空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【7件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2013.10.15  ぎん色いろ色ー楽しいどあのぶんちょう  



2008年の10月からはじめたブログがまる5年となりました。
ときどき遊びにきてくださる方、
なんとなくのぞいてくださった方、
ありがとうございます。

さて2011年から登場している「うちの文鳥」
放鳥中、火を使っているキッチンへ来ないよう
ドアを閉めておくと必ずドアノブのところで待っています。
こういうときに
ドアをうすーく開けたり閉めたりして、いないいないばあ
すると、きゅるきゅる鳴いて喜ぶもので、
延々やってしまいます。
遊んでるのか、遊ばれてるのかよくわかんない状態になってしまいます。
「どあのぶんちょー」
と大山のぶよ初代ドラちゃんの声を真似して開けると、
「どこでもドア」と違ってどこにも行けないけれど、
しあわせなキモチになれます。

というわけで、のんびりとりとめなく
色いろなことを書いてますが、今後ともよろしくお願いします。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2013.10.13  アメリカン・ポップ・アート展 


American Pop

8月に始まってから、ずっと行きたいなと思いながら、
他にも行きたい美術展があったので後回しになっていた
アメリカン・ポップ・アート展をようやく見てきました。
国立新美術館です。
今から20年近く前の1996年東京都現代美術館で
アンディ・ウォーホール展をやった時にも見に行きましたが、
自分も変わったし、時代も変わって
今回見たアメリカンポップアートはかなり違う印象でした。

ジョン・アンド・キミコ・パワーズ夫妻の
コレクションであるという、
「私物」感覚が、「公共物」的なポップさと混ざって
なんとも不思議な部屋に紛れ込んだ気分です。
そのキミコ・パワーズのポートレートが、
なんといっても、かっこよかったです。
キャンベルスープ缶の絵は、もはやアンディ・ウォーホールであって
アンディ・ウォーホールでないような
きっとあんまり何も思わないだろうな
と思ってましたが、実際に見ると圧倒されました。
コピーできそうで、絶対できないからアートなんだなと改めて。

他には、ジャスパー・ジョーンズ、この人の絵も
美術の教科書などで、ちまちまっと見てもその迫力は
伝わるものじゃない、という壁画のような魅力があって
すごかったです。

関連記事 in my blog: 生々流転


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2013.10.08  Audubon Songbirds & Other Backyard Birds 2014 Calendar 


Audubo2014.jpg
Audubon Songbirds & Other Backyard Birds 2014 Calendar
(2013/08/15)
National Audubon Society

まだ晩夏という感じの暑さですね。
こんな気温なのに、日が暮れるのは早いから
まだ夕方なのに、もう夜8時くらいになっている気がします。

そろそろカレンダーも売り出される季節。
昨年この365 DaysカレンダーのNational Parkというのを
人にもらったら、すごく素敵。
今年もまたNational Parkにしようかなと思ったら、
こんなのを見つけてしまいました。
そもそもAudubonって何?と思ったら、オーデュボン協会、
アメリカで鳥類はじめ野生動物の自然保護活動をしている
のだそうです。
どうりで、National Parkの鳥の写真が素敵だったわけです。

鳥以外の動物も壮大なアメリカの国立公園の風景も楽しめる
National Parkにするか
鳥三昧を楽しむか、目下とっても悩み中です。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村




2013.10.06  黒井健 絵本ハウス 


kuroiken.jpg
JR小淵沢から小海線に乗り換えて清里駅、
その清里駅からは車で10分くらいのところに
黒井健絵本ハウスがあります。
絵本ミュージアム清里からは歩いて10分くらい。

動物の毛のやわらかい感触がつたわってくるような絵の
技法が紹介されていました。
新美南吉の「手袋買いに」や「ごんぎつね」
というと、この作家の絵本がまず頭に思い浮かびますが、
宮澤賢治の絵本も多数あって、
ちょうど、見てみたいと思っていた「猫の事務所」はじめ、
「水仙月の四日」「よたかの星」
「雲の信号」をこんどチェックしてみようと思ったのでした。

バブル期のペンションブーム、イコール清里という感じで、
そういった流れのエリアなのかなと思っていましたが、
「絵本ミュージアム」も「絵本ハウス」も
落ち着いた静かなたたずまいで、ほっとする空間でした。
つい先週くらいに行ったような気がしていましたが、
もう1か月前のこと。
時間が立つのが早いです。

kuroiken0.jpg
(絵本ハウスの隣は仔馬のいる牧場です。)

関連記事 in my blog: 水仙月の四日, 島田ゆか絵本原画展

ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  



 Home