空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【7件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.08.30  月の裏側 


柳川は北原白秋のふるさとで、船を下りてすぐの場所に記念館があります。
その昔は造り酒屋だったという生家は立派なものでした。
白秋のイメージはどちらかというと南蛮風だったのですが、
柳川はむしろAsian Beautyな町でした。

柳川に行ってみたかったのは、数年前に読んだ
恩田陸の「月の裏側」に似た風景が出てくることもありました。
怖いお話。
柳川の明るくてのんびりした風景を実際に見てから
この小説を読むと逆にもっと怖いかもしれません。
白秋の「思い出」の中の「敵」という詩を思わせる小説です。

酒倉のかげをゆく日も
町の問屋に
銀紙を買いに行くときも
うつし絵の手の甲に捺し
夕日の水路見るときも
ただひとりさまよふ街の
いづこにか敵のいて
つけねらふ つけねらふ 静こころなく


通りすがりの観光客であるわたしは
ただのんびりと平和で美しい風景を堪能してきました。

月の裏側 (幻冬舎文庫)
(2002/08)
恩田 陸




関連記事 in my blog: 夏の水郷

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2009.08.29  夏の水郷 


yanagawa1_convert.jpg
時間はちょっと後戻りして、福岡に行った週末、
天気もよかったので柳川で川下りを楽しんできました。
西鉄天神大牟田線の薄荷色の電車が涼しげ。
とはいえ、太陽がさんさんと照りつける真夏日。
柳川の絵になる風景は、映像や写真で見ていました。
実際に見るほうがずっときれい。
舟はいくつもの橋をくぐっていきますが、
そのうちのいくつかの橋は身をかがめないとくぐれません。
伏せろ!の状況で船頭さんが歌声を響かせます。
大きな橋の下はトンネルみたいなのでエコーがきくのです。
なんか楽しい。
のんびりねそべっている石の河童にも遭遇。
熱中症防止の「保冷剤」が配られるほどの暑い空気も
空の青さと堀の水と木々の緑がきれいで気持ちよかったです。
5月は菖蒲の花も見られて川下りの船もたいそう混むそうで、
もう連合艦隊状態なんですよと船頭さんが言ってました。

関連記事 in my blog: 月の裏側


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.25  「乱歩・白日夢」 


池袋・・といえば、江戸川乱歩より、
石田衣良が思い浮かぶなぁと
思いながら、熱気と湿気にみちた
西口公園⇔ウェストゲートパーク、を抜けて、芸術劇場へ。
吹き抜けに野田秀樹の像がどーんと大きな垂れ幕になって揺れているのを
「・・・・・・」と眺め、(芸術監督に就任したから?)
エスカレーターで下った小ホール。

結城座の提灯が明るく灯る入り口を抜け、「乱歩・白日夢」を見てきました。
とても混んでいて、キャンセル待ちのお客さんもいました。
子供の頃はそれはそれは、怖かった乱歩ですが、
少しぼんやり見てしまいました。
江戸写し絵は思ってたよりキッチュでした。
障子に映して見る方が凄味があるかもしれません。
回転木馬に一頭だけ残っている木馬が、
人間たちの愚かしい世界をのぞいています。
操っている人形遣いの人の声がかわいらしいので、
木馬は小さな子供にもみえます。
あやつり人形とは思えないきれいな姿でギャロップしてました。
八百屋おしちと、人形遣いの人の会話も不思議。
最初どこかから女の人の声をかぶせているのかと思ったら、ほんとうに「一人二役」。
(乱歩のこのタイトルのお話も劇中に登場します)
そしてこのお芝居でも、大の男が、しかも明智小五郎が
小さな人形と差し向かいで酒を酌み交わしたりしてました。
この図がなんともわたしは好きなのです・・・。
木馬やおしちもそうですが、人形たちはちょっぴり人間を面白がっているようにも
哀れんでいるようにも見えるのでした。

なにしろ蒸し暑い日で、いろいろ考えがあちこちに散ってばかり
江戸川乱歩のお話だというのに、
三浦哲郎の「木馬の騎手」という短編のことを思い出したりしていました。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2009.08.24  ブーアの森 


bua.jpg
ブーアの森
(エフエム東京 2002/04/19)
せがわきり 文 忌野清志郎 絵


週末に忌野清志郎ファンの友に誘ってもらって、
原宿のラフォーレで、「個展 忌野清志郎の世界」を見てきました。
すごく面白かったです。
ステージ衣装が、帽子やアクセサリーとセットで
ボードの上に並んでいるのもひとつの大きな作品みたい。
どの衣装にも必ずついてくる生き物みたいなブーツが、
カワイイ感じでした。(アップリケつき)
だから、ステージであんなにぴょんぴょん高く飛ぶのか・・と思える
会場で映している映像の中に、映っている衣装もありました。

