空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2009.02.26  My Favorite Things 


ジョン・コルトレーンの
「My Favorite Things」が聞こえている
「そうだ、京都へ行こう」っていうCMがいいんだよ、
と京都のともだちに言ったら
「ふうん・・・」とひとこと。
たしかに京都の人は、
そうだ、京都へ行こう・・とは思わないか。

そのMy Favarite Thingsのことをうたった詩が、
谷川俊太郎の
「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」
という詩集に出てきます。
元々はミュージカルナンバー。
英語の歌詞の中で、韻を踏むために並べられる
「わたしの好きなもの」は、けっこう妙なラインナップです。

脚韻てのは踏んずけると
ずいぶんひどい音がするね

きのう、その京都のともだちが東京に来て、
神保町で会いました。
ここ数年で、すっかり変わってしまった神保町。
古本から新刊まで本屋だらけのこの町ですが、
本屋だけでなく
安くておいしい食べ物屋さんもいっぱいありました。
学生時代、東京にいた友は、
ここにお気に入りの本屋さんがあって
わざわざ買いにやってきていたのですが、
あまりの変わりように、歩くのが怖い・・と、言ってました。

谷川俊太郎は、この詩の中で
好きなものが手に入ったとき、
入らなかったときのことを
うたっていますが、今この町の通りに立つと、
じゃあ、なくなってしまったときは?
と聞いてみたくなるのです。

yonakaniboku.jpg
夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった
(青土社 1975/01)
谷川 俊太郎


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2009.02.25  Our Stolen Future 


10年前は、少しでも英語の勉強になれば・・と、
原書を時間かけて読んだりしていました。
「環境ホルモン」ということばが注目されていた頃の、
「Our Stolen Future」。
けっこうな厚さですが、
冒頭から推理小説のように展開していくので、
最後まで読み通せました。
まったくの素人が、「10年前」に「英語」で読んだので、
わからなかった部分も多いのですが、
最近話題の「草食系男子」なんて、
ことばを聞いて、この本のことを思い出しました。

不思議なことに、「すずめ大減少」の記事をよんだ日に、
ヒッチコックの「鳥」みたいな夢を見ました。
鳥が大量発生して町が混乱していました。
まるで真逆です。
おかしい・・なにかがおかしい・・と夢の中で思いながら、
ともかく、なんとかしなきゃと
あがいていました。
わたしはたまたま鳥が好きだから、
鳥のことで環境が心配になりますが・・。
ねぇ、なんか変じゃない?気のせいよ・・
なんてことをやっているうちに
ものすごく怖いことにならないといいなぁ・・
と、思うのです。

Ourstolenfuture.jpg
Our Stolen Future:
Are We Threatening Our Fertility, Intelligence, and Survival?
--A Scientific Detective Story

(1997/03/01)
Theo Colborn、Dianne Dumanoski 他



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2009.02.24  それはわたしとスズメは云った 


マザーグーズの中で、
すずめが(駒鳥の)ロビンを殺したわけは、
Sparrowが、弓(bow)や、矢(arrow)と
韻を踏んでいるという、理由でした。

そのすずめが、「半世紀前と比べて1割の数に減少している」
という話題をネットで読みました。
2月3日、毎日新聞のニュースサイトに乗った記事です。
ここ数年、ツバメが渡って来なくなっているのは感じていましたが、
たとえば50年前には、身近に100羽いたすずめが、10羽しかいない・・・
これは、ずいぶんな減少です。
確かに夜が白んでくると、
いっせいに雀がちゅんちゅん鳴き出す
という感じがないのですが、
てっきり東京だからかと思ってました。
そう考えると、朝、カラスの声はうるさいほどに聞こえているのです。
将来、本の中に「すずめ」が出てくると、
「過去には数多く見られた鳥、転じて、
ありきたりなものの例えに使われることもある」
なんてわざわざ註を必要とするなんてことになるかも。

All the birds of the air
Fell a-sighing and a-sobbing
When they heard the bell toll
For poor Cock Robin

空の鳥がいっせいにすすり泣いたという、
マザーグースの歌の最後、
鳴っているのは警鐘という鐘のようです。

mothergoose3.jpg
マザー・グースのうた 第3集 だれがこまどりころしたの
(草思社 1975/12/20)
谷川 俊太郎 訳
堀内 誠一 絵


関連記事 in my blog: オレンジとレモン


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.02.15  花のそば 


ainoshushu.jpg
パウル・クレーと愛の詩集 (世界の名詩集 1)
(プチグラパブリッシング 2007/01/01)

