空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


記事の年月でさがす


2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.04.10  戦争と美術 画家の魂  


purahahato_.jpg
(プラハの街角で見かけた、本物の鳩を手と頭に乗せた少年像)

戦争画を描くに至った有名画家のことをも考えながら思ったものだ。
「生きる上に必要なこと」という根本的なものを忘れて、
「美」あるいは「名誉」に囚われたゆえではなかったか。
芸術の落とし穴がポッカリ開いている。
それは平凡な生活を忘れるところにあるように思えてならない。


「きままなる旅」というエッセイの中に出てくるこの文章を読んで、
司修の「戦争と美術」を読んでみようと思いました。

藤田嗣治の戦争画は、
2012年の東京国立近代美術館60周年の
「美術にぶるっ!」で初めて見ました。
「戦争と美術」の中で、アメリカ人たちが、
この絵のどこが「戦意高揚」を鼓舞する絵なのだ?
と首をかしげたと書かれていましたが、確かに。
藤田嗣治といえばすぐに思い浮かぶ
「猫と独特の白い肌をした女性の絵」
あるとき、こういう一連の絵を司修が評価すると、
「きまぐれ美術館」の洲之内 徹が、
「そうではなくて、藤田の戦争画こそが芸術だ」と言う。

なぜだろう?
まえがきですっかり好奇心を掻き立てられたところへ、
ユダヤ人であったシャガール
ナチの協力者であったレニ・リーフェンシュタール、
松本竣介と軍部のやり取りなどが紹介されていきます。
最後、あとがきには松本竣介も属した「新人画会」
の画家を訪ねて当時のことを聞くシーンがあります。
アトリエの天井を見上げながら
淡々と記憶をたどる画家の姿が印象的です。

本が書かれたのは、25年前。
著者は、ある危機感を抱きながらこの本を書いています。
25年後の現在、その危機は現実のものとなりつつあるのか。
そんな、いろいろただならない今日この頃ですが、
藤田嗣治の作品をもっと見てみたいなと思っています。
結局画家の魂というものは、伝記でもない、評論でもない
絵の中にあると思うからです。

sensotobi1.jpg
戦争と美術
(岩波新書 1992/7/20)
司 修 著


関連記事 in my blog: 生々流転,  松本竣介展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




2017.04.04  祖父の人形 


sofunoningyo0.jpg
祖父の人形 原田栄夫人形作品集
(オニール原田芽 2015/7/9)
原田 栄夫

先日、荻窪のTitleでみつけたこの本
ぺらぺらめくっているうちに、
すっかりこころ奪われて、買ってきました。
そうしたら、数日後に
実際のお人形の展示と販売があるというので
もう一度出かけてきました。

砂糖菓子みたいにみえるお人形たち
ピンク色の模様のきりんや、もっときれいな色のきりん
「腕を前からうえに高くあげ」たラジオ体操風な招き猫、
ちょっと笑っている猫、すっきりした白馬。
どれもいつまでも見ていたくなる人形ばかりです。
香月泰男の人形とはまた違う紙の優しさ。
うちにきてくれたにわとりは、
ユーモラスな表情でありながら
威厳と気品があります。

あとがきによると原田栄夫さんは立原道造と同い年だそうです。

おぼえてゐたら! 私はもう一度かへりたい
どこか? あの場所へ(立原道造 夏の弔い)


荻窪北口にはわたしの記憶の中だけでも
5軒の本屋さんがありました。
時期は前後しますが、
みずほ銀行の近くに公生堂
荻窪新興マーケットの中にあった文化堂
つい2015年1月まであった荻窪ブックセンター
名前がわからないけど
ちょっと外れて寿通り商店街の本屋さん
四面道近くにあった共栄堂
どのお店も、よくある「町の本屋さん」でした。
そのほかには傘屋さん、和菓子屋さん
喫茶葉山 喫茶キャッスル、
金物屋さん、みんなもうない。
昔はアーケードだったけれど今はすかんと空が見えています。

sofunoningyo.jpg
(文鳥は裏表紙の象と一緒に)

