空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


記事の年月でさがす


2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.09.01  故郷ー失いたくない風景 



故郷
(オンマウスで裏表紙、とてもきれいな写真です。)
故郷ー私の徳山村写真日記
(じゃこめてい出版 1983/9/28)
増山たづ子

旅行から帰ってきて、確かどこかにあったはずと
本棚をさがしたのがこの一冊でした。
アニメの「君の名は。」で思い出した30年以上も前の写真集です。
ダムに沈む故郷を「ぴっかりコニカ」で撮って回ったという
素人写真家の写真集。
30年前に母が買った本で、当時母はとても感動して
わたしにも見せてくれたのでした。

30年前には、「ふうん」程度の思いで見たという記憶があります。
今になって母が何故そんなに感動したのか
ようやくわかるような気がします。
増山たづ子さんは、岐阜県の徳山村で生まれ徳山村で育ち
同じ村出身の青年と結婚しました。
「君の名は。」のテッシーとさやかみたいに。
たづ子さんの夫は、
インパール作戦で出征の際に行方不明となりました。
夫が帰ってきたときに、村がダムに沈んだとは言えないと
最初は反対もしたとか。
けれどもやがて、村に生きる人々の写真を撮りはじめたそうです。
夫の帰りを待ち続けながら、
せめて生まれ故郷の風景を写真に残しておこうと思う優しさと悲しさ。
村の景色を背景に人々の笑顔のなんて素敵なことか。
本が出版された年には66歳だった増山たづ子さんはもう亡くなっています。

戦争もダムも、大きなお国のまえには大河に
蟻がさからうようなものだと思って諦めました。


あとがきにある、たづ子さんの言葉です。
詩人の石垣りんも言葉を寄せています。

時の流れにけっころがされながら懸命に生きて来た者が、
どたんばでこちらを振り返った目のようでもあります。

戦争を経験したことのある世代が
どんどん亡くなっていく中、わたし自身の親たちを含めて、
懸命に守りたいと願った平和というものを
見失いたくないと思う今日この頃です。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2016.06.09  父が愛したゾウのはな子 



父が愛したゾウのはな子
(現代書林 2006/9/14)
山川 宏治 著

海外から東京へ出張してくる人に、
ジブリ美術館に行きたいとよく言われます。
いきおい井の頭公園もFamous Parkになっていて、
Park SideのYakitori Restaurant?なんて問われて
ん? ヤキトリレストランって・・なんて思ったりします。
昨年の暮れには、そんなFamous ParkのMiserable Elephantとして
はな子さんは話題になってしまいました。
都知事さんが海外でリッチなホテルに泊まっても、
象はこんな狭いところにいるThat’s Tokyo’s status。
やるせない話です。

先日の若冲展では、江戸時代の市井の人がどんな風に
象という摩訶不思議な生き物に
想像を膨らませたかわかって面白いようでした。
1949年、テレビもなかった終戦後の日本のこどもたちも
似たりよったりだったことでしょう。
戦災孤児や、戦地で息子や夫を失った母親たちがたくさんいた時代。
そういう時代に平和という「イメージ」を背負って迎えられた象。
その象が、どういう生き方をしたかが
この本「父が愛したゾウのはな子」にはわかりやすく書かれています。
そして「イメージどうこう」の問題ではなく、
現実に象にかかわった飼育員の方たちの
生き様に、胸を打たれます。

はな子さんは愛されていたのは確かですが、
ものすごく正しい飼われ方をしたかどうかはわかりません。
でも、現場で必死で
より良い環境をめざした人たちがいたことは間違いありません。

ラストに空から象舎を見下ろしている写真があります。
はな子さんがいて、来園者がいて、桜が咲いています。
のどかな春の風景です。
退職されて間もなく亡くなった飼育員、山川清蔵さんの魂が
見下ろしているようです。
「平和に見える」、「ほんとうは平和じゃない」
どっちだろうか、どっちにしても大人たちは
がんばらないとなと思うのです。

関連記事 in my blog: 動物園にできること, 動物を守りたい君へ

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2013.11.03  軍艦島 海上産業都市に住む 


軍艦島海上産業都市に住む―
ビジュアルブック 水辺の生活誌

(岩波書店 2004/10/14)
阿久井 喜孝

長崎の端島、「軍艦島」を
グーグルのストリートビューで見られるというので見ました。
かつて海底炭鉱の産業都市として栄え、今は無人島となっている島。
ストリートビューで見る
ピーカンの夏空の下の建物群はなんともすごい。
先日、アメリカンポップアート展を見に行ったときも、
その残像がオーバラップして、
アメリカのアーティストが描きだそうとした大量生産の
物体感と、生命感というようなことを考えてしまいました。
チェーホフの「かもめ」を見たときも
「地球はひとつとして生き物を乗せず」
という劇中劇の廃墟がやけに印象に残ってしまったのでした。

でも。
この本は島に人が暮らしていた当時の写真で、
廃墟ではない端島を見ることができます。
海のただなかにある塩害の激しさ、風の強さを差し引いても
鉄筋コンクリートのもろさを思い知らされたと
建築家である著者が書いています。
メンテナンスをするニンゲンが消えた建物はどんどん劣化します。
住居もまた生き物のようなものなのかも。