ひとは行くところがないと
花のそばにやってくる


パウル・クレーの天使のドローイングを挿絵にした
詩のアンソロジーがあります。
「忘れっぽい天使」「未熟な天使」など、
パウル・クレーのドローイングのタイトル自体
詩のようです。
きれいな本だなと、手にとってぱらぱらとめくったとき、
目にはいった詩、岸田衿子の「花のかず」
行くところがないと・・・
を、どうしてだか、孤独なとき・・と間違えて覚えてました

でも、孤独なとき花のそばにいく・・
というのもあるような気がします。
きのうは
高校の頃によく聞いていた歌を久し振りに聞いたせいか、
あの頃にしか感じなかった孤独感ってあったなぁ・・と思いました。
孤独の感じかたは年とともに変わっていくけれど、
孤独な時、人は花のかたわらに行こうとする
そこに誰かがいるような気がするから。

そんなふうにも思えます。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2009.02.14  遠い日の歌 


ume.jpg
きょうは一日、単純だけど根気のいる仕事してました。
春が来たとしか思えない温かさ、沈丁花の蕾もふくらんでます。
梅はどうなってるかいな?と湯島天神までちょっとお散歩に・・。
どうなっているかいもなにも、梅祭りやってました。
たまたま薩摩琵琶の演奏がはじまったところでした。
3月第1週まで、梅まつりはまだまだいろいろ催しがあるみたいです。

週末だからか相当混んでいて、梅の香よりは
ソースの焦げるにおいや、甘酒の香の方が気になる。
湯島天神といえば合格祈願。
受験勉強も楽しんでやれば楽しいものかも。
ともだちは、1月から「でる単」をはじめて、
2月にはともかく丸暗記して試験に臨んだそうです。
英語嫌いだったそうで、長々引きずらずに、
ぐわっと最後に一気に駆け抜けたとか。

今日はずっと音楽を聴きながらやってました。
MP3プレヤーなので、限りなくいろんな歌が入ってまして、
高校生のころよく聞いていた歌なんかも。
不思議なことに、高校生の頃聞いていた歌だと
作業のノリが俄然よくなる感じです。
ながら勉強タイプだったもので・・
脳のどこかがふと思い出して活性化する??
いろいろ忘れてしまったようでも、
活力としてインプットされている歌の力・・。
昔読んでどうしてもタイトルが思い出せなかった本を
この間偶然図書館で見つけました。
「遠い日の歌が聞こえる」
イギリスの児童向け小説で、富山房から出版されたものでした。
今度借りてきて読み返そうと思っているところです。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.02.12  ガラスの十二支 


草津ガラスというのがあるそうです。
湯けむりのような温かみのある緑瑪瑙色の、グラスやジョッキ、カップ
それから、たくさんのきれいなとんぼ玉が並んでいました。
そんな中で、つい目がはなせなくなってしまったのが、
ガラスの十二支たち。
お祭りの夜店で、見かけるガラスの動物はちょっとだけ目の位置がずれていたり、
尻尾がゆがんでいたりするものですが、こちら小さいのに揃って器量よし・・。
まとめて12年分、うちに来てもらうことにしました。
今年の干支、ウシくんをセンターにぐるっと取り囲んでもらってるところです。

junishi2.jpg

それから、こんな子も一緒に連れてきました。

momotaro2.jpg
ガラスの桃太郎なり?。

(どちらの画像もクリックすると拡大されます)


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.02.11  虹色の小鳥 


湯気を立てて流れる熱い川に驚きながら、
雪の残った西の河原公園の中の、
西の河原露天風呂という、
広い温泉に入ってみました。
山を眺めながら、頭は冷んやり、
身体はぽかぽか、あぁ極楽、極楽。
生まれて初めての草津の湯は、
口元でちょっと酸っぱい味がします。
地球の内側の熱いものを感じさせる
逞しく凛々しく懐深い温泉でありました。

公園の坂を降りて行くと、
「片岡鶴太郎美術館」があります。
NHKの「趣味悠々」で
絵の手ほどきをしているのを見たことがあります。
整然と美術館の壁に飾られた絵の、
魚、鳥、野菜、花たち・・・
は、やはり楽しそうで、みずみずしく新鮮。
吹き抜けに展示された梅、桜、椿の掛け軸は
大作で見事でしたが、
関東ネギが描かれた絵で、
ネギの気持ちに心打たれてしまったり、
ゆずやししとうの香や辛さがつたわってくるような絵に、
主役には立たない・・で
も重大な役目をになっている彼らの姿を感じたりするのでした。
「鶴太郎 四十二歳」だったか「四十三歳」だったか、
わざわざ年齢が書かれている絵が何枚かあったので、
どうしてだろうと思っていたら、
男の大厄だからじゃない?と言われ、そうか・・。
受け入れなきゃいけないし、
乗りきらなきゃいけないし・・・。
ふうむ、と眺めておりました。

