空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


記事の年月でさがす


2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2011.04.30  根津美術館のカキツバタ 


0430kakitsubata.jpg

山種美術館を出てから、ぷらぷら歩いていたら
根津美術館の裏側出たので、
ランチのあとこちらにも寄ってみることにしました。

どちらの美術館も初めて来たのですが、
根津はお庭が広くて、
とっても気持ちのいいい美術館でした。
当初アメリカから来る予定だった
作品展示が延期になったので、
1200円のところ1000円。
屏風のカキツバタと、
お庭のカキツバタを楽しんできました。
ひっきりなしに人は訪れているけれど、
中がぎしぎしにならない程度の混雑。

帰りは原宿に出たので、若葉のきれいな表参道も
気持ちよかったです。
一年中、こんな感じの気候だったら言うことないのに。

0430fuji.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2011.04.30  百花繚乱 


連休2日目は、広尾の「山種美術館」の
「百花繚乱」を見に行きました。
午前中の早いうちに入ったので、比較的ゆっくり。
とはいえ、お昼近くになると、
どんどんお客さんが増えてさすがに連休です。
画の中で
春夏秋冬の庭をめぐっていくようで楽しかったです。

瑠璃色の鳥と、泰山木の白い花を描いた
小林古径の「白華小禽」が好きでした。
ちょうど今の季節に咲く「牡丹」の絵ばかり集めた部屋があり、
いろんな「牡丹」が咲いていました。
福田平八郎の屏風は、
牡丹で屏風なのにヨーロピアンな壁紙みたい。

で、「花よりなんとか・」で、
絵を見終わったあと一階のカフェでお茶。
「百花繚乱」展の作品をモチーフにした和菓子
山口蓮春の紫陽花(黒糖風味の大島餡)と
福田平八郎の牡丹(栗餡)を頼んでシェアしました。
これがものすごく美味しかったのでした。
青山の「菊屋」というお菓子屋さんで、
展示が変わるごとにお菓子も変わるそうです。
また来たくなってしまう。
選んだお茶は「花」
フルーティでさわやかな味に、ほっとしました。

cafehai
(マウスをのせると、紫陽花のお菓子が。)


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2011.04.29  世界の深さのはかり方 


5月8日までの「世界の深さのはかり方」を見に
東京都現代美術館へ出かけました。

はかり方、とは測り方?はたまた図り方?
地震後、命にかかわることだから、
正しい判断をしなきゃと思うことは多いです。
「数値」って何?という。
べクレルだのシーベルトだのという耳新しい単位もさることながら
徒歩4時間半ってどれくらい遠い?
半径20キロって、どこからどこまでぐらい?
5万トンの水って?
見ただけでは、よくわからない数値を具体的に実感できるように、
ちゃんと自分の中に「ものさし」がないとダメだと思うのです。
というようなことも考えたりしましたが、
美術館では単純に楽しかったです。

あの取りにくそうなところに入ってる
あれが一番欲しいなぁと思うスーパーボール。
覗くと青空だとか夕焼けが見えてくるガラスのコップ
持ち上げるとふわっと軽く乾いているのに
見た目はボーリングの玉みたいに重そうで、
餡子玉みたいに濡れて見えるボール。
(それをくるくる回すと波のような音が聞こえてきました。)
よおく見ると糸が張り巡らされていて
なんだか宙に浮いている気がしてくる
繭の中か、雲の中にいるみたいな部屋
(決して奥まで入っちゃだめですよ、と入る前に係の人が言います)
すべて見終えると、よくわからないけど
「自分は、はかったのかも」という、そんな気持ちにもなるのでした。

混んでいたら、諦めようと思っていた美術館の「カフェ・ハイ」にも入れ
フォーのランチも堪能できました。

cafehai
(マウスをのせると、カフェ・ハイから見える美術館の中庭です。)