関連記事in my blog:  かもめ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村







2013.09.19  謎の海底サメ王国 


この夏に放送された、NHKスペシャルの「ダイオウイカ」
もすごかったのですが、そのあとに続いた海底サメも感動ものでした。
食べるときの顔が怖いミツクリサメは、映す角度によっては、
入れ歯を取り出すおばあちゃんみたい。
上からだと、けっこう引っ込み思案な印象。
それが、「おのれぇ~」と「玉梓が怨霊」状態に見えてしまう、
よくぞこの位置で映したぞ、な映像がすごかったのでした。

そして、多くの深海生物が共存するために、
餌場を守るカグラザメ。
クジラの屍骸にむらがる生物の図は、「犬夜叉」の
妖怪さながらでしたが、むしろ「平和」な光景だったのでした。
古代から続く深海の世界。

つい日頃いろいろ知ったようなキモチになるけれど、
実はよくわからない地球の
ほんの一部分にニンゲンは暮らしているんだなぁと
つくづく思うのでした。

関連記事 in my blog: つきのふね

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2013.06.21  のこされた動物たち  


nokosareta.jpg
のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録
(2011/07/27)
太田康介

犬を飼っている友が教えてくれた本です。
カメラマンで、著者の太田さんの
「ごめんよ」という言葉が響きます。

なんといっても衝撃だったのは、牧場の動物たちの惨状でした。
「農場にくらして」を読んだとき、
朝早くから家族総出で、次々にやらなくてはならない牧場仕事があって、
それはそれは、大変そうだけれど、
同時にすがすがしく生き生きとした生活だと思いました。
そういう生活がいきなり寸断されるということは、こういうことなんだ、
日々丹精して育てられていた命が、
めちゃくちゃになってしまうということなんだと。

なぜだろう、カメラマンが動物を愛する人だからか、
動物の表情が、怒りでもなく悲しみでもなく
ただただ、ニンゲンの愚かさを哀れんでいるように見えます。

わたしの手のひらに乗る、たった25グラムの小さな命も
わたしが帰ってくると大喜びします。
こんな小さい生き物にも「心」がある。「気持ち」がある。
命というものはそういうものだと思い知らされます。

関連記事 in my blog: 命あること, 耳をすませば,  農場にくらして


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2013.02.04  タヌキのひとり―森の獣医さんの診療所便り 


tanukinohito_.jpg
タヌキのひとり―森の獣医さんの診療所便り
(とんぼの本)

(新潮社 2007/03)
竹田津 実

獣医の竹田津先生の診療所では、
エゾタヌキ、キタキツネ、シマリス、カルガモ、
クマゲラ、モモンガ などなど、
たくさんの野生動物の救命救急治療が行われます。
でも、物語の「ドリトル先生」のように動物たちに褒め称えられることはなく、
むしろ「根にもつタイプ」のエゾタヌキから
「よくも、痛い目(治療)にあわせてくれたな」
と虎視眈々(狸視耽々)と狙われたりしています。
そうかと思うと、びっくりするほど大量の蚤が
患者と一緒に来院したり、ともかくいろいろ大変。
そんな苦労があるとはとても思えないほど、
この本の中の写真に写っている動物たちは、
「表情豊か」で、生き生きしています。

カルガモのヒナに「飛び方」を教える
というエピソードがなんとも感動的でした。
さらっと書かれているけれど、
農薬と野生動物とニンゲンの関係
自然保護とは?そういうことも考えさせられます。


関連記事 in my blog: 家族になったスズメのチュン


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2011.01.18  牧野植物図鑑の謎 


makinoshokubutuen.jpg
牧野植物図鑑の謎 (平凡社新書 17)
(1999/09)
俵 浩三

牧野富太郎の自叙伝も、数ある伝記もちゃんと読んだことのないわたしが
いきなりこの本を読むのは、どうなんだろう、
という気がしないでもなかったですが・・・面白かったです。
「権威」の周辺は、あれこれ、ものすごく「子供っぽい」。
ヤキモチ発生、イジワル前線通過中、予算の堤防を破壊する怒涛の研究熱心
そっちがそうくるなら、こっちもだ的暴風雨、などなど、そうとうな荒れ模様。
いろいろ、おいおいおいおい・・なのです。
それはともかくとして、
この本には、2つの植物図鑑を軸にある仮説をたてて、
丁寧に証明していくという理科の実験の楽しさがあります。
たとえばある図鑑の出版年について。
これは、誰もが仕事でやりそうな失敗を思い出させます。
「どうしてそう思うの?」「自分で見たの?」「何で確かめた?」
わたしの同僚は、頑固なほど自分で確かめないと前に進まないのですが、
それってすごく大事なことだよね、とあらためて思ったりしました。

明治40年前後に、植物図鑑の発行があいついだのは、
当時の初等教育では、理科の教科書がなく現場が指針を求めていたためだそうです。
宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」の冒頭部分が思い出されます。
「大きくて黒い、星の地図が黒板の上に掛かっていました」
教科書を使わない理科の教材として、こういう掛け軸も多くつくられたそうです。

ずいぶん前に、高知の牧野植物園に行ったことがありますが、
練馬の牧野記念庭園に行ってみようと思いました。
研究熱心のあまり家計が火の車だったという牧野家。
それをささえた妻寿衛子のことが書かれている
大原富枝の「草を褥に」も読んでみたいのですが、
その前に、ともかくは本人著の「植物一日一題」ぐらいは読んでみなきゃ、です。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村