空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


記事の年月でさがす


2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.09.23  ネロの木靴 


neronokigutsu_.jpg
ネロの木靴
(地湧社 2014/1/31)
臼田 夜半

この小説は、ネロ亡き後の、幼馴染のアロアの物語です。
登場人物たちの生きた時代が
ただの牧歌的な童話の中の「むかしむかし」な時代では
なかったということに気づかされる小説です。

ルーベンスが絵を描いた時代は、キリスト教が
プロテスタントとカトリックに分かれて争われた時代でした。
一方、ネロやネロを取り巻く人々が生きたのは、
産業革命によって、封建社会が崩れ始めていた時代。
どちらも、新旧の考え方が激しくぶつかり合っていました。
アントワープは、当時興隆をきわめた港町であり、
産業革命の先端だったそうです。

アロアの父、コゼツは村の有力者であり風車の所有者でしたが
風力から石炭へ、農業から工業へ移りつつある中、
次第に衰退の道を歩まざるを得ません。
コゼツ自身が安定的な未来を感じられないから、
まだ未熟な夢を持つネロに、
寛容さを見せることができないのです。
そして、村人たちが
有力者のコゼツに逆らいたくなかっただけではなく、
実は地域社会全体のつながりが弱くなっていて、
助け合いの機能が発動しなかったのかもしれない。
社会がネロを窮地に追いやり、
社会がネロの窮地に気づけない。
「フランダースの犬」は、
無縁社会といわれる現代にも、
どこか通じるところがある物語だったのかもしれないと
思うのでした。
ただ、アロアのその後の物語については
どうなのかなぁという感じで読んでいました。

関連記事 in my blog: アントワープ 聖母大聖堂


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2017.09.22  「フランダースの犬」最近の本 


小学館 フランダースの犬
(オンマウスで、本文の挿絵。)
世界の名作ベストセレクション フランダースの犬
(小学館 1998/9/20)
森山 京 文 / いせひでこ 絵

ベルギー旅行前に、「フランダースの犬」が
全文翻訳されている本がないかしらと
数か所の本屋さんを覗いてみましたが、
いわゆる子供向け名作文庫が棚ざしされている中に
「たまたまある」こともある、程度でした。
そういう本の挿絵は少女向けコミック風で、可愛い感じです。
昭和の子供向け文学全集のように、
名作3本まとめてどうぞ、みたいな重い本は全くなくて、
ソフトで軽い感じの本たちです。
試しに、ここ10数年の間に出版されている
「フランダースの犬」を調べてみたのが下表です。
もっとあるかもしれないですが、だいたい。

発行年 出版社 シリーズ名など 挿絵 備考
2016 小学館 小学館ジュニア文庫 田邊雅之 日本アニメーション * C
2015 学研プラス 10歳までに読みたい世界名作 那須田淳 佐々木メエ  C
2015 ポプラ社 ポプラ世界名作童話 濱野京子 小松咲子  
2014 角川書店 角川つばさ文庫 中村凪子 鳥羽雨 * C
2011 ポプラ社 ポプラポケット文庫 世界の名作 高橋由美子 牧野千穂 *
2011 偕成社 偕成社文庫 雨沢 泰 佐竹美保 *
2009 講談社 講談社青い鳥文庫 松村達雄 亜沙美 * C
2007 チャイルド本社 チャイルド世界名作館 武鹿悦子 牧野鈴子  
2006 金の星社   いもとようこ いもとようこ  絵本
2003 岩波書店 岩波少年文庫 野坂悦子 ハルメン・ファン・ストラーテン *
2001 世界文化社 世界の名作 神沢利子 中谷千代子  
1998 小学館 小学館世界の名作 森山京 いせひでこ  
1994 集英社 子どものための世界文学の森 榊原 晃三  ラベリー・M.ジョーンズ  

(備考欄 *=小B六版(コミック本サイズ), C=コミック挿絵)

「フランダースの犬」は、子供の頃挿絵が好きだった都合、
結局挿絵が気になります。
そんな中で、絵が好きだなと思ったのが上の、
今から10年近く前に小学館から出版された本です。
全部のページに挿絵があって、
お話は部分的に省略されている、
子供の頃から持っている本と同じタイプです。