ミュージアムショップで、
鳥の絵の封筒やぽち袋を売っていたので、
お土産に買ってきました。

tori2.jpg
(画像をクリックすると拡大されます)


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.02.10  あわて者とお地蔵さんの帽子のはなし 


草津温泉に行ってきました。
上野発の草津5号というのに乗るはずだったのに
どう考えても出発時間には間に合わないよ
という事態に陥りまして、
駅の窓口で聞いたら、駅員さん 「・・・・・・」
「もう・・・この列車しかないんですよね」
時計をじっと見つめ「赤羽だったら間に合うかもしれない・・」
と独り言のように。
しかもかなり哀しそう。えぇぇ。
上野と赤羽の間9分。
「ともかく、がんばってみます」
とブルーな表情の駅員さんに何故か力強くうなずいてみせ
新宿乗り換えで赤羽へ。なんてこった。ああ。

新宿からノンストップで池袋までひた走る埼京線・・
頼むぞ、埼京線、行け埼京線。
西村京太郎の推理小説の犯人のごとく胸はどきどき。
そして・・・なんとか無事赤羽駅に入線してきた
草津5号に飛び乗りました。
しかし、この草津5号というのは、
水上5号という列車と連結して途中まで一緒に走っていくのです。
わたしが飛び乗ったのは水上5号の方。
連結部分の誰もいない「乗務員室」に阻まれ先に進めず。
犯行失敗、よかった罪をおかさずに・・・・じゃなかった
走り出したとたん携帯が鳴りました。
「だめだった?」
「の、乗れたけど、そっちに行けない・・・。」
大宮ですかさず降りて、ようやく友と顔を合せました。
ほんとにごめんなさい。
駅からのバスも、この列車の到着時刻に合わせての発車。
乗れなかったら、いったいどうやってたどり着けたのだろうか
考えるだに恐ろしく、身の毛もよだつ思いでございました。

極寒の2月だというのに、途中雪はほとんどありませんでしたが、
さすがに草津まで行くと雪景色。
手袋なしでデジカメしようとすると、
ひえぇぇと凍りつくような感じ。
とっとこハム太郎の帽子をかぶったお地蔵さんがいました。
あったかそうです。
hamutaro.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009.02.07  不思議な偶然 


読んだことのある江戸川乱歩の挿絵が
いちばんわかりやすいものでしたが、
弥生美術館の一階の二階の展示室に並んだ、
小林秀恒の絵の世界は、
その時代を実際に知らない私でも懐かしいような気持ちになりました。
北斎のようによく引っ越しをされたそうですが、
北斎と違って34歳の若さで亡くなっています。

亡くなる一年前に描かれている「野薔薇」の挿絵は、
それまでの絵とほんの少し画風が違う気がしました。
耳の聞こえない少年の物語。
独特の静けさとでもいうようなものが伝わってくる絵でした。
もっともっとこの先にも絵が続いたかもしれないのに
・・そう思えました。
「まだしたいことがたくさんあるのだもの」
展覧会のチラシにあることばが響きます。

その後興味をひかれて、
「大衆の心に生きた昭和の画家たち」という本を読みました。
著者は少年時代、実際に「少年倶楽部」を
待ちわびて読んだということです。
「さしゑ」の編集者として、
挿絵画家にも多くかかわった人でもあります。
小林秀恒のことは、この本の「はじめに」の部分に出てきます。
沢山の画家が紹介されている本なのですが、
実はわたしが面白いと思えたのは、(実際知らないことが多すぎたので)
この「はじめに」の部分と、「あとがきにかえて」の部分でした。
「あとがきにかえて」の中では
茂田井武のことが触れられています。
わたしがつい最近出会った二人の画家のことが、
はじめと終わりに出てくるのは不思議な偶然の一致でした。
このはじめと終わりの文章からは
著者の思いが生き生きと伝わってきます。
その思いは、巻頭で引用されている
ヘミングウェイの詩そのものかもしれません。

taishunokokoro.jpg
大衆の心に生きた昭和の画家たち (PHP新書)
(2007/02)
中村 嘉人


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2009.02.05  ツヨイ味方 


小学校の図書館の棚から
ポプラ社の少年探偵シリーズを借りてきて読み始めると、
怖くてしかたなかった遠いむかし。
「あぁ、なんで読み始めちゃったんだろう」
と後悔しながらも、やめるわけもなく・・・。
つい授業中も机の下に隠して読んだりして。
あんなに怖いと思ったことがあるだろうかという「地獄の道化師」
母に買い物に行くから留守番していてと言われたのに、
「ひとりにしないでー」
追っかけていきました。
小学校の図書館には必ず並んでいた懐かしいポプラ社の本は、
現在文庫で復活しています。
なんと、小林少年が仏像になってます。
(ちなみに、この表紙は小林秀恒画(こばやしひでつねゑがく)ではありません。)
むーん、これは・・・。
このあと、仏像姿の小林少年は拳銃を手に忍び込んできた怪人二十面相と
対決するのでした・・。

