空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


記事の年月でさがす


2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.04.08  アトリー 妖精のおよめさん 



妖精のおよめさん
(評論社 1987/7/20)
アリスン・アトリー 文 三保 みずえ 訳
ユノセイイチ 絵

妖精のおよめさんの原題はThe Girl who Married a Pixieで、
Pixieは小さな妖精です。
妖精の王子にみそめられた少女は
自分も妖精となって、かなしみを忘れ、時を忘れ
陽気に暮らしていきます。
でも、ふとした瞬間、かつて暮らした人間たちの思い出が
頭をかすめていくのです。

アトリーの「妖精のおよめさん」を読み返して、
この雰囲気がまさに、「ポーの一族」だなと思いました。
イギリスのフェアリーテイル。
40年前の「ポーの一族」は
最近新たに描かれている物語に比べると、
おとぎ話の要素が強かったのです。

たとえば、「リデル・森の中」という話は
「妖精のおよめさん」の逆バージョンです。
時の止まったポーの一族の少年に育てられた少女が、
ニンゲン界に戻り、成人し結婚して子供を産み
幸せな日々を送っています。
それなのに、やはり
ふとした瞬間に、かつて自分を育ててくれた
彼らのことを思い出し、こんなことを言っては
夫にただ微笑まれるのです。

わたし昔、小鳥の巣箱にいましたの
どこか遠い森の中で 2羽の小鳥に育てられたんですよ


この童話集に載っている4つのお話は
少女が、不思議な世界や不思議な方法で
「結婚相手」と「幸せ」を見つけるというファアリーテイル、
アトリーの魅力がいちばんよく出ている物語だと思います。
ユノセイイチの挿絵がまた素敵です。
表紙絵は妖精と馬にのった少女が
荒地(ムーア)をかけていく場面です。
あたかも空を飛んでいくように見えます。
うちの文鳥も、ありえないほど上空にある真っ白な雲みたいです。

関連記事 in my blog: ロルカ詩集 優しい恋歌,  こぎつねルーファスとシンデレラ,  
ポーの一族 Flower 3月号

よろしければポチっとお願いいたします。 


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2012.07.04  「ユタとふしぎな仲間たち」の表紙 


ユタとふしぎな仲間たち
(マウスをのせると表紙にズームします。)

先日、いわさきちひろ美術館でも展示されていた
香月泰男の「玩具」を初めて見たのは、山口県立美術館でした。
シベリア・シリーズの絵を見るために入ったところ、
一緒に展示されていた「玩具」に見覚えがあり
家に帰ってから確かめると、やはり・・。
何度もの引越しにもかかわらず残った
「新潮少年文庫」の表紙が香月泰男のブリキの玩具を使った装丁でした。

「新潮少年文庫」は1970年代に出版されています。
三浦哲郎の「ユタとふしぎな仲間たち」
新田次郎の「つぶやき岩の秘密」
水上勉の「蛙よ木から降りて来い」などなど、趣のある作品が10冊。

わたしの一番好きな「ユタとふしぎな仲間たち」の表紙は、雪の景色です。
初夏から秋にかけてのお話しなので
こどもの頃からずっと、「?」と思っていました。
三浦哲郎といえば、青森でしょう・・
青森といえば、雪深いでしょうということで、こうなったのかな。

こうして、あらためて表紙を見るのも楽しいけれど、
せっかくだからこれを機会に
「新潮少年文庫」を読み返してみることにしようと思っています。

関連記事 in my blog: ユタとふしぎな仲間たち,  母のまなざし 父のまなざし


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.09.20  ライオンのながいいちにち 


lionnagai.jpg
ライオンのながいいちにち
(佼成出版社 2004/01)
あべ 弘士

ほかに、ライオンの「よいいちにち」と「へんないちにち」があって
これは3冊目。
「ながいいちにち」は、連休の帰りに
渋滞に巻き込まれた人間のお父さんみたいなライオン。
ライオンの子供たちがうわぁっと駆けていくと
いっぺんにフラミンゴたちが飛び立って空が夕焼けのように見える
その絵がとっても素敵です。
ライオンの一番のごちそう「ヌーの大群」が押し寄せてくる
本物の夕暮れの風景も。

おとうさんライオンは
子煩悩で、こどもたちものびのびしてます。
延々と隊列をつくって地面をとどろかせていく「ヌーの移動」
それを見ながらおとうさんは「食いきれん」と一言。
その、ナチュラルさに、
夕方って、「飯どき」ともいうよね・・と思い出します。

旭山動物園をやめて絵本作家になった人って
・・この人だったのね・・
と最近わかって、今さらびっくりしたわたしですが、
のびのびとした動物の絵がとっても好きです。
好きだなぁと思った、動物園の案内矢印のペンギンも
あべ弘士作なのだそうです。

関連記事 in my blog: ペンギンが空を飛んでいた


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.09.01  ユタと不思議な仲間たち 


都会から引っ越してきた少年、勇太と
座敷わらしたちとの一年をつづった物語が
子供の頃大好きでした。
三浦哲郎が亡くなったというニュースを読んで
本棚から出してきて再読しました。