この二つの本に共通しているのは、挿絵の中で
ネロ(本の中ではネルロ)が、幼児から少年になり
青年になりかけているのがくっきりわかるところです。
そしてネロが美しい少年で、そのネロが
パトラッシュといる姿がわけても美しい、
そのことは、この物語において
とても重要な点じゃないかと思います。
もうひとつ、挿絵の中のネロの暮らす村が美しいことも。
わたしの持っていた古い本とは違ってオールカラーなので、
アロアの誕生日の晩にひとりぼっちで夜空を見上げるネロのシーンや、
アントワープの市庁舎広場に、絵を持ってやってくるシーンは
ほんとうにきれいです。

小学館 フランダースの犬
(偕成社 幼年世界文学全集の挿絵。応募したコンクールの結果を見に行く途中。
ネロとパトラッシュが長年の友人であり、家族であることがわかる後ろ姿だと思います。
オンマウスで、アロアの誕生日パーティの夜。これは小学館の本だとさらに美しいシーンになっています。)

関連記事 in my blog: 幼年世界文学全集 ーフランダースの犬


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2017.09.18  アントワープ中央駅の時の旅人 


rubense
(駅のあちこちにアナログな時計が。オンマウスで駅の外側、
出てすぐの広場に大きな観覧車があります。)

アントワープへはブリュッセルから日帰りの一日旅行でした。
「ルーベンスの絵」の他にも、動物園も見たい、
ルーベンスの家からほど近いはずの「小鳥の市」見たいなど
いろいろ気になるところがあり過ぎるので、当初は2日にわけて行く予定でした。
しかしそんなに予算も時間もないので、1日で見て回る強行軍となりました。
「小鳥の市」については週末のみで、ウイークデーのこの日は
広場はがらんとしていました。

アントワープ中央駅も楽しみにしていたうちの一つでした。
実際降り立ってみると、
「ハリーポッター」か、「ナルニア国物語」か「時の旅人」か。
まるでファンタジーの入り口のような駅です。
白フクロウが羽音をさせずに、なめるように飛んでいても驚かない。
中央階段を上って行く人が、いきなりふわっと宙に浮かんで
空に飛びあがっても驚かない。
さらにこの駅の外に出ると、大きな観覧車がそびえたっていて、
非現実感がいや増します。
かって、蒸気機関車が走っていた頃の風景も見えてくるような気がします。

rubense
(駅のこの階段を上った右手にLe Royal Cafe。オンマウスで、カフェのロイヤルな感じの窓。)

一日アントワープを歩きに歩いた夕方、
駅のビアカフェで一休みしました。
かつては貴賓室みたいな場所だったそうです。
遠いテーブルの間を歌っているみたいな感じで動き回っていた
店員さんがふわっと魔法みたいに現れたので
メニューを見ながら、クロックムッシュを頼み、
あれ、発音はムーシュだっけ、ムッシュだっけ?
と考えているうちに店員さんは消えていて、
気が付くと鳩がテーブルの下を巡回しています。
鳩に見とれていると、
ふわっと店員さんがビールのグラスを持ってまた現れます。
内装はお城ですが、店内は庶民的でカジュアル。
時間帯も中途半端だから混んでないし、
とても居心地のよい不思議時間を過ごすことができました。

rubense
(そしてロイヤルな感じの天井。オンマウスで、案外カジュアルな店内。)

カフェを出たあと、ブリュッセル行の列車がどこから出るのか
駅をぐるぐるしたあげく、やっと乗れたと思ったら、
故障のため途中駅で車両チェンジ。
でもなんだか、アントワープでかけられた魔法のせいか
いつの間にか
ふわっとブリュッセルについたのでした。

関連記事 in my blog:  時の旅人

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2017.09.15  ルーベンスゆかりの街 


大芸術家の栄光は、アントワープにまだ生きつづけていました。
・・・・くねくねした小道をゆっくり歩いていくと、
よどんだ運河のほとりに、にぎやかな路地に
ルーベンスのたましいはのこっていて、彼の思いうかべた
堂々とした美がわたしたちをとりまきます。
(フランダースの犬 岩波少年文庫 野坂悦子訳)


「フランダースの犬」の中に、こんな一節があるように、
アントワープには、あちこちにルーベンスゆかりの地があります。
聖母大聖堂の近くのフロン広場には、ルーベンス像があり、
上野公園の西郷さん同様、頭と肩に鳩を乗せていました。
広場のざわめきに混ざって、時折鐘の音が聞こえてきます。
観光客を乗せた馬車をひく馬の蹄の音が軽快に響きます。

rubense
(オンマウスでズームアウト。左に見えているのが聖母大聖堂。)

