空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


記事の年月でさがす


2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.04.27  オーデュボン動物園 


麒麟
(アフリカサバンナのキリン。オンマウスで
ルイジアナ沼地の朽ちた舟小屋な演出、この向こうに鰐がいます。)

ニューオリンズのオーデュボン動物園は
広さが約23ヘクタール。
上野動物園(14ヘクタール)の、1.6倍くらいです。
多摩動物園は、60ヘクタールというから
それからくらべるとこじんまりしていて、
だいたい、半日で回ることができます。

南アメリカパンパス、アフリカサバンナ、
ルイジアナ沼地の雰囲気を出したエリアなどなど。
動物たちは行動展示されており、
ちょっとした探検隊気分を味わえました。
ルイジアナ沼地では、鰐が日向ぼっこをしています。

小鳥の林
(小鳥のコーナーはネットの中。オンマウスで、小鳥の林に入ったところ。)

高いネットで覆われた林のような小鳥のエリアもあります。
しばらくベンチに腰を下ろしてじっとしていると
次々と小さいのが葉陰から姿を現し、
見ているうちに、あっという間に時間が過ぎて行きます。
広い池のほとりでは、ペリカンが憩っていたり、
歩道をゆっくり優雅によぎっていくクジャクなどもいました。

ペリカン
(冬の日を浴びるペリカン。オンマウスで、懐っこかった鳥さん。)

青い目の白い鰐や、めずらしい爬虫類のいる建物もありました。
動物に関連する、児童書の挿絵などがパネルで
飾られていて、ここでは「星の王子さま」に出てくる
「帽子の中のうわばみ」の絵がありました。
白い鰐は市の中心部にある水族館でも見ることができます。

白い鰐
(おみやげ売り場の大黒柱、白鰐くん。オンマウスで、実際の白鰐。)

関連記事 in my blog: オーデュボン動物園 アクセス

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




2017.04.18  オーデュボン動物園 アクセス 


Audubon Zoo
(バス停に猫のオブジェ。オンマウスで、バス停から入り口まで歩く道。)

ニューオリンズには、オーデュボン公園という広大な公園があり、
その中にオーデュボン動物園があります。
ニューオリンズの中心部には水族館、昆虫館もあります。
オーデュボンの名がついていますが、
これらを経営するAudubon Nature Institute
カレンダーを発行している野鳥保護団体の
National Audubon Societyは別機関です。
この動物園、1970年代には、鉄格子の檻を使った展示が問題視され
廃止する議論もあったそうですが、
現在のような動物園にまで改善を積み重ねたそうです。

Audubon Zoo
(ゲートの前のオーデュボン像。オンマウスで、プレート。)

2015年にニューオリンズに行った時、動物園と水族館に行きました。
水族館は市の中心部にありますが、
動物園は市内から、市電でも、バスでも30分ほどの
やや離れた場所にあります。
ニューオリンズといえばストリートカー(市電)。
深緑色車両が走るSt. Charles線は、
大邸宅が並ぶエリアを走る、気持ちのよい路線です。
ただ、公園の入り口から動物園まで歩くと20分くらいかかるので、
あわせて50分ぐらいかかります。
その日は昼を過ぎてから動物園に向かったので、
閉園前にできるかぎり中を回れるよう、バスを使いました。
帰りは、オーデュボン公園内をゆっくり散歩して市電駅へ。
緑の多い気持ちの良い公園です。
ただし、この日はマルディグラのシーズンで、街が大賑わい。
市電はもう中心部まではいかないと降ろされてしまいました。
仕方あるまい、と延々市内まで歩きました。
途中、にぎわう街の人々の様子が見ることができて楽しかったです。
お祭りの日の雰囲気は、日本もアメリカもあまり変わりない気がしました。 
(つづく)→

☆BUSの時刻表
カナル通りのオーデュボン昆虫館の道路を隔てて向こう側のバス停Canal at Magazinから
Audubon Zoo行きです。
☆STREET CARの時刻表
St. Charles Street CarでTulane University下車
オーデュボン動物園 月~金 10:00-17:00, 土日10:00-18:00

Audubon Zoo
(ゲートを抜けると椰子の並木。オンマウスで、
入り口広場の象のオブジェの噴水を後ろから見たところ。)

関連記事 in my blog: 動物園にできること, カーニバル・ニューオリンズ

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2017.04.16  オーデュボン・アメリカの鳥 Audubon's Birds of America 


