空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


記事の年月でさがす


2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.01.31  ぎん色いろ色ーあったかマフラー 


Amimono2.jpg

12月にダイソーで見かけた毛糸玉に
がぜん編み物をしたくなってはじめたマフラーつくり。
ようやく完成しました。
うちの文鳥は、編んでいる腕とか膝とかにとまってうつらうつら。

ところで、ドラマの「東京タラレバ娘」で吉高由里子演ずるところの倫子が
手編み風のみかん色のセーターとか毛糸のボンボン帽子をつけてました。
「重版出来」では朴訥な営業マンだった小泉君が今度は金髪で憎々しい。
倫子、年下男に惹かれている場合じゃないぞ・・、
でも、どんなに傷つきたくないと思っても、傷つくのかなぁ。
苦渋と甘美さと迷いと自嘲と・・・。
寒々とした東京タワー背景に、ものすごい大きなボンボンの毛糸の帽子をかぶってた
倫子のやけくそ感に、ははごころ。
いらぬお世話の「でぶく~ろ編んで」あげたくなってました。
(無理だけど)

ともだちに編み物にはまっていると話したら、
うーん、若いときはやったけどねぇ、なんて遠い目をされました。
恋とはちゃいます。
まだまだこれからだけどマフラー以外のものにも挑戦したいです。

Amimono0.jpg
ふぞろいな網目たち

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー毛糸いろ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2017.01.07  富士ファミリー 




あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

穏やかなお正月でしたが、風邪のため
ちょいと行けずにいた、母のところにようやく行ってきました。
現在母は、近所の老人施設で日常のお世話をしてもらっています。
その施設の書初め的な行事に参加したらしく
「つる かめ」と「とり」
ゆるうい感じのいまにも飛んできそうなひらがなの
お習字が2枚壁にはってありました。
その下で、ちょっとうれしはずかしの母を記念撮影。
どうでもいいようなことですが、のんびりしたお正月となりました。
海越しに拝む富士山も、なかなかにきれいでした。

さて、話変わって、
お正月ドラマの「富士ファミリー」。
去年は、衝撃的過ぎた片桐はいり演じるところの笑子ばあちゃんを
今年は「不気味可愛い」おばあちゃん
・・と感じられる自分。一年のうちになにか変ったのかな。

早死にした姪っ子(小泉今日子)を
ぼんやり待っている大晦日の夕方の笑子おばあちゃんの
少女っぽさが何とも愛しかったです。
一方、成仏できないでいた魂のひとつが
暮れの夜空をみあげて
「きれいだなぁ、洗い立てのコップ」みたいだ
と言って生まれ変わっていくのも鮮烈でした。
長女性格でいろんなことを引き受けて背負い込んでしまう
鷹子(薬師丸ひろ子)が歌っている
ユーミンの「Happy New Year」の歌詞がまた沁みるし。
木皿泉のドラマ
やっぱり好きだなあと思うのでした。

関連記事 in my blog: すいかのたび ディルフィーヌ

よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村






2016.10.11  ぎん色いろ色ー夏目漱石の妻 


sosekitsumabunko_.jpg

文鳥張子のことを書いてから、もう一か月。
オノマチさんも、ハセガワさんも好きなので、楽しみにしていた
NHKの土曜ドラマ 「夏目漱石の妻」も3回が過ぎ
残るは来週1回のみです。

一回目は鏡子の自殺未遂
二回目は鏡子の実父の破産
三回目は漱石の養父との断絶
息づまるような、ぎりぎりのシチュエーションの中で
悲しさと優しさと滑稽さと美しさを同時に見せる
そんなオノマチさんの離れ業が素敵です。

シューベルトのピアノソナタがバックにかかるのと、
西日や、木漏れ日、窓からさす午後の光など
日常の光が丁寧に映し出されるのと
ハセガワさんが、ちょっとダニエル・ディ・ルイスなせいで、
まるっきり日本家屋が舞台なのに
ヨーロッパの映画のように見える瞬間があります。

来週はついに文鳥も登場するようです。
夏目鏡子さんが語っているのをまとめた本も読みかけています。

kokogasuki_.jpg
(登場します。テレビのリモコン大好き。)

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2016.05.08  雁助さん 


テレビドラマ好きのわたし、
今更ですが、「あさが来た」にもはまっていました。
朝は見られないので、録画しておいて
土曜の夜に6回一気見。
江戸時代に両替商だった加野屋が
明治の世を迎え加野銀行へ変わっていく時
自分自身も生き方を変えざるを得ない
大番頭の雁助(がんすけ)と、番頭の亀助(きすけ)、
タイプの違うこの二人が特に好きでした。

亀助は一見頼りなく、長いものに巻かれがち。
不平を言いながらも付き合いが良くて、
面倒見もいいタイプ。
そんな人柄ゆえ、周囲に応援され
純な恋を成就させることができました。
一方雁助は、冷静で有能な仕事人。
それでもなお「古きお店」を愛し
亡き大旦那への思いも深い、情に厚い人でもあります。
「両替商」の看板が「銀行」に代わる日
旅姿で加野屋から去っていきました。
名前に雁がつくだけに
群れから一羽だけ遅れて飛び立つような寂しさがありました。
時代が自分を置いて行ってしまった。
雁助ほどの人であれば、当然「銀行」ビジネスでも
大きな働きをするはずでしょうが、それをしない。
その頑固さが、恋では不器用さとなってしまう。
ちょっとカズオ・イシグロの
「日の名残り」を思い出したりしていましたが
あれほどポーカーフェイスじゃなくて、
台詞の端々に関西人らしい「面白さ」「シニカルさ」
が加味されているところがまた良いのでした。

「雁助さん、いいなぁ」と友達に言ったところ、
「うん、まぁ、そうね」ぐらいの反応。
たしかにシルクハットの五代さまや、
洒脱に三味を弾いてみせる新次郎さんは
そうは見られない男前たちでしたけどね。

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
(1989)
カズオ・イシグロ


よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





 Home