聖母大聖堂から5分ほど、細い路地を入っていったところに
聖パウルス教会があります。
市庁舎前の広場の脇、ちょっと静かな道を進んで、ここなのか?
はたして、ここは入っていいのか?と思うようなドアを
ぎぎっと押して入っていきます。
この教会は外観からはびっくりするほど内側がきれいです。
ルーベンスの絵の他にも多くの絵がずらっと。

rubense
(オンマウスで壁面いっぱいの絵)

Disputa van het Heilige Sacrament という
聖餐について議論をする人々の様子が描かれた絵や
聖夜に嬰児イエスを囲む人々の絵もルーベンスの作です。

rubense
(あまりにぼんやりしているので、Wikiにリンクを貼りました。
①聖餐についての議論 オンマウスで②羊飼いの礼拝

そして、聖母大聖堂から駅に向かって歩く途中に、
「ルーベンスの家」があります。
ここではルーベンスの自画像の他に、バンダイクの作品など
当時の室内装飾の中で見ることができ、
古い物語の中に入っていくような感じがします。
下の画像は庭から見たルーベンスの家です。
アリスのトランプの兵隊が出てきそうな庭です。
室内も庭も、北の地方なのに南の雰囲気が漂います。
かつてスペインの支配下にあったゆかりでしょうか。

rubense
(オンマウスで、室内の階段)

ルーベンスの絵は、教会の荘厳な空間で見ると
ドラマティックな臨在感があります。
そこに、鐘の音や聖歌の音響効果が加わり
日常と切り離された非現実的な世界が目の前に開けます。
カトリックとプロテスタントとの
派閥争いの中で、描かれたこれらの絵は、
たとえばネロがそうであったように、人を惹きつけ
さぞや信仰心を篤くする効果があったのだろうと思うのでした。

関連記事 in my blog:  アントワープ聖母大聖堂, 

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2017.09.09  ネロが見たルーベンスの絵 


ワッフル
(十字架にかけられるキリスト像 オンマウスで、十字架から降ろされるキリスト像。)

アントワープの聖母大聖堂には、ルーベンスの絵が三作品あります。
イエスの処刑の前後を描いた祭壇画が二点。
どちらも観音開きになる、屏風のような作品です。
そしてもう一点は大聖堂の真正面、祭壇上部に飾られている作品です。
聖母被昇天。イエスの死を見届けた聖母マリアが
沢山の天使とともに、空へ上って行く絵です。
「フランダースの犬」の主人公ネロが
月明かりの中で見たというルーベンスの絵は、
わたしがかつて読んだ本の挿絵によると、
向かって左側に置かれていた「キリストの昇架」のようです。

rubens4.jpg

とてつもなく天井の高い、この大きな聖堂の中に入ると、
どこかセンチメンタルに思えていた「フランダースの犬」が、
宗教的な物語であることに気づかされます。
今から145年前、1872年にイギリスで出版された子供向けの物語。
舞台となったベルギーでは
さして有名ではなかったそうです。
日本でいえば明治4年。
まだ電気もガスも水道もいきわたらない時代、
貧富の差は、身分の格差でもあり、
ネロのように10歳にならないうちから家計のために働く子供は
世界中、決してめずらしくはなかったでしょう。
そんなネロは死の間際にルーベンスの絵を見て心から喜びます。
いったい何が魂を救うのか、ひしひしと考えさせられます。

最後の画像は、わたしが子供の頃から持っている本にある挿絵です。
話の流れからすると、聖母被昇天を見上げている方が
しっくりくる気がしますが、
この位置にある絵に覆いをかけていたとは考えにくいので
やはり、金を払わないと見られない絵とは
二枚の祭壇画のことだったのでしょう。
文鳥が隠していますが、次章のタイトルは
「もう まにあわない」となっています。
「この後、時は延ぶることなし」という
聖書の黙示録の言葉を彷彿とさせます。
原書には章タイトルはありませんので、
川端康成がつけたものでしょう。
物語の内容などほぼ忘れていましたが、
このシーン、この挿絵だけはずっと心に残り続けていました。

rubens3.jpg

関連記事 in my blog:  アントワープ聖母大聖堂,  幼年世界文学全集 ーフランダースの犬

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2017.09.08  「南極料理人」に異国で食べる料理を思う 


Bergimeal.jpg

(ブリュッセルのChez Leonは、あらゆるガイドブックに載っているお店です。
なんと、創業1893年だそうで、ムール貝はやみつきになる美味しさでした。
時間がずれていたので、わりとすんなり入ることができました。)


