空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 04月 【12件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.04.23  騎士団長殺し 



騎士団長殺し 
第一部 顕れるイデア編 ・ 第二部 遷ろうメタファー編

(新潮社 2017/2/25)
村上 春樹

読了しました。
なんというか、いろいろでした。
父と子の問題、戦争で亡くなった人を鎮魂するということ、
暴力を前にしたときの人間の弱さ、プラトニックラブなどなど。

二部に入ってからの展開は、
不思議の国のアリスさながらというか、
子供の「ごっこ遊び」のようでした。
きゃーきゃー怖がることでエキサイトする感じ。
わたしはむかしから、この「ごっこ遊び」に
のりが悪いほうだったので、
かなり盛り上がり切れない気持ちで読んでいました。
そういえばフクロウも出てくるし
「禁じられた遊び」のようでもあります。

タイトルから「ジョバンニ」が連想されたり、
画家が亡くなった妹を深く愛していたことや、
東北地方をさすらうところから
宮澤賢治的な世界になるのかと思いましたが、
まったく関係ありませんでした。
オペラ、ドン・ジョバンニすらも
あまり関係なかった気がします。
先日読んだ「戦争と美術」のような話も少し期待しましたが、
まったく関係ありませんでした。

箱やカバーだけあって中身の抜けている本棚の前に
立っているような感じ。
画家がいないアトリエの
がらんとした感じとも似ています。
小説の中でも引用されていましたが、T.S.エリオットの
「我ら虚ろな人間たち・・」なのか。
虚ろではあるけれど、
何かを愛さずにはいられないということなのかなと。
We are the hollow men
We are the stuffed men
Leaning together
Headpiece filled with straw. Alas!

関連記事 in my blog: 戦争と美術 画家の魂

あらすじは(続きを読む)から。ご参考までに。
スポンサーサイト

←続きを読む



2017.04.20  騎士団長と裸の王様 


hadakano_.jpg
(本棚からひっぱりだした古いアンデルセン童話集では、「裸の王様」じゃなくて、
「王さまのあたらしいきもの」というタイトルになっていました。)

村上春樹の「騎士団長殺し 第一部 顕れるイデア編」
を読み終えて、第二部に入りました。

小説を読みながら、
アンデルセンの童話「裸の王様」のことを考えていました。
「愚かだと見ることができない」と言われた服を着て
王様が裸の行進をしてしまうという話です。
それを見抜くのが無邪気な子供という
いかにもアンデルセンらしい童話です。
詐欺師の仕立て屋が全面的に悪者で、
王様を含めて大人たちは愚か者です。

そんな本来の童話を離れて、もしある仕立て屋が、
本当に「愚かだと見ることができない」服を作ったのだとしたら。
たとえ王には見えていなくても、
家来にも見えていなくても
王国の大部分が愚か者だったとしても。
「愚かだと見ることができない」という服を着ることこそが
真理であるとはいえないだろうかと。
実際は50%の人にはその服が見えていたけれど、
国王は見えないので、裸だと言った子供が正直だと褒められる
それこそが愚かさということじゃないかと。

別の仕立て屋のことも考えました。この人は
「裸こそが、最高に美しい服」
というコンセプトで見えない服を仕立てたのです。
知恵の木の実を食べて、裸を「恥」と思う、
それこそが愚かさではないかという主張。
楽園回帰な服です。

そういう「目に見えない服」というのが、
イデアというものだろうか
というようなことを考えていたのです。
聞いたところによると、この小説は答えを出さないそうなので、
先を急がず、ゆっくり考えながら読んでいます。
(裸の王様は出てきませんが)
二部からはじわじわと、残酷なシーンが見え始めました。
もろもろ、気持ちの悪い状況になっていっています。

関連記事 in my blog: 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2017.04.18  オーデュボン動物園 アクセス 


Audubon Zoo
(バス停に猫のオブジェ。オンマウスで、バス停から入り口まで歩く道。)

ニューオリンズには、オーデュボン公園という広大な公園があり、
その中にオーデュボン動物園があります。
ニューオリンズの中心部には水族館、昆虫館もあります。
オーデュボンの名がついていますが、
これらを経営するAudubon Nature Institute
カレンダーを発行している野鳥保護団体の
National Audubon Societyは別機関です。
この動物園、1970年代には、鉄格子の檻を使った展示が問題視され
廃止する議論もあったそうですが、
現在のような動物園にまで改善を積み重ねたそうです。

Audubon Zoo
(ゲートの前のオーデュボン像。オンマウスで、プレート。)

