空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2014.01.15  下鴨矢三郎 


KITTEの中の、マルノウチリーディングスタイル。
カフェと書店と雑貨屋さんが一緒になったお店で
2月23日まで、「100Characters」というフェアをやっています。
「小説の登場人物を100人取りあげ、その人物の魅力的な
セリフとともに商品を陳列します。」
というもので、
しっかり包装されていてタイトルはわからないけれど、
登場人物の名前と、その人のことばで
気に入ったものを選んでみたら?という趣向です。
面白そうなので、友と探し回ったあげく
わたしが、この人しかないと思った名前は「下鴨矢三郎」
ことばは、「面白きことは良きことなり」

なんと、ちょうど今年の正月に読もうと思って買ってあった
「ペンギン・ハィウエー」の著者、森見登美彦の
別の作品「有頂天家族」の主人公なのでした。
京都は下鴨神社の森に暮らしている「タヌキ」。
今読んでいるところですが、面白いです。
かくして読みたいと思う本は、
何がどうなっても読むものなのかも思うのでした。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)
(2012/09/12)
森見 登美彦


関連記事in my blog:  闇の力 灯の力

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2014.01.10  ひめねずみとガラスのストーブ 


himenezumi_.jpg
ひめねずみとガラスのストーブ
(小学館 2011/10/31)
安房 直子 作 降矢 なな 絵

子供の頃、「パーフェクション」という石油ストーブがありました。
石油ストーブはガラスの部分がオレンジ色の光を反射させてとてもきれい。
すっかり忘れていましたが、この絵本を見て思い出しました。
今はアンティークストーブとしてオークションで人気もあるようです。
この絵本のストーブは「みかん色」のみならず、
「桜色」の光も放っていて、
ガラスに鳥の模様があり、春のようです。

かって、自分と変わらない大きさだと思っていた
「ひめねずみとガラスのストーブ」が
いつの間にか、風の子フーにとっては
とてつもなく小さい。
フーの場合は、かなり極端だけれど、
確かにそういうことはあるような気がします。
懐かしさにかられて、戻ってきてみたところで、
もう自分には入っていくことのできない世界。
表紙の温かさとは対照的に寂しさの余韻が残るお話です。

でも、物語というのは案外そういうものではなくて、
懐かしさにかられて読み返すと、
変わらない世界を繰り広げていてくれたり、
新しい発見があったりするもの。
わたしはこの絵本に大人になってから出会いましたが、
子供のころ、このお話に出会った子供たちは、
はたして大人になったとき
どんなふうにこの絵本と再会するのだろう
そんなことを思うのでした。

関連記事 in my blog: ちょろりんととっけー

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村






2014.01.05  インターメディアテク: 東京大学学術コレクション 


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

お正月休みに、東京中央郵便局跡にできたKITTEへ。
そこで入ってみた、インターメディアテクがとっても面白かったです。
東京大学の学術文化財を常設展示しているスペースで
「動物のお医者さん」の漆原教授が出てきそうな雰囲気。
どうみても「ひよちゃん」にしか見えない、
天然記念物的ニワトリの剥製の数々
不思議の国のアリスの「イモムシ」みたいな
大きな「蚕」の模型、など。
鳥の剝製が天井近くで睨んでいたりで、
ハリーポッターの学校みたいでもあります。

ずいぶん前に東京都庭園美術展で「森と芸術」を見たときも
東大から貸し出されたはく製や、自然科学の模型
標本などが展示されているコーナーがありましたが、
それをさらにダイナミックにした感じ。
現在は、「驚異の部屋ー京都大学バージョン」ということです。
科博の常設展と雰囲気が似ているけれど、
展示の仕方がもうちょっと芸術的に仕上がっています。

インターメディアテク: 東京大学学術コレクション
(平凡社 2013/11/27)
西野 嘉章


関連記事 in my blog: 動物のお医者さん  猛暑日の庭

よろしければ初ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




 Home