空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.03.30  準備万端バルタン星人、阪本順二監督の「団地」 


danchisakura.jpg
(以前住んでいた団地は、桜がいっぱいできれいでした。)

阪本順二監督の映画「団地」を
「シンゴジラ」のあとに見ました。
深く考えずに、あっ阪本順二だと思って一緒に借りてきましたが、
シンゴジラとちょっと似たような
似てないような・・
大笑いさせられつつ、語られ過ぎない哀しさ切なさがあり
最後が嬉しい映画でした。

この映画を見ていて思ったけれど
昭和の怪獣たちは、けっこういろんな事情を抱えて
地球にやってきたものでした。
見たら気絶するような恐ろしい様子だったけれど、
他人事とは思えなかった。

団地に越してきたばかりの夫婦
(藤山直美と岸部一徳)はどこか懐かしい大人です。
二人が黙々と漢方薬をつくっているシーンがありますが、
そんなの口を開けてどんだけでも眺めていたいようです。

営んでいた漢方薬のお店をたたんでしまった二人を訪ねて
どうしてもと薬を頼みに来るお客さん(齋藤工)。
そのお客さんの薬を定期的に取りにくる宅配のお兄ちゃんが、
なぜかおなかがいつもゆるい。
必死の形相で拝借を願うやいなや、
トイレに駆け込んでいく。
「あんた、いっつもうちでトイレしてくけど、なんでなん?」
・・・・・・・

そこでそんなに笑うのか、
というくらい爆笑してしまいましたが、
そのシーンにも隠された意味があったという。
阪本順二の映画の中では、「ビリケン」にも似ている気がします。
「きみと漢方薬があればいい」って
言われてみたいものだよと思うのでした。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー帰ってきたぞ!我らのウルトラマンスタンプラリー 

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2017.03.28  シンゴジラ vs 春と修羅 


GAo_.jpg
(文鳥は正面から指を出すと怒ります。)

桜が咲き始めたと思ったら、
いきなり真冬の寒さになってしまった先週末
シンゴジラのDVDを見ました。
ゴジラの生態を解析する手がかりを残した科学者
が乗っていたとおぼしき船の内部を映した
映像にちらっと「春と修羅」の本が写りました。
遺品の資料と折鶴と一緒に、
ほとんどサブリミナル効果みたいな。

いかりのにがさまた青さ

それにしても、ゴジラが巨大であっても「生物」であるならば、
行動には「理由」があるはずなのに、と思うのでした。
何故、上陸するのか。
営巣のため、産卵のため、捕食のため、越冬のため
仲間を求めて、パートナーを求めて、親を、または子を探して。
でも、ここではゴジラの行動は「不明」
そんな馬鹿な。
つい耳のあたりをこすってやると
気持ちよさそうにするんじゃないかと思ったりして。

「春と修羅」の中には、
妹の死を悼む「無声慟哭」という詩があります。

毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりどこへ行かうとするのだ
  (おら おかないふうしてらべ)


ゴジラはそんなふうに、
悲しんだり喜んだり、笑ったりしないのか。
破壊的過ぎて同情の余地なしだけど、
あまりにひとりぼっちの生き物だな、と。

GAo1_.jpg
(でも基本的には、人懐っこいんです)


関連記事 in my blog: ドミトリーともきんす

よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2017.03.21  ダンボの見たピンクの象と西荻の象 


Dumbo.jpg

西荻の南口のこじんまりしたアーケードに
30年以上前からぶらさがっていたピンク色の象が
新しいつるんとした象に変わりました。
なんでピンクの象やねん、というと、
それはそもそも商店街の出口付近にあった「西荻餃子」さんの
商標が象だったからです。
緑の西荻象と、ピンクの餃子象が仲良しな
「味自慢、西荻名物」でした。
ああもう夕飯何にしようというときに
なんとも魅惑の昭和な店先でしたが、
2015年に閉店されました。