個展は本人が計画していたそうで、
ほがらかで楽しい雰囲気に満ちていました。
絵も素敵でした。娘さんがギターをもって
こちらを見ている油絵がすごくいいです。
絵本の原画が何枚もありました。
「ブーアの森」の原画もありました。
森で出会ったブーアと男の子が
なぜにいったんさよならしなきゃいけなかったのか。
きっとまた会えるといいね、と思えるお話。

おなじく原画が展示されていた「おとうさんの絵」も
どんな絵本か読んでみたくなってます。
聞こえてくる音楽も、
絵もあまりにも生き生きしているから
彼がこの世にもういないなんて
とても信じられない気持ちになるのでした。
ラフォーレミュージアムで、9月13日までです。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.08.23  図鑑の中の風景 


shokubutsuzukan.jpg

小学館の学習図鑑シリーズは、わたしが子どものころ、
すでに古びた感じのする図鑑でした。
今となっては、もうレトロな古い絵の図鑑で、
たとえ図書館の棚にあったとしても
子供の学習用にはあまり役に立たなさそうです。
でも、開けば絵本を見るように懐かしい。
「気象・天文の図鑑」「保健・人体の図鑑」などなど、
特に勉強するという気持ちではなく、好奇心からあれこれ覗いたものでした。
心に焼き付いている印象的な「絵」がいくつもあり、
「植物の図鑑」の中で、オオオニバスに
女の子が乗っている絵もその一つでした。
このオオオニバスが福岡植物園の温室にありました。
子供のころは、人を乗せてもびくともしない巨大植物を、
まるで怖いものを見るような気持ちで眺めていましたが、
温室の池に浮かんだアマゾン川の水生植物はのどかで、
ユーモラスな感じ。
元気に青々した葉を水に浮かべていました。

福岡植物園の温室は、とても広々しています。
中にはいくつも池があってカメが日向ぼっこしていたりします。
ガラスの天井と熱帯植物に囲まれていると
トロピカルな楽園気分が盛り上がって、楽しかったです。
今年の夏は、他にも大きな温室のある植物園を2つ訪ねてみようと計画中です。

オオオニバス
(マウスをのせると図鑑の中の絵が見えます)


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.08.21  モリゾーのいる場所 


氷といえば、天神で、抹茶ミルクのカキ氷を食べました。
ともだちおすすめの古蓮というお店
登場した氷を見て、あっモリゾー・・
わたくしめの体温の熱帯化をくいとめるべく登場した美味しいモリゾーでした。
冷え冷えモリゾーの涼しい画像もお見せしたいところですが、
あまりにもピンボケだったので、植物園の熱帯植物の画像裏にてひっそりと。
P8162649_convert_2009.jpg
クリックすると・・・います。)
福岡植物園は、広くて、せいせいするところでした
薄緑の光を透かすゴーヤのトンネルがあったり、
goya.jpg
ひまわりの群落があったり。
himawari.jpg
いろいろな樹の生垣の小道を抜けて、ゆったりとした夏の時間が過ぎていくのでした。


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.20  気持ちよかー 


fukuokapen.jpg

福岡に行く用事がありまして、ついでにあちこち遊んできました。
まずは、巨大温室見たさに福岡植物園へ。
たった400円で動物園と両方楽しめちゃうのです。
入ってすぐの看板で確認したら、ひ、広い。
めざす温室にたどりつくまでは
えっちらおっちら急坂を上り続けなきゃならんのです・・とのこと。
なるほど楽園は高いところにあるのね・・。

