空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2013.06.13  なつかしい本の記憶―岩波少年文庫の50年 


natukashiihon.jpg
なつかしい本の記憶―岩波少年文庫の50年 (岩波少年文庫 別冊)
(2000/06/16)
岩波書店編集部



13年前に、岩波少年文庫が創刊50周年を迎えたときに出版された本です。
岸田衿子、今日子姉妹の対談や、
「ぐりとぐら」の中川李枝子、山脇百合子姉妹の対談など
ものすごく面白そうだと思いましたが、
すでに版元品切れになっていて、書店には並びません。
そこで、古書を手に入れました。

中に「メアリー・ポピンズ」の訳者、林容吉が書いている
「メアリー・ポピンズを書いた人」という短い文章がありました。
ディズニーのミュージカル映画、「メリーポピンズ」が公開される前年、
1963年の「図書」に載ったもので、
「来年の映画の公開を楽しみにしています」と書かれています。
当時の訳者は、原作者のP.L.トラバースが、
映画化を認めたことを後悔することになるとは
全く思いもしなかったのだな、と面白い気がしました。

多くのディズニー映画同様、音楽がよくて
煙突掃除の「チムチムチェリー」や、
「一袋2ペンス」の鳥のおばさんの歌など
わたしはけっこう好きですが、でも、原作とは全く別物です。

ともあれ、本が絶版になり消えてしまわない限り、
今日もまたメアリー・ポピンズは、東風に乗って
バンクス家の玄関に降り立っている。
その物語のはじまりに、はじめて向き合っているこどもがいる。
そして、今日もまた、窓に映った扉を開けて行ってしまうメアリーに
別れのあいさつをするこどもがいる。
それを思うとなぜだか嬉しい。
まさにわたしにとって一番「なつかしい本の記憶」です。

関連記事 in my blog: 二度とふたたび


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2012.03.05  ねこのお客 


nekonookyaku1.jpg
ねこのお客―かめのシェルオーバーのお話 1
(岩波少年文庫 1996/12)
ルース・エインズワース作 河本 祥子 訳

動物に優しいキャンディさんの家の動物たちは
新参者のカメのシェルオーバーが可愛がられるのに腹を立て、
眠っている間に生き埋めにしてしまいます。
そもそも土の中で冬眠するカメは、生き埋めなんてへっちゃら、
「眠っているうちに、なぜか土に潜っちゃいましたよ。」
と、土から這い出してきます。
そして、動物たちに「お話し」を聞かせてあげると言います。

その、いちばんめの話しが「ねこのお客」。
寒い冬の晩、一人で暮らすおじいさんのところに
やせ細った黒猫がやってきます。。
この猫は、おじいさんと分け合うこともなく食べ物を食べつくして
翌朝、姿をかき消してしまいます。

「生き埋め」にされたカメのシェルオーバーがするこの話
エドガー・アラン・ポーの「黒猫」を思い出します。
かの有名な、壁に妻の死体を埋める、という話。

ポーの「黒猫」の霊は、酷いことをした主人公を追い詰め復讐をとげます。
エインズワースの黒猫も、貪欲におじいさんのものを奪っていきますが、
その猫を「友」と呼んだおじいさんに、すべてを返し
姿なき「ぬくもり」として存在しつづけます。

雪の朝の黒猫とおじいさんは、短い会話をかわしますが、
そのあとは永遠に「目に見える」姿では出会うことはありません。
その朝の、雪の冷たさと、
輝きがありありと感じられるような気がします。
現実に動物を助け、愛され
天国の門に運ばれていくマローンおばさんの話とはまた違うMystic Storyです。

関連記事 in my blog: マローンおばさん


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2011.08.21  ねこになった少年 


nekoninattashoen.jpg
ねこになった少年 (岩波少年文庫)
(1996/11/15)
征矢 清 作 やまだ紫 絵

ニンゲンの男の子が猫になるという、
ポール・ギャリコの「さすらいのジェニー」のような話です。
猫になる男の子は日本人だけれど、
フランス人からもらった不思議な眼鏡をかけたとたん、
パリの猫になります。
(この魔法には年齢制限があります)
男の子はニンゲンであったことは忘れてしまいますが、
かつて自分がニンゲンであったことを思い出し
ニンゲンに戻ることを強く願った時には、
元に戻ると聞かされていました。

1954年の第五福竜丸事件で死んだ猫が
(実在したのかどうかはわかりません)
猫の作法「心伝え」によって
被爆の様子を伝言していくシーンが凄いです。
広島、長崎の原爆のことは知っていても
水爆実験で「死の灰」を浴びたこの船の事件を
知っている子供は案外少ないかもしれません。

