空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2010.10.29  宇宙のみなしご 


uchunominashigo.jpg
宇宙のみなしご (角川文庫)
(2010/06/25)
森 絵都

主人公の飯島陽子は中学2年生、
ひとつ違いの弟リンと小学生の頃から
暇な(さびしい?)時間をやり過ごすため、
自己流の遊びを編み出しては、夢中になっています。
最近二人がはじめた遊びは「屋根のぼり」
夜中にこっそり、よそのうちの屋根に夜中に上る・・・
「宇宙の暗闇に飲み込まれないように・・・
頭とからだの使い方しだいでこの世界は
どんな明るいものにも、さみしいものにもなる・・」

そうはいっても、明るいだけがほんとうではないし、
キモチをまぎらわせられたからといって
さびしくないということとは違う・・
と、大人の読者であるわたしは思ったりもします。
主人公の飯島陽子はこれからも生きていく途中
いろいろ壁にぶつかるに違いありません。
と・・・もっともらしく大人に言われるまでもなく
「いちばんしんどい時はだれでもひとりだと知っていた」
屋根の上で陽子はそう思いながら仲間と手をつなぎます。
宇宙の暗闇の中で、あたって砕けて
とてつもなく暗く、さびしいとしても、それは自分だけではない。
そのあたたかさとぬくもりが
「宇宙のみなしご」たちのパワーなんだな思うのでした。

「つきのふね」に似た雰囲気ですが、状況はもう少しマイルドで、
その分、「彼ら」の痛みに周囲の大人たちも鈍感です。
自暴自棄と紙一重のところで、「可能性」にかけようと思う
チャレンジ精神がふつふつとわきあがってくる
森絵都の小説にはそういう瞬間がたびたび出てくるような気がしますが
「宇宙のみなしご」の主人公が
「遊び」と自嘲的に言わない「夢中」をみつけられるといいな
と、つい老婆心が先走って行ったりするのでした。

関連記事 in my blog: つきのふね


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2010.10.28  楽器の動物園 


クインテットでときどき歌われている「楽器の動物園」
ラストはコントラバスが「白鳥」を演奏するもの、と思っていたら
その日は、チューバ登場。
同じフレーズを2回ばかし、静かに吼えて(歌って)ました。
これ聞いたことがある・・・でも曲名が・・
新世界じゃないし・・夢路よりじゃないし
音楽の教科書にでてくるような・・
なんだっけ・・
ずっと引っかかっておりました。

それが、今日お昼を食べているとき、突然出てきました。
ドビッシーの「亜麻色の髪の乙女」だ!
あぁ、すっきり。
でも、なんで思い出したのやら。
食べてたのはチャーハンなのに。
チューバーの音色と、動物の組み合わせで
牛がいっぱいいる草原が思い浮んで、乙女からは遠かった・・。
あっ、でもチューバは牛じゃなくて、ライオンのシルエットです。
・・・なるほど亜麻色の髪。
するとコントラバスはなんだったんだろう。
こんどちゃんと見てみなきゃ。
他にはどんな楽器の動物がいるのかも気になります。

関連記事 in my blog: ちょっとってどれくらい?


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2010.10.22  動物園にできること 


NHKで最近までやっていたアニメ「ペンギンズfrom マダガスカル」は
ニューヨークの動物園の話でした。
一口にNYの動物園なんて言っても
Bronxに、Central Parkに、Queensなどなど、動物園はあちこちにあるのだとか。
最近、そんなアメリカの動物園事情に関する本を読みました。

「動物園にできること」
「夏のロケット」の著者が、今を去ること10年前、
アメリカ各地の動物園を、さまざまな切り口で取材している本です。
だから、「ひと昔前」の話なのだろうと思います。
今はどうなってるのか、わからないですが、
読んでいるとだんだん、自然保護・・って何なんだ?
と頭の中がぐるぐるしてきます。
動物を守ることと、人間の暮らしを守ることの優先順位は?
絶滅に瀕しているいろんな生き物の中から
えりすぐってその生き物を保護する理由は?などなど。
もうやめ!と本を投げ出したくなること数回
檻の中を行ったり来たりしている
「いらいらシロクマ」のキモチになっていったのでした。

アニメのペンギンズに話を戻しますと
頭脳派のコワルスキーが作った
科学の力で恋の相手を見つける機械・・なんてのも出てきてました。
実験台にされたカワウソガール・マリーンは
すぐ近くに、「ぴったり」のカワウソボーイがいたのに、
「なんか違う」リスボーイと恋に落ちなきゃいけなくなっていて・・。
繁殖のお手伝いなんて、動物にしてみれば相当迷惑な話なのかも。

ほんとうに複雑な気持ちです。

動物園にできること (文春文庫)
(2006/03/10)
川端 裕人

関連記事 in my blog: ザ・ペンギンズ,  夏のロケット

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2010.10.21  鈴懸のお菓子 


最近、ミニサイズのどら焼きみたいなお菓子を食べまして、
そのサイズといい、もちっとした食感といい、甘さといい
なんかすごく美味しい!
お店のなまえは??とがさがさ、包み紙をもう一度見ると
鈴懸の鈴乃
そういえば・・
福岡なら、鈴懸という和菓子屋さんがお勧めだよ
と、以前ともだちが教えてくれていた・・
気がする・・と延々携帯の受信メールをたどったら
まさに!・・でした。