いきなりくじけつつ、魅惑的な冷気のシャワーを噴出している、
休憩所にふらふらと寄っていくと、ペンギンプールの看板が。
おぉお、久しぶりのライブペンギン。
外のプールに出ているフンボルトペンギンは、暑さにも負けず元気。
大きなトンボがすいっと、水面を飛び回るのを、何匹かで
ばしゃばしゃ追っかけまわしておりました。
本気で、トンボと戯れるペンギンを目の当たりにして、ちょっと感動。
ペンギンたちはアームバンドならぬウィングバンドをつけていて、
この色で、誰が誰やら、わかるようになっていました。かっこいいぜ。
冷房の効いた室内にいるキングペンギンは呆然としてました。
ガラスのこっちと、向こうはあきらかに温度が違うけれど
お互いに「あ゛ぢー」とうなずきあうこと暫し。
途中で氷の塊が差し入れされていて、いいな、いいなと思ったのですが、
キングペンギンは「う゛?っ」と、なおも暑そうでした。
フンボルトペンギンの涼しげな泳ぎ姿をご覧あれ。
クリックすると大きくなるので、いっそう涼しいかも。

関連記事 in my blog: とんぼつりペンギン


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.19  吸い取られた魂たち 


神奈川県立近代美術館で「画家の眼差し、レンズの眼」を見てきました。
幕末の人がガラスにぼおっと浮かび上がっているのは
確かに「吸い取られた魂」のように見えました。
デジカメになってから、すっかり忘れていたネガフィルム、
のぞきながら、これ焼き増ししてね、なんて頼んでいたころもあったなぁ。
反転した世界の不思議。
写真と絵画では、伝わってくるものがまるで違うので、
同時に頭の中の別の部分を刺激されているような感覚がありました。
あるコーナーでは絵に共感し、あるコーナーでは写真に共感する・・
反発する気持ちが起きることもあります。
岸田劉生の絵が3点ありました。
果物にお猪口に・・なぜにこのラインナップ?と思うのに、
やたらに惹きつけられる絵だったりします。
ブレーンストーミングな面白い展示でした。
8月23日までなので、もうすぐ終わりです。

美術館の目の前の一色海水浴場がとてもにぎわってました。
どうせなので、ちょっといじった写真。
(赤いパラソルが強調されているのですが・・わかりにくい)

夏海

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2009.08.12  とんぼつりペンギン 


「季節限定」とか、「おまけ付」に、まんまと弱いわたし。
天然水From AQUAのペンギンフィギュア欲しさにせっせと飲んでます。
夏を満喫しているペンギンの横に、
小さなペットボトルがもれなくついているのもカワイイです。
(縮尺からいうとデカイ気もしますが。)
それであらためて、自分の手元のペットボトル・・
光にかざすと、なかなかにきれい。
水のキラキラ感と流れる感があります。
ふう、っと一息。
捕虫網持って空も飛べそうなペンギンをご覧あれ。
次はカキ氷食べてるペンギンが欲しいなぁ。

おまけペンギン
(マウスを乗せて、後姿もよく見てほしい。)


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.11  海ぼうずが出る!! 


natsuumi.jpg

逆光で撮った、夏の海はやけに静かに見えますが
実際は、照りつける日差しが熱く、しょうゆやソースの焦げる匂いが漂い
にぎやかな音楽と子供たちの歓声がいっぱい。

今年は麦わら帽子を買おうかなと考え中です。
カンカン帽みたいなのが欲しい。
ちょっと前だとレトロだったけど、今年ならかぶれそうな気がする・・・。
と思いつつも、ぐるぐるしているうちに立秋が過ぎ・・・。
それにしても、休みの日に寝そべって本を読んでいると、
ふわぁっと睡魔に襲われ、望遠鏡が時間切れになるみたいに
バサっと顔に本が落ちてくる、その時間の早いこと、早いこと。

下の絵本はたびたび「めがねうさぎ」にスルーされ、
ひどいときにはあわや天ぷらにされそうになったあの「おばけ」が、
海坊主に挑戦している話です。
「おばけ」は、けっこうがんばりやで、
帽子欲しいなぁ、とかアイスが食べたいなぁとかいいながら、
ごろごろしている人間とはだいぶ違うみたい。

めがねうさぎのうみぼうずがでる!!
(ポプラ社 2005/05)
せな けいこ



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.08.10  阿佐ヶ谷七夕 


阿佐ヶ谷七夕
(マウスをのせると 別の画像が見えます。)

阿佐ヶ谷の七夕に行ってきました。
いい感じに晴れて風もあったので吹流しがキラキラ、とても気持ちよかったです。
入り口付近はほの暗く、奥へ奥へ行くにしたがって
光と風に開けていく感じがワクワクします。
毎年、パールセンター街のあちこちから漂う美味しそうな匂いに誘惑されまくり
挙句の果てに冷え冷えビール!を発見したりすると
昼間っから、ぷはぁっといきたくなる、お祭り。