2015年にニューオリンズに行った時、動物園と水族館に行きました。
水族館は市の中心部にありますが、
動物園は市内から、市電でも、バスでも30分ほどの
やや離れた場所にあります。
ニューオリンズといえばストリートカー(市電)。
深緑色車両が走るSt. Charles線は、
大邸宅が並ぶエリアを走る、気持ちのよい路線です。
ただ、公園の入り口から動物園まで歩くと20分くらいかかるので、
あわせて50分ぐらいかかります。
その日は昼を過ぎてから動物園に向かったので、
閉園前にできるかぎり中を回れるよう、バスを使いました。
帰りは、オーデュボン公園内をゆっくり散歩して市電駅へ。
緑の多い気持ちの良い公園です。
ただし、この日はマルディグラのシーズンで、街が大賑わい。
市電はもう中心部まではいかないと降ろされてしまいました。
仕方あるまい、と延々市内まで歩きました。
途中、にぎわう街の人々の様子が見ることができて楽しかったです。
お祭りの日の雰囲気は、日本もアメリカもあまり変わりない気がしました。 
(つづく)

☆BUSの時刻表はこちら
カナル通りのオーデュボン昆虫館の道路を隔てて向こう側のバス停Canal at Magazinから
Audubon Zoo行きです。
☆STREET CARの時刻表はこちら 路線図はこちら
St. Charles Street CarでTulane University下車
オーデュボン動物園 月~金 10:00-17:00, 土日10:00-18:00

Audubon Zoo
(ゲートを抜けると椰子の並木。オンマウスで、
入り口広場の象のオブジェの噴水を後ろから見たところ。)

関連記事 in my blog: 動物園にできること, カーニバル・ニューオリンズ

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2017.04.16  オーデュボン・アメリカの鳥 Audubon's Birds of America 


Amerikanotori0_.jpg
Audubon's Birds of America
(Abbeville Pr 2003/03)
Roger Tory Peterson

3月18日から科博でやっている大英自然史博物館展で、
始祖鳥の化石が見られるというので、行ってみたいなと思っています。
ただ開始してから約1ヵ月で10万人が来館しているとか。
整理券で入場しているそうなので、列につかなくてもいいけれど、
やっぱり混んでいるのねと、ひるんでいます。
すでに行ってきたという人からパンフレットを見せてもらったら、
オーデュボンの「アメリカの鳥」もありました。

野鳥の博物画を描いたJ.J. Audubonによる、
"Audubon's Birds of America"は、
彼がアメリカ各地を回って描いた「鳥の博物画集」が、
イギリスで出版されたものです。
日本にも、大野麥風のようなスゴイ人がいましたが、
オーデュボンは、麥風よりも、ダーウィンよりも以前に生まれた人です。
大昔によくぞまあ、という。
剥製を利用した画もあるかもしれませんが、
ただ鳥の形と羽根の柄を写し取ったのではなく
生態を観察して描かれています。
野鳥の動きをこんなにじっくりとらえることができるなんて、
「超能力」の域にあるかと思えてしまいます。
大英自然史博物館展は、6月11日まで。
ゴールデンウイーク中は、夜の9時まで開いているそうです。

オーデュボン水彩画
(博物画のカレンダー。オンマウスで、別の画像。)

関連記事 in my blog: Audubon Songbirds & Other Backyard Birds 2014 Calendar,
大野麥風展,  「深海」 科博特別展 


よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2017.04.14  「朝、冷たい水で」 如月小春精選戯曲集2より 


Koharu0.jpg
如月小春精選戯曲集2
(2016/12/19 新宿書房)


如月小春の十七回忌に出版された戯曲集2には、
光の時代、ANOTHER、工場物語、DOLL
トロイメライ、NIPPON・CHA! CHA! CHA!、朝、冷たい水で
の7つの戯曲が収録されています。
「朝、冷たい水で」の初演は、1994年5月、
劇団「NOISE」の下北沢スズナリ公演です。

ヨシダ ヒトミという青年は、
自分のところに、派遣されてきたという「家族たち」と
言われるがままに、家族づきあいをしているうちに、
その「家族たち」に盛大に見送られ
内戦のつづく国境地帯に「派遣」されていくことになります。
「ロミオとフリージアのある食卓」に出てくる
「三越の配達の青年」と同じです。
彼もまた周囲に盛り立てられ
ロミオに仕立てられてしまいました。

「あなたはいままで一人の物語を生きてきた
でももうそういうのは流行じゃないんです」
「派遣されていくのはあなたです。」


この芝居が上演される2年前の1992年
カンボジアの内戦終結を監視するために自衛隊が派遣されました。
もう25年も前のことです。
上演された1994年の翌月には松本サリン事件が起きました。
ジュリアナ東京が閉店になったのもこの年です。
バブルが崩壊していた時期。

ここはいったいどこですか?
夢の都、それとも荒れ果てたガレキの城ですか?
どうしてこんなところにいるのでしょう?
これからどうなってゆくのでしょう?
・・・・・・・・
川面はキラキラ光っていますか?
しあわせですか?
仕事は面白いですか?
家族とはそこそこうまくやっていますか?
世界の具合はどうですか?
また少し血が流れましたか?
それともそんなこと、あまり気にしちゃいませんか?
気にしたところでどうしようもないですか?