関連記事 in my blog: だれも知らない国で,  時の雫


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村







2017.02.15  ことばの生まれる景色  


ozaki.jpg
尾崎放哉全句集 (ちくま文庫)
(2008/2/10)

先日荻窪の本屋さんTitleで、
「ことばの生まれる景色」を見ました。
「本屋 はじめました」の著者である店主さんが選んだ20点近い本と
nakabanの油絵のコラボレーション。
どれもほぼ同じサイズの絵で、
部屋の壁に小窓がたくさん並んでいるようでした。

丸々としたおにぎりと魚の絵は石牟礼 道子の『苦海浄土』、
まるいアジサイのように見える花の絵は、メイ・サートンの『独り居の日記』
一瞬とても似て見える二つの絵に挟まれた
夜の海の絵は『尾崎放哉全句』
絵の中にはないけれど、
「こんなよい月を一人で見て寝る」
句のなかにまるまるとした月が見えます。

どの本も面白そうですが、
ちょっと手に取って、ぺらぺらしたら、すっかり惹かれてしまって
『尾崎放哉全句』を買いました。
「寝そべって書いている手紙を鶏にのぞかれる」
「ここから浪音きこえぬほどの海の青さの」

などなど。

この人のことを書いた、
吉屋信子の「底の抜けた柄杓」や
吉村昭の「海も暮れきる」も読んでみたくなります。
「言葉の生まれる風景」はまた秋に予定されているそうなので、とても楽しみです。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色 一羽きて

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2017.02.13  妖怪かるたと猫かるた 石黒亜矢子作品集 


ishiguro0.jpg

石黒亜矢子作品集
(玄光社 2016/12/5)

2月にもなって、季節はずれですが、
もひとつ、かるたの話です。
バレンタインじゃなくても、チョコは美味しいのと同じで、
お正月じゃなくても、かるたは、面白い・・。

やはりお正月のこと、西荻窪のウレシカで、
石黒亜矢子作品集出版記念展がありました。
女王蜂の絵がものすごく印象的で、
作品集の中にもこういう虫な絵がたくさんあります。
どれだけでも眺めていられる本ですが、
その中でも特に好きなのは「猫のかるた絵」35枚。
円形脱毛症にかかっていたり、スカートがはけなくなっていたり
そんな、猫じゃ、猫じゃ、のみなさん。
その個性の豊かなこと
CATSのエリオット先生もびっくりです。

お店のレジで
石黒亜矢子の「妖怪かるた」の中の絵札一枚と、
イラスト入りおみくじをくれました。
妖怪かるたは「む」で、お風呂から湯気が出ています。
なんだろうと裏を返すと
妖怪は雪女の仲間の「つらら女房」。
「む」で始まる読み札はどんななのか?
それにしても冷えに冷えている昨今、
お風呂に入りたくなっちゃった
「つらら女房」の気持ちがよくわかります。

夏目漱石と奥さんはお見合いのあと
かるた遊びで再会したのだとか。
無邪気に楽しんでいる奥さんに漱石は好感を抱いたとか。
かるた・・いいなぁ。
あったまるなぁ、
お湯につかっている
「つらら女房」は思っているのだろうか・・。


関連記事 in my blog: 疾走する猫,  マアおばさんはネコが好き


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2017.01.20  あおもり犬を見た夏の思い出 


Aomoribijutukan0.jpg

東京も雪がちらちらの寒い今日この頃です。
こんなときは、夏の思い出貯蔵庫へゴー。

去年の夏行った、青森県立美術館は真っ白な建物。
広々した緑の敷地に、まるで雪がつもっているようでした。

とはいえ、早朝から八戸の街を歩き回ったあげくの昼下がり、
青森ではめずらしいほどの暑さということで
いささか疲れてしまっておりました。
それゆえ、あまり丁寧に見ることもなく、
また、当初予定していたカフェでお茶とか、
ミュージアムショップでお買いもの、もスキップしてしまいました。

