空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2015.06.28  橘 小夢:幻の画家 謎の生涯を解く 


tachibanakoyume_.jpg
橘小夢: 幻の画家 謎の生涯を解く (らんぷの本)
(河出書房新社 2015/3/27)
加藤 宏明/ 加藤 千鶴

先日、弥生美術館で「日本の妖美 橘小夢展」を見ました。

蝶あまた花の精あまた星かざし
舞いつれていぬ春の夜の夢

橘小夢の短歌です。展示されている絵が、
夜になると光りながら舞い飛び始める、そんな幻を見るようでした。
奇譚、怪談などの幻想的な物語の中の女性たちの色付の絵もさることながら、
大正時代に出版されていた「女学世界」、「LA FAMME 婦人」などなど
数々の雑誌に掲載されている白黒の絵も独特です。
「コマ絵」と呼ばれる、周囲の記事とは関連のない絵だそうですが、
何の気なしに雑誌の合間に開かれている不思議空間
そこに描かれている女性の姿に見とれてしまいます。

樋口一葉の「たけくらべ」の挿絵もありました。
つっぷして泣いているのか、
眠って夢を見ているのか、着物の模様があふれている画面。
その美登利の頭の上あたりに
小さく星のように描かれている水仙の造花、
樋口一葉の他の物語も、この人の挿絵で読んでみたかったなと
思ったりするのでした。
着物の柄が単なる柄以上に多くを物語るのは、
「花魁」という絵も同様で、こちらは色がある分もっと迫力があります。
蛇やタコやクラゲのような生き物が見えてくるような。

本の表紙になっている「水魔」という絵は
女性が河童の化身に見える、なんとも美しい絵ですが、
昭和9年に発禁になったそうです。

関連記事 in my blog: 泉鏡花記念館, ぼくらは少年探偵団,
 船田玉樹展
よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




2015.06.21  マグリット展 


マグリット展2

先日、ウィークデーに休みをもらって、
国立新美術館の「マグリット展」を見に行きました。
ウィークデーだから、少し楽に見られるかなと思ったら、甘かった。
しかも、甘かったのはそれだけではなく、
ものすさまじい冷房にやられました。
「会場内がとても寒くなってますので、ブランケットの貸し出しがあります」
との札が出ていたので、嫌な予感はしたのですが、そのまま中へゴー。
入り口が極端に冷えているのは
ありがちなこと・・なんて思っていたら
次第に、思考がもう寒いということにしか向かわなくなってきて
マグリットの絵はとうぶん嫌かもしれないというホラー感覚を味わいました。

で、凍りついた記憶が溶けたところで。
考えてみれば青空というのは不思議な光景です。
「光の帝国II」という、
地上は夜なのに、空は昼という絵がありました。
青空のむこうには、真っ暗な宇宙空間があることを思わずにはいられないのでした。
青空を鳥の形にきりとってもそれは鳥ではない。
鳥はもっとやわらかくて温い生き物です。

マグリット展
(マウスをのせると、右上の光の帝国を眺めるうちの文鳥)

関連記事 in my blog: 月の裏側 空への質問

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村






2015.06.20  ドミトリーともきんす 


tomokins.jpg
ドミトリーともきんす
( 中央公論新社 2014/9/25)
高野 文子

昨年の秋に買って、ぱらぱら見たところ
なんだか難しいぞっとギブアップして
ほったらかしてるうちに埋もれてしまっていたのを
ひっぱりだしてきて、再チャレンジしました。
ともきんすの寮生は4人
朝永振一郎 (物理学)
牧野富太郎 (植物学)
中谷宇吉郎 (物理学)
湯川秀樹 (物理学)

放棄しないで、読んでよかったと思いました。
さぼるつもりの授業に出たら、ものすごく感動して教室から出てきた
そんな感じです。

ドミトリーともきんすの寮生たちは、
宮澤賢治に似ている気がします。
このごろ、もし今の時代に宮澤賢治が生きていたらどう思うだろう、
そんなことをしきりに思うのです。
ともきんすの寮母、とも子さんが、中谷宇吉郎の「天地創造の話」を
「今のわたしには、戦争ほどの不幸はないけれど
暗い考えしか浮かばない日もあるわ。
そんなときに、思い出してみることにしている・・」

と言って紹介していますが、まさにそんな気持ちです。

そしてラストの湯川秀樹の「詩と科学」。
詩は科学であり、科学は詩だという
それは吉野弘の「詩の楽しみ」の中で書かれていたことにも通じています。
「自分が知っていると思っていることは、
ほんとうに自分が知っていることなのか」
そこから詩も科学もはじまっている。
そして、愛するということも。
朝永振一郎の「プロメテウスの火」や、中谷宇吉郎の「簪を挿した蛇」も
読んでみたいなと思うのでした。

関連記事 in my blog: 詩の楽しみー作詩教室 1968年6月6日のお昼

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2015.06.16  ぎん色いろ色ー夏は来ぬ 




窓近く 蛍飛びかい
おこたり諌むる 夏は来ぬー


おひさしぶりでございます。
もうすっかり夏ですね。
うちの文鳥も換羽が終わりつやつやしてます。
連休中は、片付けもの三昧。
ついつい足りない足りないと思うこころで
いろんなものが増えすぎ。
本棚周りも片付けるはずだったのですが、果たせず。

あぁ、とため息つきながら
オンラインブックがもっと普及してきて
バーチャル書庫なんてのが出来たら、どんな感じがいいか
というようなことをけっこう真剣に考えてしまいました。
屋根裏部屋で、天窓に空が見えて・・
というような感じがいいかなぁとか。
バーチャルなんだからなんでもござれで、
中世の城みたいな塔を作っちゃうとか 
いやいや、トロピカルな雰囲気のあるサンルーム風などなど。
空想の世界で、ぼうっとしているのはほんと楽しい。

でも、文鳥が
落下した本の下敷きにならないように本気で片付けないと。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村






 Home