Amerikanotori0_.jpg
Audubon's Birds of America
(Abbeville Pr 2003/03)
Roger Tory Peterson

3月18日から科博でやっている大英自然史博物館展で、
始祖鳥の化石が見られるというので、行ってみたいなと思っています。
ただ開始してから約1ヵ月で10万人が来館しているとか。
整理券で入場しているそうなので、列につかなくてもいいけれど、
やっぱり混んでいるのねと、ひるんでいます。
すでに行ってきたという人からパンフレットを見せてもらったら、
オーデュボンの「アメリカの鳥」もありました。

野鳥の博物画を描いたJ.J. Audubonによる、
"Audubon's Birds of America"は、
彼がアメリカ各地を回って描いた「鳥の博物画集」が、
イギリスで出版されたものです。
日本にも、大野麥風のようなスゴイ人がいましたが、
オーデュボンは、麥風よりも、ダーウィンよりも以前に生まれた人です。
大昔によくぞまあ、という。
剥製を利用した画もあるかもしれませんが、
ただ鳥の形と羽根の柄を写し取ったのではなく
生態を観察して描かれています。
野鳥の動きをこんなにじっくりとらえることができるなんて、
「超能力」の域にあるかと思えてしまいます。
大英自然史博物館展は、6月11日まで。
ゴールデンウイーク中は、夜の9時まで開いているそうです。

オーデュボン水彩画
(博物画のカレンダー。オンマウスで、別の画像。)

関連記事 in my blog: Audubon Songbirds & Other Backyard Birds 2014 Calendar,
大野麥風展,  「深海」 科博特別展 


よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2017.04.01  変わらぬ光誰がためぞ 読みたい本 


jihanki_.jpg
ボクハソンケイスル ジドウハンバイキヲ ソンケイスル 
如月小春のAnotherを読んで、つい撮りたくなった夜の自動販売機)

前回の読みたい本の「なじかは知らねど」は
「ローレライ」の歌詞で、
今回のは滝廉太郎「荒城の月」3番の歌詞です。
1番2番では「過去の栄光はどこに?」と歌われていますが、
3番になると、「今も昔も変わらない月の光は
誰のためだろう」となる。
垣に残るは ただ葛

この頃、母の時代の人が歌っていた歌の
文語体の歌詞が好きです。
母の世代の人たちの書いたものも読みたくなります。
今の内にちゃんと聞いておかなきゃと思う、
後輩社員みたいなものなのか。
3月に読んだのは
三浦哲郎の「おりえんたる・ぱらだいす」
司修の「きままなる旅 装丁紀行」
どちらも古本屋さんでみつけた本でしたが、面白かったです。
「きままなる旅」でちょっと触れられていたことが気になって
司修の「戦争と美術」を読み始めています。
三浦哲郎は、その司修が装丁したという「おろおろ草紙」を読んでみたい。
わかっていないことがあるのに
「昔は・・」なんて軽々しく言わない自分でいたいと思っています。

こちらは母世代じゃなくて、先輩世代。
「如月小春の精選戯曲集2」をだいぶ読み進みました。
7つ戯曲が収録されています。
昨年12月の17回忌に出版された本です。
阪本順二の映画「団地」に出てきた変な宇宙人みたいな
アンドロイドみたいな登場人物がいっぱい。
心に水が注がれるような気持ちで読んでいます。

すぐパラレル読みしてしまうので、
ちょっと一冊一冊落ち着いてと思っています。

記事 in my blog: なじかは知らねど 読みたい本

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2017.03.23  ぎん色いろ色ー科学館の思い出 


kagakukan2.jpg

西荻駅前の象が新しくなったり、町は変わっていくもので。
去年の夏、久しぶりに妙正寺公園の方を散歩していたら、
科学館が閉館して、取り壊しを待つばかりになっていました。
老人用の施設に建て替えられるそうです。

中学2年で、祖父母の家のある杉並に越してきた頃、
なかなか東京になじめずにいましたが、
学校から帰ってきて、ときどきこの辺りを散歩するのが好きでした。
プラネタリウムのドームと
大きな欅の木が何本もあるのを見にくるのです。
東京の地図よりも、
くわがたみたいな愛知県の地図のほうがくっきりと頭にある。
河川の名前も浄水場の名前も、
知多半島や渥美半島の特産品もすらすらいえる。
そんなわたしは、
小学生の時に連れて行ってもらった
名古屋の科学館のプラネタリウムの思い出を重ねていました。
やがて、文鳥もうちにやってきました。