これはラストのヨシダ ヒトミの長い台詞です。
だから彼は「朝、冷たい水で顔を洗う」
自分が自分であるために、眼をはっきりと醒ますために
「世界と向かい合うために」

関連記事 in my blog: ロミオとフリージアのある食卓, うたかたの城,
解体されゆくアントニン・レーモンド建築

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2017.04.12  ドン・ジョバンニ 初演の劇場 


天井桟敷
(プラハ スタヴォフスケー劇場の天井桟敷から/ オンマウスでカーテンコール)

結局、村上春樹の「騎士団長殺し」を読み始めました。
タイトルが、「ドン・ジョバンニ」由来と知って興味深々だったのです。
今は、しょっぱなの殺人のシーンを描いた古い絵がでてきて、
なんだ、なんだ、どうした、どうした
という展開になっている、さなかです。

今をさること20年以上前、
クラッシック好きの友人に、一度オペラを観てみたいと頼んだら、
それほど高くなくて、そこそこ楽しめるものをということで、
プラハ国立劇場の来日公演に誘ってもらったことがあります。
オーチャードホールで、演目が「ドン・ジョバンニ」。
白と黒のシンプルな舞台美術の斬新な演出で、
舞台の奥行きを利用して、光と影、エゴイズムとラブ、この世とあの世、
相対するイメージが何層にも重なっていると感じられるようでした。
そこにあくまでも自分本位なドン・ジョバンニの魅力、
歌舞伎の「色悪」や、カルメンも同じ
「悪者」の色っぽさが全開でした。
ほかの演出も知っている人からすると、今一つだそうですが、
なんといっても初めて観るわたしには
「ドン・ジョバンニ すごい」、「ドン・ジョバンニ 面白い」
といった「ピタとゴラ」状態の感動がありました。
それからずっと、いつかプラハに行ってみたいと思っていました。

3年前にようやくプラハに行くことができましたが、7月なので、劇場は夏休み。
唯一観光客用に開けているエステート劇場(スタヴォフスケー劇場)で、
ドン・ジョバンニを観ました。
1787年、この劇場で初めてドン・ジョバンニは上演されたそうです。
こじんまりとした劇場で、演出は、オーソドックスで、真面目でした。
(ドン・ジョバンニなのに)
夕立に濡れながら飛び込んで、3階席
大入り満員じゃないので、若干盛り上がりに欠けましたが、
20年前日本で見たときの5分の1くらいの価格で
結構素敵なオペラが楽しめてしまったのでした。

天井桟敷
(スタヴォフスケー劇場舞台/ オンマウスで座席を見上げたところ)


関連記事 in my blog: Hotel Paris プラハ その1

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2017.04.10  戦争と美術 画家の魂  


purahahato_.jpg
(プラハの街角で見かけた、本物の鳩を手と頭に乗せた少年像)

戦争画を描くに至った有名画家のことをも考えながら思ったものだ。
「生きる上に必要なこと」という根本的なものを忘れて、
「美」あるいは「名誉」に囚われたゆえではなかったか。
芸術の落とし穴がポッカリ開いている。
それは平凡な生活を忘れるところにあるように思えてならない。


「きままなる旅」というエッセイの中に出てくるこの文章を読んで、
司修の「戦争と美術」を読んでみようと思いました。

藤田嗣治の戦争画は、
2012年の東京国立近代美術館60周年の
「美術にぶるっ!」で初めて見ました。
「戦争と美術」の中で、アメリカ人たちが、
この絵のどこが「戦意高揚」を鼓舞する絵なのだ?
と首をかしげたと書かれていましたが、確かに。
藤田嗣治といえばすぐに思い浮かぶ
「猫と独特の白い肌をした女性の絵」
あるとき、こういう一連の絵を司修が評価すると、
「きまぐれ美術館」の洲之内 徹が、
「そうではなくて、藤田の戦争画こそが芸術だ」と言う。

なぜだろう?
まえがきですっかり好奇心を掻き立てられたところへ、
ユダヤ人であったシャガール
ナチの協力者であったレニ・リーフェンシュタール、
松本竣介と軍部のやり取りなどが紹介されていきます。
最後、あとがきには松本竣介も属した「新人画会」
の画家を訪ねて当時のことを聞くシーンがあります。
アトリエの天井を見上げながら
淡々と記憶をたどる画家の姿が印象的です。

本が書かれたのは、25年前。
著者は、ある危機感を抱きながらこの本を書いています。
25年後の現在、その危機は現実のものとなりつつあるのか。
そんな、いろいろただならない今日この頃ですが、
藤田嗣治の作品をもっと見てみたいなと思っています。
結局画家の魂というものは、伝記でもない、評論でもない
絵の中にあると思うからです。

sensotobi1.jpg
戦争と美術
(岩波新書 1992/7/20)
司 修 著


関連記事 in my blog: 生々流転,  松本竣介展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村