やがて灰色猫(男の子)は
パリ郊外の「麦畑」のある村で、
生まれたばかりの仔猫に名前をつけようとして、
かつてニンゲンだった時の祖母の名前を思い出すのです。
祖母は、夏の朝、洗濯物を干しているときに被爆しました。
そのとき足元にいた仔猫が
ニンゲン同様にやけどをして苦しんでいた、
それをどうしてやることもできずに
つらかったと話していたことを思い出します。
そして男の子はニンゲンに戻ろうと強く思うのです。
ニンゲンとしてニンゲンが愚かなことをしていることを
「心伝え」をするために。

この地球上に生きているのは「ニンゲン」だけではない。
そのことを改めて思うのでした。

関連記事 in my blog: 緑色の猫

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2011.06.19  農場にくらして 


nojo_.jpg
農場にくらして (岩波少年文庫 511)
(2000/06/16)
アリソン・アトリー

「時の旅人」を読んだあと、すっかりアトリーファンになりました。
「農場にくらして」を図書館で借りて途中まで読み
続きは本屋さんで買って読もうと思ったら版元品切中です。
たしかに、いまどきの子供に読んでもらうにはあまりにも「しぶい」、
しかもけっこう分厚い。
これは絶版必至かな?と、あわてて古書店で1冊手に入れました。

スローフードならぬ、スロー読書で
ゆっくりゆっくり読んでいくのがお勧めの本です。
著者アトリーが、少女時代を過ごしたイギリスの農場での
四季折々のできごとが淡々と描かれています。
農場は日々忙しく、季節ごとの作業に追われています。
乳牛、馬、豚、ニワトリなどたくさんの家畜の世話や、果樹園の手入れ、
農作業の他に家事も山ほどあります。
少女も大人の手伝いをするし、また森を抜けて遠い学校に徒歩で
通わなければなりません。
けれども、農場にはとても時間がゆたかに流れているように感じられます。
だから自分もゆっくり読もう、出てくる植物の名前で知らないものは
調べながら丁寧に読もう、そんなふうに思うのでした。

主人公の母が、あるときはマーガレット、あるときはミセス・ガーランド
と表記されるため、最初の頃は
「誰だっけ?」と、前の方にもどったりしました。
知らないことや、わからなくなることで集中力は失われがちで、
翻訳者もあとがきで、「こどもが退屈する」ことを懸念しています。
それでも、アトレーの世界をできるだけ伝えたくて
努力したのだそうです。その思いはすごくわかる気がします。

極寒の真冬、小鳥たちのために納屋の入り口を開いておいてやる
そんな野鳥好きのイギリス人らしい話もありました。
こどもの頃、こぎつねルーファスや、チム・ラビットを愛した
昔少年、元少女のためにも
残っていて欲しい本だなぁと思うのでした。

関連記事 in my blog: 時の旅人


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2009.04.09  カッパ会議 


nagainagai.jpg
長い長いお医者さんの話 (岩波少年文庫)
(2000/06)
カレル・チャペック 作 中野 好夫訳


カレル・チャペックの「長い長いお医者さんの話」は童話集で、
9つのお話がおさめられています。
ひとつひとつのお医者さんの話は
それほどに長いわけではありません。

その中に「カッパの話」があります。
チェコにもカッパがいることに、驚きましたが、
ちょっと日本のカッパと違うような感じです。
プラハには「二流以下のつまらないカッパでも、自動車を乗り回し・・・」
なんて羽振りのいいものから、
働けど、働けど・・の苦労をしているものまでいろいろいるようです。
そんな「カッパ業」も、昨今では(1940年代)転業するカッパが増え
先細りの様相。
カッパ会議が開かれると、カッパ業界の今後を憂うる声が
あがったりしています。
「こんな状態では、あとが絶えてしまう。」なんて悲観的な話しから
「カッパ業」が興隆を極めたころの思い出話を始める老カッパなどがいて
うん?どこかで似たような・・・。
カッパが思いつめると、水に身を投げるのではなく
空気に飛び出しておぼれる・・・のだそうです。
空気に身投げした、とあるカッパがみつけたものは・・

水の面に映っている青空。
それをみつけたカッパがそれから一転、
どんな幸せをつかんだか、
ぜひお話を読んでみてください。

それにしても、チェコのカッパはなんだかカエルっぽいです。

関連記事 in my blog: 園芸家12カ月


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




 Home