空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.09.29  土のチカラ 


同じく東京都現代美術館で、10月4日(日)までの
伊藤公象・秩序とカオスも見てきました。
展示されているのはメアリ・ブレアの世界とがらっと変わって
土を使った造形作品です。
入った瞬間はやや頭の中がくらくらしていましたが、
広い空間に、広がった「アルミナのエロス」と題された
雪景色の町を俯瞰するような作品や、
中庭を使って、展示されている「土の襞、踊る焼凍土」の
温度がそのまま残っているように感じられる作品
「JEWELの襞」という、瓦礫のようだけれどところどころ
オパール色に光る作品などなど、
見ているうちに、だんだん心が安らいで
解放されるような気持ちになってくるのでした。
庭に展示されている作品は雑草や虫たちとも共存しています。
カマキリが一匹、作品の中に紛れ込んでいました。
土をいろいろな方法でいろいろな姿に変えて構成された作品は、
人工的な世界であって、とても自然に感じられるのでした。
これだけの大作をこんなにたくさん、広い空間で
見ることができる機会に恵まれたのは幸運でした。

土のチカラ
(マウスをのせると、中庭の別の作品の画像が見えます)


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2009.09.28  メアリ・ブレア展 


東京都現代美術館へメアリー・ブレア展を見に行ってきました。
ともかく・・・混んでました。
見終わって出てきたときには、チケット購入20分待ちの表示が出ているほど。
会場内のグッズ売り場のレジに並ぶ列もすごくて、
渡り廊下の方まで、ずらっと続いていました。
あきらめて、外に出たら、絵葉書やカタログなど
ミュージアムショップで売っているものもありました。

「果たしてこの世に、
『ものすごい混雑の中で見ると、よりいっそういいよ』
というような絵があるのだろうか!いや、ない!」
・・・などと言っていても仕方ないので
一生懸命、背伸びしたり首をのばしたりしながら、見てきました。

いちばん見たかったのは、やはりディズニー映画のコンセプト・アート
「ふしぎの国のアリス」「シンデレラ」「ピーター・パン」の原画。
お城の広間のとてつもない大きさを感じさせる
シンデレラの原画の遠近感が面白いなと思いました。
アリスでは、三月うさぎと帽子屋のお茶会のテーブルに
ずらっと並んだ、カップやポットは今にも踊りだしそう。
他に、「ファンタジア」の続編になるべく用意されていたという
赤ん坊たちのバレエの絵が面白かったです。
あと一週間、10月5日(月)までです。

ふしぎのくにのありす
ふしぎの国のアリス (ディズニーストーリーブック)
(講談社 2009/07/01)
メアリー・ブレア



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2009.09.27  ラフレシア 


文楽のテンペストの主人公は阿蘇左衛門、
筑紫大領と弟の謀略により、娘の美登里と島に流されてしまいます。
九州からさらに南の島は、亜熱帯らしく
背景には、ピンクの花が咲き乱れていました。
そして、ラフレシアの赤い花の絵も!
先日、大阪の「咲くやこの花館」
見てきたばっかりの「世界で一番大きい花」。
・・・と言っても、見て来たのは標本で、やや恐ろしげな色合いをしていました。

「咲くやこの花館」は熱帯植物好きなら是非一度・・と思う、
おすすめの植物園です。
わたしが行ったときは、夏休み真っ只中だったので、
食虫植物が虫を捕まえるところを実際に見せてくれるイベントがありました。
雨に流されやすく養分の補給が難しい熱帯雨林だからこそ
こんな非常手段に出る植物が登場したそうです。
とはいえ、虫を食べると、植物はけっこうぐったり疲れるのだとか。
深く考えずに納得して、その話を人にしたところ、
「じゃあ、食虫化しない他の植物はどうしてるの?」
と聞かれ・・うぅん、やっぱり科学的思考って、納得することより、
疑問をもつことにあるのかも・・と思ったのでした。
うつぼかずらの仲間で、ネズミすら食べるというサイズの大きいのもありました。
ここまでくるとさすがに「ほんとうに非常手段か?」という疑惑がふつふつと。
ともあれ熱帯雨林全体が食虫化したらえらいこっちゃですが、
将来的に、植物が人間を「非常手段」に選ぶ日が来るやも・・・
ラフレシアも寄生植物だそうで、なんとも熱帯植物は摩訶不思議。
この花の標本は上野の科博や、京都の植物園にもあるそうです。
ちょっと怪物風、アリスに出てきそうな花です。
こちらは、温室の緑の風景です。

