空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


記事の年月でさがす


2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2012.06.20  鮭の画伯 


sake.jpg

先日、上野の芸大美術館で「高橋由一展」を見てきました。
江戸から明治に変わった頃の日本人の肖像画が面白かったです。
ちょいと、蝋人形館にでも入ったような感じです。
リアルな肖像画に、つい話しかけたくなります。
このあと日本は戦争をするし、敗戦もするし、
でも奇跡的な高度成長をして、ええと・・なんて。

そしていよいよ、あの「鮭」の大きな絵を前にしたときは、
「・・・・・・・」
しかも展示されている壁が、わざわざ日本家屋の木の壁を思わせるように
デザインされています。
「魚きん?」と焼印の入った木の桶に
立派なみずみずしい鯛が入った絵もありました。
「いや、こりゃまた・・・」
威勢良く、勝手口から入ってきて、なぜだか絵を見せられて
絶句している魚屋さんまで見えてくるような気がします。

病床にあっても絵筆を取り、
洋画に情熱を注いだ画伯、
真面目に鯛を描き、真面目に厚揚げを描く
そのこころは?
そこには
明治の日本、夏目漱石せんせいと似たような
シニカルさと、ユーモアがあるような気がするのでした。

東京はもうすぐ終わり、次に山形へ、秋には京都へ行くようです。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2012.06.16  マアおばさんはネコがすき 


マアおばさんはネコがすき
(マウスをのせると中表紙が見えます。)

「マアおばさん」ちは、国文学の研究者である「おとうさん」が、
部屋の中はもとより廊下にも本を積みあげるので、掃除が大変。
娘6人の他に、メスネコ3匹と、おひとよし(おねこよし)オスネコ1匹がいます。
さらには、あたりのボス野良猫のシロもやってきて大騒ぎです。
ある時、「おとうさん」の書斎でネコが「やってくれて」しまったためえらい匂い、
フンフンしながら場所をさぐりあてると漱石全集のひとかたまり。
「しかたがないわねぇ、まんざら縁がないでもないんだから・・」
(いわずと知れた漱石=「吾輩は猫である」の著者だからですが)
マアおばさんの呑気な様子に、
「ネコ追放!」と怒ったりがっかりしたりの「おとうさん」
戸棚に爪をたてるネコに「ネコ・ツメ・トグナ」
と書いておくマアおばさんも変だけど、その札の横に
「ワカッチャイルケドヤメラレナイ」と書いておく娘も面白い。

ほのぼのした挿絵もとてもいいです。
今も昔も変わらない、人の気持ちが生き生きと伝わってきます。
戦時中の話が出てくるので、えっ?そんな古い話だった?
と著者紹介を見ると、1907年生まれ。
理論社の名作愛蔵版として出版されていましたが、現在入手不可。
挿絵もそのまま、復刊してくれないかなぁ、と思っています。

マアおばさんはネコがすき (理論社名作の愛蔵版)
(1967/01)
稲垣 昌子 作/ 福田 庄助 絵


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




 Home