その鈴懸のサツマイモを使った「甘芋」というお菓子が
NIKKEIプラス1の「何でもランキング」の
「秋を満喫 さつまいもスイーツ」で紹介されていました。
すごく食べたい。
新宿の伊勢丹でも買えるそうだ、そうか、そうかと行ってきました。
結果・・「甘芋」は売り切れで買えなかったのですが
これも秋を満喫できるだろうと買った
「栗きんとん」も美味しかったです。
デジカメする前に食べちゃったので、写真はないのですが
葉っぱにのった風情も優しい。(やさしかった)

下のような竹の行李で贈り物できるのも、いい感じです。

suzukake.jpg

関連記事 in my blog: 山の贈り物


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2010.10.18  そら、にげろ 


soranigero.jpg
そら、にげろ
(偕成社 1978/11) 
赤羽 末吉

犬に吠えられびっくりしたら、なんと、
着物から千鳥の柄が、逃げ出してしまいました。
これは困った。
旅人と鳥の追っかけっこが始まります。

文字は最初と最後にちょっとだけの、絵で楽しむ絵本です。
追いつ追われつするうちに、
たわわに実をつけた柿の木に遭遇。
鳥たちは柿の実に夢中です。
で、旅人は・・とみると、こちらも柿に夢中。
どちらも追っかけっこのことなんて忘れています。
そんな調子の鳥と旅人
ほっとくと柿の実を全部食べられちゃいそうだと
サルがやってきて、背景を秋から、冬景色に変えていきます。
また飛び立っていく鳥たち
まろびつ転びつ追いかけて、ついに雪の崖路から転げ落ちた旅人を
逃げているはずの鳥たちが戻ってきて助けています。
旅人が起き上がると、また追っかけっこ再開。

雨の日も風の日も、雪の日も続く追っかけっこ。
そして桜吹雪の春の日に
渦巻き模様をいっぱいつけて
向こうからやってきたのは?
春夏秋冬、その季節ごとの旅人と鳥たちに
会いに行きたくなります。
今なら、柿の木の下にいる頃。一緒にのんびり柿を食べたいところ。
仕事に追われる冬景色を持って来る
サル来るなよ、まだ来るなよぉ、なんて思いながら。

関連記事 in my blog: だいくとおにろく


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.10.17  上村松園展 


「上村松園展」
11月に京都へ行く予定があるので、京都で見たいキモチでしたが
京都ではそんなに時間がとれそうになく
仕方ない東京で・・と会期を調べたら17日まで!
慌てて金曜日に見てきました。
竹橋の駅からすでに「人が多い」
チケット売り場に人が並んでいる・・・
一人だったらくじけそうだったのですが
人と一緒だったので、なんとか中に入りました。
くじけなくてよかった。

美術館の前にあった看板をデジカメしました。
いかんせん夜なので、暗いですが、
この絵はとても好きでした。
子供を抱いている女性のしぐさが、なんともやわらかで
いい香りがしてきそうな、夏の絵です。
他にも、虹を見ている、蛍を見ている
べっ甲の櫛を透かして見ている
雪を見ている あわせ鏡で髷の具合を見ている
などなど、美しいものを見ている姿の美しさを見る感じでした。
また絵の中に数人の人が描かれる絵がわたしは好きでした。

京都生まれの画家とあって、
ミュージアムショップには一保堂のお抹茶などなど
京都のお店の品々が並んでいました。
あぁ、やっぱり京都で見たかったかなぁ。
京都でしか見られない絵もあります。
京都は近代美術館で11月2日から始まるそうです。

shoen.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2010.10.15  じかきむしの ぶん 


jikakimushi.jpg
じかきむしの ぶん (こどものとも絵本)
(福音館書店 2008/04/30)
松竹 いね子

「ぶん」というのは、じかきむしの幼虫の名前ですが
「じかきむしの文=おはなし」
「じかきむしの分=葉っぱ?」
とも読めちゃうところが、楽しいと思うのです。

なにしろ絵がかわいいので
「そういえば、朝顔の葉っぱにこんな模様ができることがあったけれど
虫だったのだ ひぃ?」
と思う気持ち半分、いとしいキモチ半分。
じかきむしくんは
せっせとよく食べ、よく成長して、すくすく育ちます。
でも、あまりに小さいので、絵本の下の方にワイプで拡大されてます。
そしてお月様が三回痩せたり太ったりしてる間
よおく眠って
「ぶん」と葉っぱから飛び出していきます。

現実というものはね・・
なんてつい言いたくなる大人ですが
そうはうまくいかないとくよくよしているみたいにも見える
紆余曲折の葉っぱの模様から
元気に飛び出していくぶんをみると元気が出てきます。