関連記事in my blog: カフェ・ハイ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2011.04.29  新緑の木場公園 


kiba02.jpg

新緑の木場公園を抜けて、東京都現代美術館へ行ってきました。
今年は連休といっても、振替仕事だったり振替授業だったりする人も多いそうで
普通の金曜日より、ちょっと休日モード程度の混み具合でした。
さほど気温が高くなくてさわやか。
新緑がすごく気持ちよいのでした。
去年の夏来た時には気づきませんでしたが、
「木場公園大橋」の、真正面に
くっきりとスカイツリーが見えています。
スカイツリーは、会社の近くの本郷通りからも見えます。
見えるたびに人から「ほら、あそこに・・・」なんて言われます。
つい遠くを見てしまう「スカイツリー効果」
人と並んで遠くを見る・・のどかな瞬間だなぁと思ったりします。
東京タワーが出来た昭和にも、人はそんなふうに遠くを見たのかな。

バーベキュー広場からは、いい匂いが漂って、
橋の下の原っぱから
練習中のサックスが聞こえてきます。
木場公園の橋を吊っている柱はそびえたつように巨大なのに
渡っていくのは自転車と人だけ。
強風の時はけっこう渡るのが大変ですが、
今日見たいなそよ風だと心地よいです。
ラピュタに出てくるロボットなんかを思い出しながら、橋を見上げていると
文鳥から見ると人間はこんな感じ?と思うのでした。

cafehai
(マウスをのせると、スカイツリーが見えます。)


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2011.04.24  ビロードうさぎ 


birodousagi.jpg
ビロードうさぎ
(童話館出版 2002/03)
マージェリィ ウィリアムズ 作 石井桃子 訳

同じ物語でも絵本によってずいぶん印象が違うなと
思ったのが、このビロードうさぎ
この絵本は文章が長く、小さい子がひとりで読むには
ちょっと難しいのですが、
もう少しくわしいいきさつが見えてきます。
1920年代のイギリスの子供部屋に並んだ玩具、
そういうアンティークな雰囲気も伝わってきます。

男の子はうさぎのぬいぐるみが大のお気に入りです。
家の中でも、庭でも、森でも、
いつでもどこでも一緒に遊ぶので、くたくたのよれよれ。
ところが男の子があるとき重い病気を患ってしまいます。
うさぎはずっと同じベッドにいました。
ついに男の子は、転地療養で海辺に行くことになります。
けれども病床にあった「ぬいぐるみ」は病原菌だらけ、
有無をいわさず「処分」ということになります。

捨てられたうさぎの目から涙がぽとんと落ちます。
そこから子供部屋の妖精が現れて、
「ほんもののうさぎ」に姿を変えてくれます。
もっとも愛されたおもちゃだけに起きる魔法。

子供部屋でビロードうさぎの話し相手だった木馬が
男の子の叔父さんの玩具で、今は「ほんもの」だということや
その木馬にうさぎが「ほんものになるとき、くるしい?」と聞くところや
後ろ足を縫い閉じられているビロードうさぎが、
森で野うさぎたちにジャンプできないとは言えず虚勢を張ったりする
そういう細部もこの物語にはとても大事な気がします。
子供がまるで分身のように大切にしているぬいぐるみの話として
作者は、さらに大切なことを伝えようとしています。
「生き物はぬいぐるみじゃない。
だから完全でないものも深く愛する、
そしてまた病とたたかわなくてはいけないときもある
さよならしなければならないこともある
それはとてもくるしいことでもある」

野うさぎになったビロードうさぎと、
元気になった男の子の出会いで終わるラスト
男の子は「似ているな」と思うだけで、気づきません。
でも、野の草が香るような
「育つこと」の力と「回復する」喜びが感じられる気がするのでした。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2011.04.22  時の旅人 