高さ8メートルという巨大なオブジェ「あおもり犬」は、
奈良美智の作品が集められているコーナーから見ることができます。
が、入館しないで外から見ることもできます。
ガラスの向こうに人がいるので、出口の場所を聞いたら
係の人が、「すべてをご覧になったあとで・・」
というので「なんで?」と思っていたらそういうこと。
ならば、こんな壁の中じゃなくて、ひろびろした
原っぱに置いてやればよくないか、とその時は思いましたが、
こうして冬の寒い日に考えると風よけがあるほうが楽かも。
とういうわけで、中から見ると
だいたいにおいては楽しそうに撮影している人々がいます。
(上の画像は右の方に人がいるのをトリミングしたもの。)
せっかく来て中を見ないなんてもったいないとは思いますが、
時間の限られた観光客の人には嬉しいかも。
奈良美智好きならば、中の展示がとても楽しいのでおすすめです。

またエネルギー切れの中でも、おお、と思ったのは
シャガールの「アレコ」
バレエの舞台背景画だそうですが、この巨大な美術館ならではの展示。
圧巻でした。

Aomoribijutukan.jpg

関連記事 in my blog: 十和田現代美術館 常設展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2016.12.29  Review 2016 その1 



今年行った美術展はこんな感じでした。
1月 神奈川近代美術館 「鎌倉からはじまったPart III」
1月 都美術館 プラド美術館展
2月 国立近代美術館 恩地孝四郎展
3月 葉山近代美術館 ヘレン・シャルフベック展
5月 吉祥寺美術館 萩尾望都SF原画展
5月 都美術館 若冲展
5月 ちひろ美術館 走れ、トト
6月 Bunkamuraミュージアム 俺たちの国芳、わたしの国貞
7月 函館美術館 画家の詩、詩人の絵
7月 十和田現代美術館 青森県立美術館
8月 都美術館 ポンピドーセンター傑作展
9月 ちひろ美術館 あべ弘士 動物王国展
11月 平塚美術館 香月泰男 丸木位里・俊 川田喜久治展
11月 国立新美術館 ダリ展

なんといっても十和田現代美術館はすごかった。
そのほかには「画家の詩、詩人の絵」
そして、平塚美術館の「香月泰男」がとりわけ心に残っています。

高円寺の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」では、
にしおゆき 陶人形展「みじかいお話と人形」
近藤晃美「円い草」
花松あゆみ 「遠くで、近くで」
西荻の「URESICA」では、えかきのこけし展 in KOKESHI EXPO 
陣崎草子 個展「108歳まで生きるつもりの人の展覧会
どれもすてきでした。
こちらもまだ書いていないものは振り返って
備忘録したいなと思っています。

そして、11月は今年も善福寺公園の「トロールの森」に出かけました。

tororumatome.jpg
善福寺公園の池のほとり、「どこでも水車のある風景」
水の音がやさしくて心地よかったです。


よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2016.12.08  ダリ展 


ダリ
(オンマウスで、別の画像。)

ダリ展行きました。
日曜美術館を見ていて、ふと
そういえば、
初めて自分で買った画集ってダリだったかも
・・というおぼろな記憶がうずうずしたので、
図書館で当時持っていた画集を見てみると
どのページの絵もしっかりと覚えており、
ティーンエイジャーな自分はくりかえし、くりかえし
画集を見ていたようです。
そしてダリ展では、その頃画集で見ていた絵が数点
リアルに目の前にありました。むーん。
なんも覚えてない。
あの頃何を考えていたのか。

時は流れた。
今現在のわたしは、
本の挿絵として描かれた絵にとても惹かれました。
ドン・キホーテ、不思議の国のアリス、などなど。
不思議の国のアリスの絵はどこか初山滋の絵のようでもありました。
ほんの初期の頃と、最晩年の絵も面白かったです。
(後ほど5時頃到着します)という副題のついたトラックの荷台から
外を見ている引っ越しの絵は、
生まれること、逝ってしまうことの両方が
見えるような絵でした。


関連記事 in my blog: ききみみずきん

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村