ところで、1941年のディズニー映画「ダンボ」にも、
ピンクの象が出てきます。
英語の慣用的な表現で「酩酊状態」を
「ピンクの象が見える」というのだそうで。
水桶の中にシャンパンの壜が落ちたことに気づかず
飲んで酔っ払ったダンボが、ピンクの象の幻覚を見るのです。
次々に出てきて伸びたり縮んだりぶれたり
めまぐるしく踊りまくる、不思議なシーンです。
時代的には、第二次世界大戦中。
子供向け映画として単に
「酒などならん」という意味なのかもしれませんが、
ダンボにこんな斬新な絵が隠れていたことが驚きでした。

ちなみに西荻の旧ピンクの象は
先日、桃井の原っぱ公園に飾られていました。
緊急時にはヘリポートにもなるという広々した公園。
「西荻ラバーズフェス」という
(よせよ照れるじゃないか)なネーミングの催し物で人がいっぱい
風で砂埃がまいあがっており、
ピンクの象は子供たちにじゃれつかれながら、
これからいよいよ本当に空を飛ぶのだよ
というような、なんだかしわしわした笑顔でした。
どこかで緑の象と仲良く暮らすのだと思う。

(追記:すみません、ピンクの象の由来は、餃子屋さんではないそうです。
ただ、また聞きなので、これ以上、ここには書きません。
わたしの思い込みで文章を書いてしまいましたが、
そのときに感じたことなので、そのまま残します。
旧象さんが消えたのはさびしいけれど、
防災上の理由での撤去は仕方ないと思います。2017-4-2)

関連記事 in my blog: 阿佐ヶ谷七夕,
 ウォルト・ディズニーの約束 十和田市現代美術館 大宮エリーの商店街美術館

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2015.03.08  アナと雪の女王  



わたしは、いったいどのあたりまでディズニープリンセスを
知っているんだと考えたら、1991年の「美女と野獣」まで。
翌年の「アラジン」でヒットしたWhole New Worldは好きでしたが、
映画は見ていません。
「アナ雪」は、Let it Goが好きだったので
いつかDVDを見ようと思っていました。
お姫様ストーリーとしては、
いかにもディズニー的な感じもありつつ、
そうでもないところもありました。

白雪姫も、シンデレラも、眠りの森の美女も、
魔法のせいで、孤立していました。
でも、手助けする妖精や小人がいたし
周りには常にたくさんの動物たちが集まっています。
雪の女王は全くの独り。
Let it Goの歌声は、誰も聞くもののない吹雪の中
力強くはあるけれど、凍りつくように悲しい歌です。
その歌声とともに、あっというまに建ち上がる氷の宮殿は
美しいけれど、彼女以外の生き物はいません。
自分自身の持つ「魔法の力」に苦しめられる雪の女王エルサ。
王子のキスや妖精の力を借りることなく状況を打開した、妹姫のアナ。

アンデルセンの「雪の女王」や、ムーミン谷の「氷の女王」のような
神秘的な感じはありませんが、
女王とその妹王女のソウルフルな物語でした。

関連記事in my blog: ディズニーのシンデレラ,  水仙月の四日

よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2015.03.01  ウォルト・ディズニーの約束 


ウォルト・ディズニーという人は、女性に差別的な人だったとか。
そうは言っても、ウォルト・ディズニーの生きた時代の男性の意識を
今の常識で計るのは難しいだろうなという気がしないでもないです。
彼の人柄はともかく、最近ディズニーアニメを立て続けにいくつかDVDで見ました。
改めて見ると、ほんとにすごいです。

さて、そんなディズニーが「映画 メリーポピンズ」を作成した際の、
「作者P.L.トラバースとのいきさつ」
を描いた映画をずっと見たいと思っていましたが、
最近ようやく見ることができました。
「ウォルト・ディズニーの約束」。
原題は「Saving Mr. Banks」です。