ときのたびびと
時の旅人 (岩波少年文庫)
(2000/11/17)
アリソン アトリー

「時の旅人」は転地療養で農場に来た少女が、
300年前の過去へワープするという話です。
1939年(昭和14年)に出版されています
著者アトリーの少女時代の物語とすると、舞台は19世紀後半。
日本でいえば明治、街にガス灯がともる・・といった時代から、
戦国の安土桃山時代に入り込んでいく感じです。
主人公のペネロピーの知らない「未来」を知っている読者は、
二重に「現在」を感じることになります。

時間をワープするようなSFは、ときどき難解ですが、
「時の旅人」は、中断しながら読んでいても、
何がなんだかわからなくなるようなことはありません。
世界史苦手のわたしは
メアリー・ステュワートって誰?状態なので、
物語の奥行きに今一歩踏み込んでいけてないのでしたが、
それでも、悲しい結末をまだ知らずに生きる過去の人たち
そのひたむきさ、
そこに「現在」を生きる人とかわりない「日常」があること、
その確かさに、とてもこころ打たれていました。

香りや、音、感触の生き生きとした描写をたよりに、
読者は2つの時代のイギリスの田舎の農場に
さまよいこんでいくことができます。
ハーブガーデンや、アリエッティの家の台所が見えてくるようです。
先を急がず「ゆっくり読書」のキモチでバッグに入れておきました。
物語の中に時々「グリーン・スリーブス」が聞こえてきます。
あの物哀しいメロディは、物語のラストにも聞こえていました。


関連記事 in my blog: 借りぐらしのアリエッティx種田陽平展


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2011.04.18  読みはじめました 


読めばきっと文鳥を飼いたくなるから読まぬ
とずっと思っていた、「文鳥様と私」解禁!
いつでも読めると思っていたら、考えは甘く
書店ですぐ手に入るのは、最近出た11巻くらいで、
あとは古書でしか手に入らないのでした。
あぁ、月日のたつのは早い。
手に入った巻からどんどん読んでます。

爆笑し、ときどきうるっとし、唖然とさせられる文鳥模様。
そこに、うちの文鳥が、横からかじかじ。
やめれ-。

いままででいちばん爆笑したのが、
「スモモ」ちゃんの足を見てもらいに病院に行って
レントゲンを撮ったが・・という場面の出てくる6巻。
しばらく笑っておりました。
これから、つらいことがあったら、このページだな、と思ってます。

それにしても、小鳥を病院に連れて行くのは大変そう、
ちょっぴり今から憂鬱です。
キャリーになじませるべく、餌を置いておくと
休みの日に愛車の掃除をしている人みたいに
うきうき首をつっこんで中に入っていくので、しめしめです。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村




2011.04.14  あかるい日の歌 


きのう、お昼頃の中央線に乗ったら
節電のため車内の明かりが消えており
車窓の向こうの、晴れた景色の明るさがくっきりしていました。

地震後、しきりに祖母のことを思い出します。
関東大震災の話を聞かせてくれたから
お店や駅や電車の中の「仄暗さ」に祖母の家を思い出すから
これから日本はどうなるのだろう?
そんなことを考えてしまうとき、
「昔の村へたしかめにいく」そんな気持ちになるから。
理由はいろいろありそうです。

今月7日に亡くなられたというニュースを見て
本棚から岸田衿子詩集「あるい日の歌」を出してきました。
大切な本です。
暗さの中で、あらためて気づく「明るさ」。
電車の窓から、大好きな場所をさがすように、
頁をめくりました。

P4140085_convert.jpg


関連記事 in my blog: 花のそば,  昔の村へ たしかめにいく


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2011.04.12  ぎん色いろ色ーふわふわ はらはら 


文鳥の換羽の季節になりました。
うちの文鳥は成鳥に向かうはじめての換羽で、
大部分のヒナ毛が抜けていきそうです。
飼い主は、抜け落ちたそのちいさな、ちいさな羽を
捨てられず、つい拾ってはながめたりします。
桜の花びらよりずっと小さくて、
ふわっと飛ばすと、ゆっくりゆっくり空中を浮遊します。

白文鳥の「中ヒナ」は
真っ白じゃなくて、灰色の羽が混ざってます。
きっちり白だけではないから
かえって軽やかで、ふわふわに見えます。
絵画でいえば、クロッキーだとか、デッサンみたい。
そのままでもいいよと飼い主は思ったりします。

地震があるたび、文鳥はひょーっと細くなってあたりを伺い
こちらをとがめるように見て首をかしげます。
揺らしているのはわたしじゃないっ!

