術館から里帰りしている浮世絵展を
渋谷のBunkamuraで見ました。
東京は6月5日(日)まで。
このあと神戸と名古屋に行くのだそうです。

国芳は以前、東博のミュージアムショップで
金魚づくしの絵を見てからいつか見たいなと思っていたのでした。
金魚はいませんでしたが、猫が踊り、烏天狗が舞い、
蝦蟇蛙が印を結んでいました。
斬新な構図と大胆なデフォルメでほぼ動画。
見物人の歓声が聞こえてきそうな、離れ業です。

一方、国貞は役者絵が素晴らしいです。
だーっと並んでいると
豪華な揃い踏みを見るようなわくわく感。
絵が、飛ぶように売れていくのが想像できるのでした。
ファッション誌のような美人絵もたくさんありました。
当時の女性の間で流行った太い格子柄(弁慶縞)の
着こなしバリエーションを描いた「縞揃女弁慶」
他にも着物の柄の細かな美しさが見ていて楽しいのでした。

なるほど、国芳が「俺たちの」で、国貞が「わたしの」なのね、
と納得いくような。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





 Home