座敷わらしたちは、江戸時代、東北地方をたびたび襲った
冷害と飢饉という暗い背景から生まれた妖怪。
シニカルで、リアリストで、でもユーモラスな彼らの
果てしなく親父っぽいところがとても好きでした。
勇太は田舎の自然の中で身体も鍛えられていきますが
単純に人づきあいのコツなんていう、うわべのものじゃない
心意気みたいなものも教えられていきます。

もやしっ子だった勇太が、
しっかりとした「村の子」になった一年後
座敷わらしたちとの突然の別れがあります。
山火事で大きな大黒柱のある古い旅館が焼け
そこに棲む「座敷わらしたち」は引っ越さなければならなくなったのです。
エンツコ(ゆりかご)に乗って、彼らが行ってしまったように
作者も行ってしまったのかと思うと
さびしくて仕方ありません。

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)
(1984/09)
三浦 哲郎

関連記事 in my blog: 木馬の騎手,  わくらば


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.06.29  れいぞうこのなつやすみ 



「空飛ぶお城」のアクセス・キーワードを見ていた時、
あまりにも関係なくてすみませんと思ったのが
「冷蔵庫 なぜ凍る」
すみません。
って、こんなことを書くと、またひっかかっちゃうかも。
おわびに面白い冷蔵庫の話など。

ある日、けんいちくんのうちでは、れいぞう子(冷蔵庫 ♀)が夏休み宣言、
最初はきぃ〜っとなるおかあちゃんも、
いちばん付き合いが多いだけあって、まぁいいやって許してあげます。
泳ぎたいという、れいぞう子にビキニまで貸してあげます。
全体的におかあちゃんがすごいんですが
れいぞう子がプールの入り口で断られたときの一言が、特にすごい。
「なんで?この子はうちの子や」
いや、おかあさん・・そっそれは・・・とたじたじしてしまうド迫力。
(ちょっと困るけど、なんだか泣けちゃう。)
かくて、けんいちくんもれいぞう子のおかげで泳げるようになりました?!

ほんとに長年使えば使うほど愛着もわいて
ちっともエコじゃないのもよくわかっているし
相変わらず、余計なもの凍らせているし
そろそろ・・・なんて考えたりもするけれど
自分のこととなると電気製品を前に優柔不断なのです。

れいぞうこのなつやすみ
(PHP 研究所 2006/05)
村上 しいこ 文 長谷川 義史 絵

関連記事 in my blog: たなばた

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2010.05.28  床下の小人たち 


ゆかしたのこびとたち
床下の小人たち (岩波少年文庫)
(2000/09)
メアリー ノートン


この7月に封切になる宮崎アニメ
「借りぐらしのアリエッティ」の原作、「床下の小人たち」を読みました。
子供の頃、途中放棄した本はたくさんありますが。
この本も、そうでした。
「見られてはならない」床下の暮らしに
どうしても「アンネの日記」が思い出され、息苦しかったのでした。
大人になって、あらためて読むと、
一人の「ニンゲン」の男の子の存在の貴重さに気付きます。
「男の子」がクローズアップされると、とたんに
小人たちは
・・・虫っぽい。

男の子=虫が好き、という短絡的な連想なんですけど。
そういえば、はじめて「風の谷のナウシカ」で王蟲を見たときは
ひぃいっとなったものです。
というわけで、アリエッティの世界は
宮崎アニメではどんな風になるのだろ?、と気になります。

ところで、あとになって言われてみて、なるほどと思いましたが、
「アリス・イン・ワンダーランド」の、
赤の女王の「頭でっかち」は、「千と千尋の神隠し」の湯婆婆そっくり。
どうりで、酷いのに憎めない感じです。

関連記事 in my blog: 小人たちの新しい家


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.04.12  ナルニア国へ 


narunialion.jpg
ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)
(2000/06)
C.S.ルイス 作 瀬田 貞二 訳


海の向こうはイースターホリデーだそうですが、
この「ライオンと魔女」はイースター(復活節)が背景にあるお話です。
夏休み、ルーシーは兄弟たちと不思議なお屋敷に預けられます。
雨の日に空き部屋の洋服ダンスをのぞいているうちに、
そのむこうの銀世界にさまよいこんでしまいます。
そこは、ナルニア国。魔女に呪がかけられているため、
クリスマスのこない冬に長く閉ざされています。
やがて、ルーシーと三人の兄弟は
ナルニアにクリスマスと春が戻すための
魔女との戦いにまきこまれていきます。

「ナルニア国ものがたり」は、
長くて難しそう・・だったので敬遠していましたが
読んでみると、入国に年齢制限があるのもうなずける
お伽話の世界でした。
表紙の絵は、ルーシーがナルニアの精霊フォーンと出会って
初めてナルニアの世界に踏み込んでいく後姿です。
傘をさしかけているフォーンと
半袖のルーシーが可愛いと思います。
このあとフォーンは実はいろいろとんでもなかったり
なさけなかったりするんですけどね・・・。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




 Home