阿佐ヶ谷七夕
(マウスをのせると ハクション大魔王が見えます。)

今年は「もやしもん」の飾り発見。
ほかには「はくしょん大魔王」の天井から迫り来る感じがすごかったです。
「なみすけゴーフレット」が売られていると聞いたので
探しましたがよくわからず、
そのかわり「なみすけスタンプラリー」で
エコバックをもらってきました。


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.07  夕涼み 


きのうはきれいな満月・・・
そぞろ歩こうか・・と一瞬思いましたが、あまりの暑さにすぐ考えを変えました。
夕方になってから闇にからみつく激暑もすごいが、
日中などは外にいると「危険」を感じるほど・・・。
今日も出張に出ている人から、
枕木が発火して電車が止まったぁ
なんてメールがきてました。
とはいえ水道橋のラークアは噴水がいっぱいで、
手軽に夕涼みが気持ちいいのです・・・・
雨のように見えるのも噴水です。
目だけでもちょっと涼んでいってくださいな。

噴水

<マウスをのせるとズームします。>

ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.06  涼しさの陰影 


夜中の再放送美の壷のテーマが、夏の「京の町家」。
チック・コリアのReturn to foreverの中のCrystal Silenceが
流れているのがなかなかいい感じでした。
町家における涼しさの演出のお話しで、
この曲を使えば、確かに涼しそうに見えるよ
という気がしないでもなかったけど・・。
ふりあおぐ天窓から光が差し込んでくる感じは
夏でも冬でもきれいだろうなと思いました。

ホームページを見に行ったら、番組で使われている
ジャズナンバーのリストも出ていました。
チック・コリア以外で誰のなんていう曲かわからない
すごくいいなぁと思った曲があるので、
探してみようと思ってます。

returntoforever.jpg
Return to Forever
(1999/11/16)
Chick Corea


関連記事 in my blog: Polovtsian Dance


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.05  冷たいお水 


頂き物の冷たいお菓子がうれしい今日この頃。
そんな気持ちに似たような・・・
JRの中吊り広告でスイカのスイッピが
虫取り網をもって、飛んでます。
「谷川連峰の天然水 from AQUA」の涼しげなポスターです。
JR東日本の駅で売っているペットボトルのお水。
コピーの「冷たくされたのに、やさしくされた気がする・・」
という真夏のペンギンならではのつぶやきも
好きだぁ?
なんでも、ペンギンのフィギアのおまけがついてくるとか・・・。
下のは、自販機の側面にプリントされていたスイッピ。
よおおく見ると、麦藁帽子にはトンボがとまっています。

suippi.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.04  夏柑糖 


京都の友から、いただきものをしました。
なんと、届いたのは「クール宅急便」!
みずみずしい、夏みかんのお菓子でした。
老松の「夏柑糖」
中を開けると、さわやかな香り。
栞に寒天とあるので、蜜豆の歯ごたえを予想してたら、
ふるふるっとしたヤサシイ口どけでした。

とってもヤサシイ気持ちになれるお菓子です。
友いわく、人からもらって嬉しいお菓子・・
確かに、まるごと一個の夏みかんは、
なんだかとっても懐かしい気持ちを呼び覚まします。
新宿、伊勢丹に老松の支店があるそうです。

夏柑糖
<マウスをのせると中身が見えます。>


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.08.03  金魚のなまえ 


金魚は群れる魚なので、二匹以上で飼ってあげたほうがいいそうで。
といっても三匹以上ともなると世話が大変。
うちの歴代金魚はだいたい二匹のコンビになってます。
「夢之介」とコンビなのは「佐助」、お庭番風に黒の勝った色合いです。
天気のいい日にやってきた晴太(ハレタ)と、
雨の日に来た雨吉(アメキチ)・・というコンビもいました。
なぜかおしなべて男名になってますが
リュウ金はしっぽがひらひらして、舞い踊る感じがきれい・・金魚
♀の場合は粋な辰巳芸者のお姐さん風、江戸っ子金魚・・・ということで。

金魚つながりで、写真は、本郷三原堂のお菓子。
自分ではゼリーしか作ったことないけど・・・
こんな風に金魚を浮かせて、水草をゆらめかせるなんて
ほとんど魔法です。
しばし感動してからぱっくり食べると、水にダイブする気分・・

kingyookashi.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 Home