ええと・・ええと・・コホン
それで・・何が言いたかったかというと
おかげさまでブログが今日で、2年を迎えました。
興味があっただけで
まったく何にも知らない絵本の世界におずおずとやってきて
なぜかいろいろ虫たちにも出会い、
虫嫌いを「見直して」みようかと思ったりする今日この頃です。
いつもながらのご挨拶ですが、
ときどき見に来てくださる方、たまたま寄ってしまった方も、
心からどうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
「ゆめのすけの文」も、いろいろ、もぐもぐ吸収しながら
成長したいなと思っております。金魚

関連記事 in my blog: かえるくんとけらくん


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.10.14  13歳の沈黙 


13nochinmoku.jpg
13歳の沈黙 (カニグズバーグ作品集 9)
(岩波書店 2001/11)
E.L. カニグズバーグ 作  小島 希里 訳

宇宙って・・と考えることは、
「森の奥で倒れる木の音を聞く」をうんと遥かかなたに延長させたような。
・・誰も見ていないし、誰も聞いていない事実。
「13歳の沈黙」という小説の中にも
「森の奥で倒れる木」というエピソードがでてきました。
哲学的な背景のある喩え話だそうです。

もちろん、「森の奥で倒れる木」の音を聞くことだけが真理を知ることではないし、
倒れる=傷つくという意味もケースバイケースで、
「ほんとう」のことと、「ほんとうであって欲しいこと」と
「ほんとうだとは思いたくないこと」の
どれを「ほんとう」と呼んでいるのか、よくわからなかったりします。

原題は、Silence to the Bone
知覚過敏で冷たいものが歯にしみるような、痛い感じ。
「クローディアの秘密」の著者の小説なので、面白いかなと思い読み始めましたが
全体的には、どうかなぁという感じでした。
はたして思春期の男の子のココロを
「女性の頭」で理解できるものなのか。
結局「ほんとう」って何?という疑問の堂々巡りが始まります。
わたしが共感できたのは、主人公の少年の姉マーガレット。
彼女の言うところの「象牙細工の贈り物」の話は
シニカルで、ユーモアがあって、
でも、感覚的に「ココロの傷」として理解できるのでした。

関連記事 in my blog; クローディアの秘密


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.10.08  スター・レッド 


川端裕人の「夏のロケット」の主人公は、
どこへなりともロケットが飛ばせればよかったわけではなく
火星に行きたいヒトでした。
太陽系惑星の中で、もっとも生命体がいる可能性が高い。
レイ・ブラッドベリの「火星年代記」の話もちらっと出てきます。
「火星年代記」のはじまりは、1999年1月、「ロケットの夏」
ちょうどこの本が書かれたのと同じ頃だし、タイトルも似てるから
作者の思い入れが深いのかな。
2003年の火星大接近は、もう7年前。
SFの古典を読むときは、頭の中で年号をずらさないと・・・と思ってたら、
早川書房刊、ブラッドベリの「新版 火星年代記」は
1999年を2030年にずらしているそうです。

火星と聞くと、読み返したくなるのが、萩尾望都の「スター・レッド」
地球在住、第5世代の火星人、
向かいっ気の強い少女「セイ」と
「滅んだ星」の生き残り、「エルグ」という男との、なんとも切ないお話。
むかし読んだときは
火星人のセイという少女が故郷の火星を思うキモチや
エルグのラストがあまりにもカナシイと思ったけれど、
今は受け入れられる気もします。
20年後2030年に人類は火星をどんなふうに見上げているのかしら。

スター・レッド (小学館文庫)
(1995/04)
萩尾 望都


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2010.10.07  夏のロケット 


夏に読もうと思っていた本をようやく読み終えました。

「20世紀も終わろうとしている現在・・」というような文章が出てきて、
あれ、今って21世紀・・とフツーに思う・・
21世紀も早10年が過ておりました。
1998年出版。
まだ同時多発テロもリーマンショックも起きていない、
21世紀がもうちょっと未来だった頃
高校天文部のOBが集まって、本気でロケットを打ち上げるという話です。

ロケット燃料のことも、なにも全くわからないわたしが、
何よりも印象的だったのは、ロケット作りにはものすごく費用がかかるということ。
しかも失敗したら、それがみんな燃えるということ。
浪費、徒労、ばかばかしい・・などなどの言葉がふわふわと浮くような。
歴史を振り返って宇宙開発に予算が投入される背景は??
ロケットとミサイルの違いは?
なんて話も出ておりました。
それにしても、
どれだけ予算を削られても、「打ち上げたい」という欲求が
どこに走っていくかわからん・・という感じは怖いものがあります。

小説の中では、莫大な資金調達できるのが、
人気者のミュージシャン(天文部OB)。
「そんな好都合な話があっていいのか」
とはいえ、ロケットのことなんか全くわからないわたしでも
ふんふんと読んでいけるわかりやすさもあって、面白かったです。
きっと、宇宙は小説より奇なり。
これだけ地球の環境変化が激しくなってくると、
宇宙開発は予算削っちゃいけない重要事項なのかも・・
ともかく50年後、100年後を生きる人たちの未来は、
今現在の延長線上にしか存在しないなぁというようなことを
考えるのでした。

夏のロケット (文春文庫)
(2002/05)
川端 裕人


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




 Home