子供の頃、メアリーポピンズが大好きだった私は
この映画を見たときまず、
「この人はメアリーポピンズじゃない」と思ったもんです。
でもそれはそれとして「チムチムチェリー」や、
「2ペンスを鳩に」の歌が好きでした。
映画ではパメラ(作者)が徹底的にダダをこねますが、
実際のディスカッションの録音記録が残っていて
それはそれはすごいものだそうです。
それでも、彼女は次第に音楽に心を開いていきます。
「映画メリーポピンズ」は、作者が知らないうちに作られてしまったわけではなく、
お互いの意見を出し切って作られているものだったのでした。

映画はそれとは別に、パメラの少女時代のストーリーも描かれています。
これを見ると、メアリーポピンズの中でくりかえし描かれる
「成長するということ」と、「別れるということ」の意味が
どこから来ているのか、少しわかるような気がします。
「2ペンスを鳩に」の歌がなぜあのような哀調なのか
納得させられるシーンも淡々と描かれています。
演じているトム・ハンクスとエマ・トンプソンの醸し出す孤独感や
1960年代アメリカの雰囲気もいいです。

ところで、「映画メリーポピンズ」作成にあたって
アニメじゃなくて、実写の人物じゃなくてはダメといったのはパメラだったそうです。
ディズニーのアニメにゆだねたほうがもっと
良い映画になったのではないかなと、わたしには思えます。

関連記事 in my blog: ディズニーのシンデレラ, なつかしい本の記憶, 二度とふたたび

よろしければポチっとお願いいたします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2013.11.05  My Life as a Dog 


15年飼った犬を、最近失くした知人は
キモチが落ち着いたら
保護犬を引き取ることを考えているそうです。
でも、仔犬については、引き取る家族の平均年齢が50歳を超えていると
ちょっと難しいのだとか。
なるほど、万が一のことがあると
また同じ憂き目を犬に味あわせることになるのだなと。

マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ
主人公の少年イングマルの愛犬シッカンは
この少年の家庭のやむない事情によって
保健所で殺処分されたのだと思われます。
字幕でしか状況がわからないし、
あまり直接的には語られていないので「おそらく」としか言えないのですが、
そうでなければ、イングマルが
「僕はシッカンに言いたかった」「僕が殺したんじゃない」
と泣いたりはしないでしょう。
イングマルは、スプートニクに乗せられたライカ犬を思い、
競技場で槍投げの槍にあたってしまった選手を思い
移植手術をして命を落とした人を思い、
そして殺されてしまった「シッカン」を思い
自分のほうがまだ運がいいと言うけれど、
その哀しみは強烈なものがあります。
「ギルバート・グレイプ」や、「HACHI」も同じ監督。
どれも、すこし奇妙なニンゲンのゆがみに愛情のある視線がそそがれ、
それていて静かな怒りと悔恨の念がある作品です。

知人が保護犬を引き取ることになると
まず犬が救われ、ことによるとイングマルのような子供のこころも
救われることになるかもしれないなと思うのでした。

関連記事in my blog: 空間を旅するキモチ


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






2013.09.01  ジブリ「風立ちぬ」のことなど 


白バラ
(マウスをのせるとバラの花が見えます)
「あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思っているのはね、
そのバラの花のために、時間をむだにしたからだよ」-星の王子さま


「風立ちぬ」を見てきました。
ペイトンの「雲のはて」やサン・テグジュペリの「闘う操縦士」は
パイロットの話でしたが、こちらは航空エンジニア。
時代が平和であれば、プロジェクトエックスだったはずの
技師たちの努力が、時代の風に巻き込まれていきます。
なんで、今この映画なんだろう。
いったい今はどんな風が吹いているのやら。

見終わって出てきたのは、激暑の六本木。
アスファルトの照り返しは激しく、首都高は覆いかぶさり
熱中症で倒れた人がいるのか
救急車が出動してタンカーが置かれてました。
関東大震災の日も暑かったそうです。
鎌倉の大仏が30センチ動いたのだとか。
土曜日の「あまちゃん」は、ついに2011年3月11日
ゆいちゃんの乗った電車が走り出したラストだけで
号泣しそうでした。

関連記事 in my blog: 戦う操縦士,  雲のはて


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村