行きの飛行機の中では、「君の名は。」を見て、
帰りは、「南極料理人」を見ました。
これがまた面白かったのでした。
ベルギーに何しに行ったんだよ、って感じですけど。

2009年の映画で、主演は堺雅人。
ペンギンもアザラシもいない
極寒の「ドームふじ観測拠点」の隊員の食事を用意する料理人のお話。
隊員たちの独特の間合いがたまらなく面白いのでした。

映画の中の、極寒の風景を見ていて思い出したのですが、
30年以上前、ヨーロッパ便には
北周りと、南周りというのがあって、
北周りは、アラスカのアンカレッジ経由でした。
ソ連の上空を飛べないために、
アンカレッジで給油して、北極の上を飛んでヨーロッパ入りするというもの。
わたしも1度だけ北周りを経験していて、
2月のアンカレッジはほぼ北極に見えました。
当時はコペンハーゲンまで20時間くらいかかったような気がします。
そんな冷戦みたいなことがやっと終わったかと思っていたのに、
昨今の世界情勢を見ると、また結局そこね、というような・・・。

南極料理人で、ともかく笑うのは、
隊員たちの、インスタントラーメン愛とか、
たとえそこに伊勢海老があっても、エビフライを食べたがる
大衆的な感じとか。
西村淳の原作をぜひ読んでみたいと思っています。

ベルギーに行く前に読んでいたガイドブックでは
レストランなどは予約が望ましいと書いてありましたが、
時間がピークじゃなければ、飛び込みでも大丈夫なお店が多かったです。
ただ、値段をみると高級レストラン過ぎて腰が引けてしまいます。
日本にくらべると外食はとても高くなるのだそうです。
野菜が豊富だし、魚介も多いしで、
料理はなかなかに美味しい感じでしたが、
味噌だの醤油だの米だのが、たかが一週間くらいでも
恋しくて、たまらん感じになって帰ってきました。
話があちこちになりましたが、
「いつもの味」に故郷あり、って気がします。

ワッフル

(ゲントのMaxというお店は、ベルギーワッフルの発祥のお店だとか。
ここも古くて1839年創業。特製ワッフル、想像していた以上に美味しかったです。
珈琲カップについている絵は、小さくてわかりにくいでしょうがドラゴン。
アールヌーボーな店内も素敵だし、お店のひとも感じが良かったです。
オンマウスでお店の外観。)


よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2017.09.01  故郷ー失いたくない風景 



故郷
(オンマウスで裏表紙、とてもきれいな写真です。)
故郷ー私の徳山村写真日記
(じゃこめてい出版 1983/9/28)
増山たづ子

旅行から帰ってきて、確かどこかにあったはずと
本棚をさがしたのがこの一冊でした。
アニメの「君の名は。」で思い出した30年以上も前の写真集です。
ダムに沈む故郷を「ぴっかりコニカ」で撮って回ったという
素人写真家の写真集。
30年前に母が買った本で、当時母はとても感動して
わたしにも見せてくれたのでした。

30年前には、「ふうん」程度の思いで見たという記憶があります。
今になって母が何故そんなに感動したのか
ようやくわかるような気がします。
増山たづ子さんは、岐阜県の徳山村で生まれ徳山村で育ち
同じ村出身の青年と結婚しました。
「君の名は。」のテッシーとさやかみたいに。
たづ子さんの夫は、
インパール作戦で出征の際に行方不明となりました。
夫が帰ってきたときに、村がダムに沈んだとは言えないと
最初は反対もしたとか。
けれどもやがて、村に生きる人々の写真を撮りはじめたそうです。
夫の帰りを待ち続けながら、
せめて生まれ故郷の風景を写真に残しておこうと思う優しさと悲しさ。
村の景色を背景に人々の笑顔のなんて素敵なことか。
本が出版された年には66歳だった増山たづ子さんはもう亡くなっています。

戦争もダムも、大きなお国のまえには大河に
蟻がさからうようなものだと思って諦めました。


あとがきにある、たづ子さんの言葉です。
詩人の石垣りんも言葉を寄せています。

時の流れにけっころがされながら懸命に生きて来た者が、
どたんばでこちらを振り返った目のようでもあります。

戦争を経験したことのある世代が
どんどん亡くなっていく中、わたし自身の親たちを含めて、
懸命に守りたいと願った平和というものを
見失いたくないと思う今日この頃です。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村