空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【7件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2013.02.12  グレコ展 


このところ会期ぎりぎりの、駆け込み見学が続いたので、
こんどこそ余裕を持って行こうと決めていた
東京都美術館のグレコ展に行ってきました。

去年の今頃、やはり上野で、
スペインの画家ゴヤの展覧会を見ました。
グレコはゴヤより200年ほど前の画家で、
200年たったスペインの混沌とした世界とは
時代がまるで違うようです。

ゴヤが今だとするとグレコは江戸時代。
信仰心は、江戸の人がお不動様だとか、天神様だとか
折々にお参りしていた感覚と似ているのだろうか
というようなことを考えましたが、なんたる適当。

斜め上をみあげる人物の表情は
ペコちゃんみたいで、なんとも微妙な印象です。
描かれる人物の動きは大げさで
一昔前のミュージカルのよう。
空を飛ぶ天使が頭をつきあわせて
木の実のような感じでごろごろしているのは不気味。
こうしたことに一つ一つ意味があるのでしょうが、
わからないものが見ていると
ゴヤの絵とは違った怖さがあります。

グレコの絵を実際に教会で見るとすごいだろう、
ということを容易に想像させてくれる、
絵自体が持つ「演出効果」を十分に見せてくれる、
展示レイアウトでした。

グレコ展
(マウスをのせると「東京都美術館」の門が見えます。
常緑樹の木漏れ日で冬に見えないけど、寒いです。)

関連記事in my blog: ゴヤ展 光と影


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2013.02.05  ことり 


kotoriogawa.jpg
ことり
(朝日新聞出版 2012/11/07)
小川 洋子

金沢に行く前に空港の本屋さんで立ち読みして、
あとで、きっと読もうと思った本でした。
泉鏡花の「化鳥」とはまた違った
静かで美くしくて怖い話です。
孤独死した男を看取ったのは一羽のメジロ。
「小鳥の小父さん」と呼ばれていたその人は
ポーポー語という、他の人にはわからない言葉をしゃべる兄と、
静かに、規則的な日々を送っていました。
しかしあるとき、幼女誘拐の犯人と噂される。
「小鳥」ではなく「子取りのおじさん」。
日々が、不気味にねじ曲がってしまう。

この小説では色がとても鮮烈に感じられます。
やや不気味なモノクロームのエッチングにところどころ色が浮かぶような感じ。
メジロの羽の色。お兄さんのバスケットの白
棒キャンディのイチゴ色、オレンジ色、ブドウ色、レモン色
鳥のブローチのレモンイエロー。

ところで、うちの文鳥、
6日間、毎朝1個、
この冬通算1ダースのタマゴを産み終えた後、
自分のほんとうに産んだタマゴだけ残して
つぼ巣から偽卵をたたき落としていました。
ば、ばれていたか・・・。
ためしにその一個は残したまま今朝でかけましたが、
帰ってきたら、ちゃんと残っていました。
うーむ。



関連記事 in my blog: 絵本 化鳥


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2013.02.04  タヌキのひとり―森の獣医さんの診療所便り 


tanukinohito_.jpg
タヌキのひとり―森の獣医さんの診療所便り
(とんぼの本)

(新潮社 2007/03)
竹田津 実

獣医の竹田津先生の診療所では、
エゾタヌキ、キタキツネ、シマリス、カルガモ、
クマゲラ、モモンガ などなど、
たくさんの野生動物の救命救急治療が行われます。
でも、物語の「ドリトル先生」のように動物たちに褒め称えられることはなく、
むしろ「根にもつタイプ」のエゾタヌキから
「よくも、痛い目(治療)にあわせてくれたな」
と虎視眈々(狸視耽々)と狙われたりしています。
そうかと思うと、びっくりするほど大量の蚤が
患者と一緒に来院したり、ともかくいろいろ大変。
そんな苦労があるとはとても思えないほど、
この本の中の写真に写っている動物たちは、
「表情豊か」で、生き生きしています。

カルガモのヒナに「飛び方」を教える
というエピソードがなんとも感動的でした。
さらっと書かれているけれど、
農薬と野生動物とニンゲンの関係
自然保護とは?そういうことも考えさせられます。


関連記事 in my blog: 家族になったスズメのチュン


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




 Home