児童向けの推理小説としては、
あかね書房の「少年少女世界推理文学全集全20巻 1963-1965」
というのも図書館に並んでました。
こちらはちょっと60年代風モダンなデザインの装丁でした。
ポーの「モルグ街の怪事件」 
クリスティの「ABC怪事件」なんていう名作が・・。
「モルグ街の怪事件」にもすっかり怯えてしまいました。
読んだあとあんまりいつまでも怖がっているわたしに
「もう。この辺にオラウータンなんているわけないでしょう!」
母のその一言は
オーギュスト・デュパンよりも、明智小五郎よりも頼もしかった・・・。

kaijin20.jpg
怪人二十面相―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)
(2008/11)
江戸川 乱歩


関連記事 in my blog: ぼくらは少年探偵団


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.02.04  ぼくらは少年探偵団 


edogawaranposhonen.jpg
江戸川乱歩と少年探偵団 (らんぷの本)
(河出書房新社 2002/10)
堀江 あき子


先日、弥生美術館・竹久夢二美術館に行きました。
弥生美術館では、小林秀恒展が開かれていました。
昭和初期の連載小説の挿絵画家で、
原画と掲載された雑誌や新聞の両方が展示されています。
原節子風の美人がいっぱい。テレビのなかった時代のこと。
当時、彼の挿絵が入るか入らないかで
新聞や雑誌の売り上げが大きく左右されたそうです。
菊池寛の「貞操問答」(なんかすごいタイトルだ・・)
で注目をあび、それからはあれよあれよと人気に。
長身で見た目もよかったので、
小林秀恒氏本人も大人気だったとか。
雑誌は古くても「今」って感じが
残っているものだなぁと思いました。
昭和11年の少年倶楽部に掲載されている、
江戸川乱歩の怪人二十面相の挿絵もありました。
3月29日(日)までです。

この「江戸川乱歩と少年探偵団」という本は、
弥生美術館学芸員の方の編集で小林秀恒だけではなく、
戦前、戦後の挿絵の変遷をたどることができます。
少年探偵団手帳だとか、双六だとか、
雑誌のおまけなどなども。
ところで怪人二十面相との対決で、小林少年が家宝の仏像に変身
なんて話の展開があったらしいのですが、
挿絵を見ると、確かに小林少年が
仏像のポーズをしてます。
変身する小林君もどうかと思うけど、
それにまんまと、だまされる怪人二十面相もどうかと・・・。
なんだかのどかです。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2009.02.02  青いソフトに 


先日、本屋さんの店頭で「古い旅の絵本」
の表紙を見たとき、北原白秋の
「青いソフトにふる雪は 
過ぎしその手か ささやきか」
という詩を思い出しました。
この詩をエピグラフにして中原中也が
「雪の宵」という詩を書いています。

「ホテルの屋根に降る雪は、
過ぎしその手か 囁きか」と続きます。
「帽子に降りかかるから、
ささやきと感じられるのであって・・
ホテルの屋根ではあまり意味がないのでは・・」
と誰かが書いてましたが・・

でも、帽子を目深にかぶりうつむいた視点が
ふいにホテルの屋根を俯瞰する光景に変わり
暗い夜空に降っている雪を追っていく感じが、
映画のオープニングみたい。
ホテルといえば旅の風景、旅といえば憧れの洋行。
そんな昭和初期の、街に降る雪の風景かな・・なんて。

Chuyashishu.jpg
山羊の歌―中原中也詩集
(角川書店 1997/06)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2009.02.01  ふとんがふっとんだ 


2009oni.jpg
お天気だぁ、休日だぁと、よろこびいさんでふとんを外へ。
次の瞬間やってきた風の一撃にあえなくあおられ、
あやうくふとんとともに宙を舞う勢い。
こんな強風の日にふとんを干そうと思ったわたしがバカでした。
しかして、季節は走っていくようで、節分はすぐそこ。
本郷三丁目の三原堂に節分の和菓子が出てました。

豆まきの豆と、赤鬼です。
年によって、ちょっとずつ違う鬼が登場しているみたいです。
昨年の赤鬼は、顔面アップ、
涙をポロリと流していましたが、
今年は全身。はぁ〜っと投げ飛ばされたようです。
草鞋の裏をみせて尻もちついて、
転がってます。目がばってんになってます。
中はこし餡。まるっと雄々しくいただきませう。

豆まきの方は、白い豆の下の味噌餡に
細かく潰された節分の豆の粒が入っていて、
香ばしい味と食感が加わります。
おもちがふんわりしていておいしいです。
mamemakis.jpg


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 Home