onshitsu.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.09.24  テンペスト 


妖精エアリエルならぬ「えり彦」が出てくる
文楽の「テンペスト」を見てきました。
シェークスピアの中では、「冬物語」と「テンペスト」が好きです
お先真っ暗の悲劇でもなく、陽気すぎる喜劇でもなく、
どちらかといえば笑えるけれど、かなしさもあります。
それでも、乗り越える・・という明るさに励まされます。
文楽用に書き直すのはとてもたいへんだったとパンフレットにありましたが、
すっとはいってきて、ストンと感動できました。
途中笑いが起きる場面もたくさんあって楽しかったです。

なんといっても文楽。
どんなお人形で出てくるのだろう・・とわくわくします。
その「えり彦」は羽衣をまとっている風情。
登場するときは太棹じゃなくて、琴の音でキラキラ感を演出してます。
う、空気の精ともいわれるエアリエルのイメージとは・・
ち、違う。でも、「えり彦」といわれれば、
「そ、そうね・・」と思えるかもです。
エーリエルはプロスペローに遊ばれているような、
頼りなさがありますが、
「えり彦」は・・・荘厳。正倉院にいそう。
パンフレットにもありました。
「妖精」というもっとも日本ぽくない存在が困るんだと。
「えっ、白鳥?ペリカン?」っという謎の鳥風な妖精も登場しました。
「飛ぶもの」をお人形で表現するというのは
やっぱり至難の業なんでしょうか。
一瞬かわいげがあるけど、
「やっぱりダメじゃん」なキャリバンは、納得の青鬼風でした。
(お人形を紹介している国立劇場のページはこちら)

太夫さんと三味線の人の裃が
アクアスキュータム風チェックに見えてしまったり、
なんだ、どうなってるんだ?という魔法にかかったような感覚が
舞台をはみ出して、
あちこちに影響を及ぼしているように思えてくるのも面白かったです。
ミランダは美登里に、ファーディナンドは春太郎・・?
この二人は国が変わろうが、名前が変わろうが、もう恋まっしぐらなので。
(何もいうことはない・・)
そして、ラスト。
一人スポットライトを浴びるプロスペローの姿に感動するのでした。
数年前、文楽にはまってましたが、また次も見てみたくなってます。
12月の東京公演では、八百屋お七が見られるそうです。

テンペスト


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.09.09  闇の力 灯の力 


chochin2.jpg
大阪、京都、名古屋と3日間で植物園を3つ回る・・・
「そこに植物園があるから・・・」
というような意気込みで、出かけたのですが京都では月曜日休館。
京都っ子の友が「子供の頃、植物園でお月見をした」
「まるで秘密の花園のようだ・・」
などなど、太鼓判をいくつも押すので「きっとまたいつか」と思うのでした。
お月見かぁ・・・。
夏になると、「夜の動物園」のポスターをあちこちで見かけますが、
昼でも不思議空間の植物園は夜だとどんな感じなのでしょうか・・・
特に温室。異空間への入り口がぽっかり開いている・・やも、なんて。

夜の植物は、闇が休ませてくれるもの、闇が蓄積してくれるもの、
闇の中だからしっかりと根付くことができるものを感じさせてくれるような気がします。
とはいえ闇の中は方向感覚があやふやになって道に迷いやすい。
友と暗い「糺の森」を抜けて「下鴨神社」に行くのはスリリングでした。
怖がりつつも、素足にサンダル履きだと、砂利が入ってくすぐったいため、
「えへえへ」している妖怪な自分・・・。
そして闇の中に浮かび上がる朱塗りの世界遺産。
そのたたずまいになんともシンと心を打たれました・・・。
そのあとは「昼行燈」*というカフェへ。
「夜の昼行燈とは、これいかに?」
静かにジャズの流れる、居心地のいいカフェでした。
マスターが祇園祭の神輿渡御の話しをしてくれました。
祭りのクライマックス、それまでのざわめきが静まりかえり
深い闇に包まれるのだそうです。聞いているだけでもドラマチック。
あれこれ闇と光の力について・・・思う京都の夜でした。

*CAFE昼行燈は、Kyoto Corgi Cafeの記事にリンクさせていただきました。

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 Home