大人になってからは、
変化ということに怖気づかなくなったけれど、
変わらないことを守りたい気持ちもあります。
どうしようかと途方にくれることがあります。
そんなとき、いるんだかいないんだかわからないくらいの軽さで
文鳥はふっと、飛んできてわたしに止まります。

それにしても、小学校教育ってすごいと思います。
よく「転勤族あるある」で、盛り上がるのですが、
小学校の3,4年で勉強する地理が一生頭に残る。
で、あんたどこの人なのよ、って言われちゃうんだよねという。

科学館
(オンマウスで、画像が変わります。
建物って空っぽになると、あからさまに寂しげになります。)


関連記事 in my blog: 水晶宮,   昔の村へ確かめに行く


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村




2017.03.13  あゆみBOOKS 小石川店 


ayumi.jpg

「閉店する時にしか、本屋さんへの愛を
爆発させることができないなんて
さみしいじゃないか!」
あゆみBOOKS小石川店が、
3月19日に閉店を前にこんなキャッチフレーズで
フェアをしています。

わたしは、あゆみBOOKSのブックカバーが好きで、
荻窪と高円寺のお店によく行ってましたが、
今は文禄堂と名前が変わり
違うデザインのブックカバーになりました。
それでブックカバー目当てに
田町駅前にある、あゆみBOOKSへ、
時折出かけたりしています。
小石川店は知らなかったのですが、
フェアが面白そうなので、行ってきました。
東京ドームと文京区シビックセンターと中央大学に近い場所。
こんにゃく閻魔のある通りです。

フェアは今わたしのはまっている夏目漱石に関する本や、
お店で対談があったという絲山秋子のサイン本
ジャンルはさまざま
ポップだけでも十分面白いぞな本が並んでいました。
いずれ買う予定だった本とフェアの中の面白そうな本に
カバーをかけてもらって、ほかほか抱えて出てきました。

そのあと、中央大学の横の坂を上って
昔神保町にあった、エスワイルというケーキ屋さんをめざしたら、
こちらはすでに違うお店になってました。
ああ。

関連記事 in my blog: 御茶ノ水 茗渓堂のブックカバー

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村







2017.03.11  ニンゲンも文鳥も助かるために 


Bosai.jpg

震災から6年が経ちました。
昨年、津波の被害が大きかった大槌町へ行き、
実際に、大槌町役場の前に立つと、言葉がありませんでした。
どれだけ備えていても、
どれだけ津波の怖さをわかっていても
瞬間的には「固まって」しまうだろうと思うのでした。
それでも、どう備えるか
目の前のことから、折々に考えるようになりました。

最近、職場の備蓄品の中から
消費期限切れ直前のカンパンが放出されました。
欲しかったらあげますとのことなので、
もらって食べたところ、こりゃまずい。
だんだん気にならなくなって、仕事中にぽりぽり。
でも、あまりに不評だったからか
他に安いのがみつかったからなのか、
会社の備蓄はカンパンから、ビスケットに変わりました。
味も大事ですが、
消化不良になったり、体質に合わなかったり。
食べ物は身体的、精神的な支えにもなるので、
じっくり考えておいたほうがいいなと思っています。

家では、備蓄全部の水が同じ日付で古くならないよう、
月一回こまめに入れかえることにしました。
ちびちび開封できる500mlのペットボトルにしました。
他には、文鳥が寒さに弱いので、
カセットガスのストーブを買いました。
すぐに思い浮かぶ指定避難場所以外の
よく知らない避難場所にも
実際に歩いて行って見ました。
ここは広いけど、広いだけに人が押し寄せそうだなとか
怪我をしたら病院が近いからここだなとか。

また先日、職場でAEDの使い方と心臓マッサージ
止血など応急手当の講習会を受けました。
心臓マッサージは1秒間に2回押さなければいけないとかで、
ほんの15秒くらいやっただけでも、消耗しました。
誰かが心臓マッサージをしていたら、その人任せにしないで、
途中変わってあげたり、
他に助けてくれる人を呼んできたりも必要だなと思いました。

ほかにもまだまだ。
防災に関しては、タラレバ娘も悪くない。
沢山の、たら、ればな想像力を駆使して備えなきゃと思っています。

関連記事 in my blog:  地震イツモノート, ぎん色いろ色ー命あること,  三陸鉄道にも乗ってきた

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村