今朝は、通勤途中に地震。
ちょうど四谷のトンネルのあたりで
あちこちの携帯から、緊急地震警報のアラームが鳴り出しました。
「ひぃー、はやくトンネル抜けてー」
・・・・・
トンネルを抜けるとお堀端にしばらくつづく桜並木
満開の花がはらはら散り始めていました。

P3044588_convert.jpg
(この画像では、羽をふくらませて「ふくら文鳥」になってます。)


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





2011.04.07  ユメノスケのこと 


FC2のサーバーメンテナンスがあったそうで、
ブログが見られなくなったり、プラグイン部分が消えたり
なんだかあわあわしてました。
今朝みたら、プロフィールが初期化していて、
「FC2ブログにようこそ」になってました。
「ユメノスケは当家三代目の金魚で・・」
というようなことを書いてましたが、
ちょうどいいので、書き変えることにしました。

ブログの書き手が飼っていたユメノスケという金魚は
もういません。ユメノスケとコンビだったサスケも。
尾びれが天女の羽衣みたいにきれいなユメノスケと
全体的に黒色が多くて、忍者みたいなサスケ・・
と思って名前をつけましたが
だんだんどっちがどっちかわからないくらい、
どこにでもいそうな、よくある感じの金魚となりました。

うちに来たばかりのころは、まだチビっ子で
すばしっこく元気に泳ぎまわっていました。
藻の間ですいすい追っかけっこしていると、
笑い声が水の中に溶け出しているような気がしたものです。
金魚の眠っている姿はかわいいです。
これぞ中性浮力だけど、ちょっぴり下向きで
うつらうつら揺れる感じ。

原発事故で、海に放射能汚染水が流されました。
魚は、笑ったりしない。
笑うことができるのは人間だけだと
「もりへ」という絵本の中で動物たちはうらやましがりました。
だからこそ水の中に溶け出すなら、笑い声がいい。
かつてユメノスケたちのいた日常を思い出しながら
考えたりしています。

*このブログは当初、空飛ぶお城yumenosuke7というタイトルでした*

関連記事 in my blog: natsuno7登場  また もりへ  金魚のなまえ


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2011.04.05  ぎん色いろ色ーゆっくり育てばいいー 


先日、飼い主がパソコンの前に座るや否や慌てて飛んできて
いつものようにキーボードに降り立りたった文鳥が
尋常ならぬ鳴き声をあげ、もがき出しました。
着地の時に、キーとキーの隙間に爪がひっかかって抜けなくなっているのです。
動転している文鳥は、救出しようとする飼い主の手をガシガシ攻撃してきます。
「ちょっと待て、暴れないで、やめれ、骨折するー」
・・・大騒ぎでした。
さいわい怪我はなかったものの、飼い主は深く反省して
クルックルックレラップ♪のクレラップで、キーボードをつつみました。
(あんまり解決になってない?)

ラップされて、光るキーボードを
文鳥が細くなって遠巻きに眺めているので
しめしめと思っていたら、
しばらくするとまた、おっかなびっくり
つるつる滑りながらキーボードにあがってきました。
・・ただ、遊びたいだけなんだね。
ゆっくり育てばいいー♪
でも、そのつるつるしているのも、危ないかも・・。
と言いながら、ニンゲンはニンゲン自身の安全確保のため、
ネットでヘルメットを探しておりました。

下の写真は 出勤途中にデジカメしたサッカーミユージアムのたれ幕です。
真ん中がハートのサッカーボールが、
まぶしい朝の光にはえていました。

P110405S.jpg



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





 Home